痙性斜頸 『ジストニア』 と闘う友よ!

2007年に痙性斜頸を発症し、同じ病気の方々と情報を交換したり、
交流の場として掲示板を運営しておりましたが、今回リニューアルしました。
旧掲示板同様、今後ともよろしくお願いします。


管理人 『desura-』

人目のご訪問ありがとうございます。

名前
Eメール
題名
内容
アップロード
URL
アイコン
削除キー 項目の保存

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

収束超音術術
desura-
(5139)投稿日:2023年06月03日 (土) 16時05分TVq9/fcOKw 返信ボタン


4月3日に受けましたところ、余計グラグラになって難儀しています。
2ヶ月経った今も改善されません。
これは失敗なのでしょうか?
もう少し様子を見てみます。

いいね(22)


/もっちぃー (5143)投稿日 : 2023年07月21日 (金) 06時30分WLDlkB5G6k


desura-さんの場合だと、破壊部位は左側の淡蒼球視床路かな?
そこの部位を狙った集束超音波での治療は、残念ながら失敗だった。(誤:収束超音波、正:集束超音波 ね)

次の施術は右側と提案されるかもしれないけど、私だったら右側ではなく同じく左側の、淡蒼球内節を穿頭術でお願いする。

私の経験からだと、片側だけの淡蒼球内節の破壊でもdesura-さんぐらいの症状なら治る!
GPi片側だけなら、大した副作用も出なかった。

いいね(15)




Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板