痙性斜頸 『ジストニア』 と闘う友よ!

2007年に痙性斜頸を発症し、同じ病気の方々と情報を交換したり、
交流の場として掲示板を運営しておりましたが、今回リニューアルしました。
旧掲示板同様、今後ともよろしくお願いします。


管理人 『desura-』

人目のご訪問ありがとうございます。

名前
Eメール
題名
内容
アップロード
URL
アイコン
削除キー 項目の保存

こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

治療継続を断られました。
スーサン (4930)投稿日:2019年11月21日 (木) 14時50分hkexIzv9R2 返信ボタン


痙性斜頸になり13年。ただし病名が分かったのは9年前。ボトックスとリポドリールによる治療は約6年。ボトックスは22回になります。女子医大・TクリニックのO先生に治療をお願いしてきました。ボトックスを打つと必ず首下がりの副作用が出て、歩くことも苦手になり、まして走ること・自転車に乗ることもできません。大好きなゴルフも諦め、会社も早期退職しました。そんな状況下で22回目のボトックスは首下がりの出ない首前側にしましたが、今度は嚥下障害の副作用がでました。O先生はこの状況では副作用があっても効果は得られないとのことで23回目は急遽中止となりました。治療継続は困難とのことで、とりあえず地元の病院への紹介状をお願いしたあります。


□残念です/desura- (4931)投稿日 : 2019年12月01日 (日) 09時36分TVq9/fcOKw


副作用ばかり出て効果が得られないのであれば危険と判断し治療中止は致し方ない判断と思います。
外科は勧められませんでしたか?
ご本人が希望されれば紹介してくれるはずです。
諦めないで受診してみましょう。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板