無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

sonosakino bbs

メールアドレスの入力は必要ありません

ホームページへ戻る

Name
Mail
Homepage
Subject
Color
Delete Cookie

 

ランニング日和
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
今日の東京はカラッとした晴天で、気温も高くはなくランニング日和。ということで8キロほど走ってきました。が、連休に入ったわけではなく、今年は火曜が定休なだけ。
ゴールデンウイークは通常通り仕事なので、この先、ドンドン更新という可能性はないので、あしからず(笑
No.80 2009年04月28日 (火) 19時56分

 

なんとか更新
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
この3月の旅行の最初のページを何とかアップしました。
今回は、縦スクロール不要のタイプで作ってみました。
No.79 2009年03月28日 (土) 15時33分

 

更新までもう少し(かなり?)お待ちください
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
世間は連休ですが、仕事帰りです。

2週間近くも仕事をせずに海外と歩いていたので、当然帰ってからの仕事がきつくなっています。旅行に出る前に、ある程度前倒しでやってはいるのですが。
ということで、ちょっと更新する余裕がありません。
ポジフィルムで撮影した写真のスキャンをボチボチ始めたところです。
昨夏の旅行記のアップがまだですが、今度の更新は今回の旅行を優先させる予定です。
No.78 2009年03月21日 (土) 20時31分

 

開幕戦
ひろこ [ Home ] [ Mail ]
こんばんは〜

昨日は開幕戦行ってましたか?それともシリア、ヨルダン旅行中なのでしょうか?

昨日は勝てなくて残念でしたが長丁場のJ2なので今後に期待です!
No.76 2009年03月09日 (月) 20時54分
gl [ Home ] [ Mail ]
hiroko san
ima amman desu
syria ha apamea to iu iseki ga shukakudeshita
consa no shiai ha tosu kara ikimasu.
No.77 2009年03月10日 (火) 02時36分

 

何故か那覇
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
今、那覇にいる。
目的は明日行われるコンサドーレのプレシーズンマッチ。

1月の末、インフルエンザにかかった人の仕事を引き受け
て思わぬ臨時収入が。
不景気なのでこれを消費に回して少しは日本経済に貢献しよう。
JMBのダイヤモンドのホテルクーポンもまだ残っている。
こうなったら行くしかない、ということで来てしまった。

昨秋の訪問から3ヶ月たっていないが、ちょっと沖縄にはまったかも
しれない。日本っぽくなく、ちょっとした海外気分が味わえる感じが
する。
那覇の中心部の国際通り界隈は「日本」ではない。まあ、もともと
琉球王国なのだから、日本とは違う雰囲気が漂っていて当然なのだ
が、琉球に「アメリカ」の雰囲気がちょっと混ざっているのが、何と
なく複雑な気分にさせる。
No.75 2009年02月21日 (土) 21時48分

 

駐日アラブ大使夫人の会主催のチャリティー・バザール
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
ビザ申請・取得のため2月1週と2週目にシリア大使館へ、そして今
日は、ビザ申請のためヨルダン大使館へ行った。
両方とも一軒屋を大使館として使用しているが、中は随分と感じが
違う。両方ともビザの申請・受取りの部屋しか知らないのだが。
(以前、ヨルダン大使館はビルに間借りしていたが、近年、移転した)

シリアの方は一軒屋(のよう)だが、つくりは洋式で玄関からずっと
段差がない(靴を脱ぐ日本の玄関の構造ではない)。
一方のヨルダン大使館は、日本人のお屋敷という感じで、玄関は日本
風の構造でたたきがあり段差があった。土足であがってよいのだが、
たたきから奥の方へ切れ目なしに敷き詰められている絨毯があまりに
も奇麗(汚れがなく)、思わずスリッパが用意されているのではと探し
てしまった。

ビザの受付もかなり違い、シリアの方は、10畳くらいの部屋に担当
の係官の机がおかれており、そこで書類を提出して色々とチェッククを
受ける。そして担当者はシリア人である。
一方、ヨルダン大使館の方は、部屋を改造してあり、ガラスが入れられ
た窓口があり、そこに座っているのは日本人の男性であった。
そういえば、以前、ビザ取得のためヨルダン大使館へ行ったときに
対応していたのも日本人(のおばちゃん)だった。
日本人職員を使うヨルダン、使わないシリア。この違いはどこからくる
のか?ヨルダンはいまや日本人の場合、ビザ発行手数料はなし。アンマ
ンの空港でのビザ発行は今では完全に定着したし、陸路もビザは大丈夫
という話(ただ確実な情報ではなく、陸路移動の際、入国手続きに時間
がかかるのがいやなので、今回は事前にビザを取得していくことにした)。
一方、シリアは有料であり、空港でのビザ発行もないらしい。

ところで、数年前、ヨルダン大使館でくだんのおばちゃんに、駐日アラブ
大使夫人の会主催のチャリティー・バザールの入場券のセールスを受け
たのだが、今日、それが今も引き続き開催されていることを知った。
あのときは2月の開催だったが、今年は4月4日の開催ということで
ある。アラブの食事やら、民芸品やら、服やらいろいろと出品されて
いて楽しいバザールで、是非行きたいと思ったが、その日はすでに会議
の予定が。。。早く終了する見込みは、ほぼなし。。。
来年に期待か?
No.74 2009年02月18日 (水) 00時10分

 

ギャラリーにチュニジアを追加
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
中途半端な数ですが、取り敢えず、これから増やしていくという姿勢だけは示してみました。
少し仕事の忙しさが緩和されたので、写真のスキャンを鋭意進めている最中です。
というわけで、今後少しずつ画像が増えていくと思います。
しかし、スキャンとリサイズ・画像修正がかなり面倒です。
No.73 2009年02月15日 (日) 20時32分

 

アレッポ(シリア)のホテルとのメール
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
本屋でふと『地球の歩き方』ヨルダン・シリア・レバノンを開いたところ、シリアが昔とは大きく変わっていた。
遺跡がごろごろしている国だから、『歩き方』に載っていない見所はたくさんあるのだろうとは思っていたが、調べることをせず、昔の『歩き方』に書かれていた以上の旅はしていなかった。
まだ『歩き方』がない時代からシリアに行っているのに、これはいかんと思った(いかんと思うことは何だか変な感覚だが)。

で、まずアレッポに入ることにしたのだが、到着が夜遅い。アレッポ空港には、ホテル案内などありそうにない。
そこでホテルの予約をと思ったわけだが、ホテル予約サイトのホテルは随分と高い。じゃあ、直接ホテルにと思った。

『歩き方』に載っている古い建物を改装した小さいホテルにメールを送信したが、回答が遅い。
どうやら一日1回しかメールのチェックをしないらしい。

返信には、予約の確約のためにお金を送金してほしいとあった。が、それがなんと銀行への送金。
「難しそう」とメールを送ると、そこはさすがシリア(何がさすがなのかシリアを知らないと理解してもらえないが)。「送金は難しそうだから、じゃあ、予約希望のファックスを送って」との回答。

何でメールだとだめなのか理解に苦しむが、ファックスで宿泊希望日、人数などを送信(家にファックスがないのでちょっと苦労。同時にPDFファイルでも送信)。

どうやらPDFファイルも開けたようで、それでもよかったのかもしれない。

ということで、前金なし、クレジットカードの番号を知らせることもなしにホテルの予約ができてしまった。

予約システムは遅れているが、融通が利くという点は昔ながらのよさを残しているというべきか?

ただ、当日ホテルのレセプションに行くまで完全には安心できないが。
No.71 2009年02月11日 (水) 23時24分
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
前回の書き込みは硬い調子の文で書いたので(これもそうだが)、アレッポのホテルの対応に不満があるような印象を受けられたかもしれないが、実際のところはまったくその逆で、いい加減、でも客に対してはたいへん心遣いをしてくれる、そんな印象を受けた。

おそらくメールを担当している人(英文メールを読み書きできる人)が一人(か二人)しかおらず、それでメールへの対応が遅かったと思われる。
それで、僕のメールに返信をくれた担当者は1人で、名前から見たところ女性。おそらく若い女性であろう。

もちろん「若い」というのは名前から推定されるものではなく、ホテルのレセプション勤務、それで英語を使えるというところから推定されるのである。イスラム社会では女性の社会進出は遅れており、シリアは比較的保守的な国だから(以前の訪問では少なくてもヨルダンよりは女性の社会進出は遅れているという印象)、年配の女性が外国人観光客に直接対応しなければならないホテルのレセプションで勤めているという可能性は低いと思われる。レセプション勤務ではなく、対外的にはメール
チェックだけであり、普段はハウスキーピングをしているということもありえなくはないが。

というようなことを考えながらのメールのやりとりというのもなかなか楽しいものであった。
No.72 2009年02月12日 (木) 19時39分

 

ちょっとワザを使って
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
昨秋の石垣・竹富の旅行の記録をアップしましたが、ちょっとワザ(というほどのものではないですが)を使って、ページにフラッシュを組み込み、縦スクロールなしで写真を見られるようにしてみました。
文章が少な目のときはよい方法かなと思いますし、意外と簡単にできるので、今後も続けようかと思ってます。
No.68 2009年01月15日 (木) 00時39分
とてもいいです
ダギジン [ Home ] [ Mail ]
このワザもワザワザ作っただけあってザワザワするくらいいいですね。
でダギジンも去年の正月宮古島行ったくらい沖縄好きなのでまた近々行きたいです。
ダギジンブログでは猫好きなリンク先さんがたくさんいますよ。
No.69 2009年01月15日 (木) 13時44分
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
ダギジンさん、弾けたコメントありがとうございます。
しかし、どう返したらいいのか(笑
沖縄は2回目でしたが、なんかのんびりした感じがよかったです。リピーターになるかもです。
僕のよく訪れるイスラム圏では、街のあちこちで猫を見かけることがが多く、自然と写真を撮るようになりました。しかし、竹富島にあんなにいるとは、ホント意外でした。
ダギジンさんのところに猫好きの方がたくさん訪れるのですね。そのうちそれとなく宣伝にでもいきましょうかね。
No.70 2009年01月15日 (木) 20時21分

 

今年もよろしくお願いします
ひろこ [ Home ] [ Mail ]
すっかり出遅れてしまいましたが、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
旅行、コンサと共通の話題で盛り上がれたらいいですね!

私の年末年始の旅行は西インドでした。
丁度、出発の1ヶ月前にムンバイでの同時テロにちょっと行くのを躊躇いましたがまぁそんなに連続して起きないだろうと思い行くことにしました。

行ったのはムンバイ、アウランガーバード、アジャンタ、エローラ、ゴアだったのですが冬はこの地方のベストシーズン、気候的にはとっても快適でした!

旅行者はテロの影響なのかは?ですが多かったものの圧倒的にインド人旅行者で、外国人は観光地でもあまり見かけずムンバイ(大都会ですからね)とゴアで欧米人がそこそこいた程度でした。
ゴア(パナジ)で年越しだったのですがホテルを予約してなくて前日夜行列車に乗る前にガイドブックに載ってるホテルにかたっぱしから電話をすると何処も満室!!
すっかり観光客が減っていると思い楽観してたのでちょっと焦りました。でもゴアに到着後乗ったプリペイドタクシーの運転手さんの知ってるホテルに泊まることが出来ました。大晦日ということもあり値段が通常の倍でした、、、

治安面ではムンバイの空港、空港近くの高級ホテルのセキュリティが異常に厳しかったです。
特に国際線は荷物検査に異常に時間がかかり2時間前に空港に到着しましたがとても間に合いそうになくお願いして先に並んでる人の前にず〜っと割り込みさせてもらいやっと搭乗出来ました。国内線はそうでもなかったです。

駅はテロの最大の被害現場ですがここは空港のようにいく訳がなく銃を持った兵士がずいぶんいましたが雑踏ぶりは変わらずといったところです。

ジーエルさんの次回の旅行先はゴアを含む南部インドですか?
のんびりしていて良い所でしたよ!私はオールド・ゴア、パナジの後は南下して南ゴアに行ったのですがビーチも白砂でキレイだったしリゾート気分を満喫しました。ちなみに滞在したのはコルヴァよりちょっと北のウトロダ・ビーチというところです。
泊まったホテルによると日本人は殆ど来ないそうです。パーティなんかが目的の人はアンジュナ等の北の方のゴアに行くんだと思います。

それにしても西インド、デリー、アグラなんかの北インドとは大違い!普通の?南アジアののんびりした国っていう印象で旅行しやすかったです。
特に呼ばれてるって気はしませんがまた行きたいです!

今年もたくさん旅が出来るといいですね!



No.66 2009年01月10日 (土) 14時24分
ジーエル(管理人) [ Home ] [ Mail ]
ひろこさん、こんばんは。
今年もよろしくお願いします。

インドへ行かれていたのですね。
アジャンタ、エローラへは随分前に行きましたが、なぜか、メインのはずのアジャンタやエローラよりも名前は忘れましたが、山を使った巨大な要塞(夏場=雨季に行ったので緑が深くてとても綺麗でした)とか、アウランガーバードの「偽タージマハル(笑)」が妙に印象に残ってます。
今度の旅はまだ決定ではありませんが、バックウォーター再訪を考えています。前回はじっくり水郷めぐりをしなかったというのもあるのですが、デジカメをなぜか固定焦点のまま使っていて、写真という写真すべてが全然だめで(フィルムカメラも持っていってたのですが、バックウォーターで雇ったボートで自分も漕ぐという酔狂なことをしたので、2台のカメラを交互に使うということをせずほぼデジカメのみで撮影してしまいました)、是非もう一度行きたいと思ってました。
で、鉄道はやはり取り締まりきれないので危険だと思うので、ムンバイから飛行機かなと考えています。

ひろこさんも、次回は是非バックウォーターへも行ってみるとよいですよ。個人的にはお勧めです。

ゴアは全然調べていないのですが、もし行くことになったら、ひろこさんのゴア情報も参考にさせていただきます。

最後にコンサですが、石崎監督のサッカーには期待していいかも、です。昇格云々は抜きにして(そんなに簡単なことではないので)。とにかく走りまくるサッカーをすると思われるので、熱いものは感じられると思いますよ。
No.67 2009年01月11日 (日) 00時26分

 




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板