98905

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[2094] 野営の楽しみ

投稿者:ゼツ

キャンプに興味がある方がいらっしゃいましたら、少しお付き合いください。
キャンプは決してハードルが高い遊びではなく、道具があれば誰にでも楽しめる、気分転換にはもってこいの遊びです。普段の私のスタイルを道具と共に紹介します。
バイクで山奥の林道脇に、適当な広場を見つけて野営のパターンです。

なるべく平らな場所にツーリングテント設営の後、折り畳み式の椅子とテーブルをセッティングします。2輪で行くので、椅子もテーブルも仕舞い寸法を重視しつつも快適性を犠牲にしない物を選んでおります。椅子はヘリノックスが一番良いと思っております。
また、東向きに開けた場所がお勧めです。翌朝、早くからテントに日が当たらないと、夜露がなかなか乾きませんから。

「たねほおずき」というLEDランタン2つが照明の全てです。最近のLEDライトは性能が良く、暗くて困ることはありません。電球時代と違って虫が寄り付きにくいのも特徴です。
B6サイズの炭火台(商品名:B6君)を組み立てて、炭で焼き鳥とビールが定番ですが、お気に入りは鳥の皮の味噌和え。
スノーピークの「まな板包丁セット」を取り出し、鶏の皮を一口大に切って、炭火で焼きます。玉ねぎのみじん切りと、普通の味噌をシェラカップの中で混ぜ混ぜし、焼きあがった皮にたっぷり乗せて食べると、酒がいくらあっても足りないくらいです。

寒い日は、少し大きめのクッカーに、ペットボトルの水と、飲みながらの日本酒を少し、市販のうどんの出汁(スティック状の物が嵩張らない)を沸かして豚肉、油揚げ、もやしその他の安い野菜で鍋を楽しみます。〆にうどんを放り込んで、ズルズルすすりながら焚火を眺めて就寝。

因みに、炭火台を用意した時は、ガスバーナーは加熱初期に使い、沸いたら炭火台に置いておく事としております。ガスはすぐ沸騰しますが、弱火は風に弱いので、保温は炭に任せておきます。薪を使うのも一興ですが、道具が煤で真っ黒になるのが嫌で、焚火では料理をしません。大好きな人も沢山いますが。

テント内のマットは、サーマレストというアメリカ産の優れもの。軽くて、クッションが良く、地面の石ころも私にはたいして気になりません。買った当初は1万円以上しておりましたが、現在は5000円切って売っております(泣)

寝袋は−25度まで耐えられるモンベルの冬用と、−5度までのダンロップ夏用をシーズン、天気、行く場所の標高を考えてどちらかを持って行きます。
真冬は、テント内の空気が凍るので寝袋にカバーは必須です。夏、標高の低いところでは、寝袋は要らない事もありますが、明け方急激に気温が下がる時もあり、家においてくることはありません。

朝は、早くコーヒーを飲みたいので火器はガスの一択。炭なんか熾している時間はありません。クッカーなどの後始末は、キャンプ場なら洗い場がありますが林道脇にはありませんので、お湯を沸かして油を煮出し、トイレットペーパーで念入りに拭いて仕上げております。河原では砂利を使う事もありますが、油を流したくないところです。
脂を吸ったトイレットペーパーは当然燃やして跡形もなく始末します。
燃えないゴミはビニール袋にまとめて、カラビナを通してバイクのバックにぶら下げて移動します。
もし、関東近郊の山でドライブなどしていて、ゴミ袋を下げた怪しいバイクを見かけたら、それは私かも知れません。
ざっと、こんなスタイルで楽しんでおります。

これまで様々なキャンプ道具を試してきました。もし、これからキャンプを楽しもうという方がいらっしゃいましたら、道具立てのご相談に乗ります。
但し、当方の性格上多少の?ウンチクは我慢して下さい。

2018年06月13日 (水) 17時57分

[2093] 生きることは学ぶこと

投稿者:社長。

 この世界の色々なことについて「どうなっているのだろう」「何故そうなっているのだろう」「どうなっていくのだろう」と考えるのが、人間の知的好奇心探求の旅の第一歩。
 まさにゴーギャンの「我々はどこから来たのか、我々は何者なのか、我々はどこへ行くのか」という命題とも合致するものです。

 その観点からすれば「勉強」というものも、本来は他者から強要されたり、促されたりするものではなく、人間の「知りたい」という本質の能動的な発露と言えるでしょう。

 従ってどんな学問も、元々は人間の性に根差す熱情というものが起点となる訳であり、本来は人として最も楽しい営みの筈ですので、何事についても常にこの原点に立ち戻って学んでいきたいものです。

 読書と言うものも然り、読んでいると未知の世界へといざなってくれる魔法の装置とでも呼ぶべきものです。

 最近「勉強はできるけど、世の摂理や人の性を全く理解していない」という自己愛肥大型の人が、政界その他のあちこちに出没して周囲と軋轢を起こしています。

 「勉強ができる≒受験勉強に一途に取組んだ」と、「賢い」とは似て非なるものなのですよね。
 本物の学習を続けて行く人は、人というものをより深く知ることとなり、他人への思いやりを一層持つ事が、自ずと出来るようになるのであろうと考えます。

 是非雑念に惑わされずに、幾つになっても本質的な勉強を続けて行きましょう。
 繰返しとなりますが、これに取組むのは人の天性とも言うべきものですし、本来最も魂を揺さぶる営みの筈ですから。

 「明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ」とはマハトマ・ガンジーの言葉です。

2018年06月12日 (火) 18時12分

[2092] 苦節14年?

投稿者:バーディー

もう先月のことになりますが、「RM会」という私的なゴルフコンペでとうとう優勝することができました。

このコンペの基本理念?は、「KRカントリー倶楽部で楽しくゴルフをして、ME(隠れた焼肉の名店)で美味しく焼肉を食べる」というものですが、前回大会で、27回目となりましたので、もう14年近く継続している伝統の?コンペです。

通常、私的ゴルフコンペは、優勝者とブービー(最下位の一つ前の順位)が次回幹事をやるのがルールですが、このコンペは何故か、社長と私が成績如何に拘らず、永久に幹事を務める慣習になっています。
そのため、開催の時には、幹事として、参加者の募集及び諸連絡、賞品の手配や移動手段の予約&調整、組合せ等の幹事仕事を営々と続けてきました。特に、賞品を手配する時には、自分が優勝或いは準優勝等の上位になることを前提に、「自分が貰ったらうれしいと思う物」を購入してきましたが、いつもだいたい中下位の賞品か参加賞ばかり貰って残念な思いをしてきました。それが、漸く優勝の栄誉に浴することになった訳です。


優勝の理由としては、まず@ハンディに恵まれたこと(何せ一度も3位以内に入っていないので、ハンディはずっと現状維持です)、A一緒に回ったパートナーが男性1名・女性1名の計3名でラウンドでき、ストレスなしでプレーできたこと、B前半のハーフの5ホール目まで好調で「ひょっとして優勝も」と意識した途端、次の6ホール目で10打を叩き、もうこれで優勝はないなと肩の荷がおり、それ以降気楽にプレーできたこと、などでしょう。

それに、当日は風もあまりない好天という絶好のゴルフ日和で、ボールが風で曲がるなど自然の影響がない上に、他のプレイヤー皆さんも何故か良いスコアが出ず、全般的に優勝ラインが下がったことも奏功したのではないかと思います。

いずれにしても次回ハンディは大幅に切り下げられるため、もう優勝は当分の間、望めませんが、幹事を続けるためにも大きな励みになりましたので、永久幹事?の職務を全うしながら、これからも精進したいと思います。

2018年06月11日 (月) 18時47分

[2091] まさかの東京ヤクルトスワローズ交流戦1位

投稿者:さんこん

 久し振りにプロ野球のことを書きたいと思います。

 只今、プロ野球交流戦が開催されています。

 何が、どうしたのか、分かりませんが、交流戦開始前には、投手力の脆弱さが露呈しセリーグ断トツの最下位だった東京ヤクルトスワローズが勝ち続け、現在7連勝中で交流戦1位です。セリーグの順位でも3位まで上がって来ました。(2位〜6位まで、1.5ゲーム差でひしめき合ってますが・・・。)いつまで続くか、興味津々です。過去には、2006年と2009年に交流戦2位にはなっているのですが、今の投手力では長続きしないのではないでしょうか。


 プロ野球交流戦は、2005年から始まり、今年で14年目になります。当初の2005年と2006年は、ホーム3試合、ビジター3試合の全12カード、計36試合を6週間に渡って開催していました。
 2007年から2014年までは、ホーム2試合、ビジター2試合の全12カード、計24試合を5週間に渡って開催していました。
 2015年からは、試合数が18(6カード)に削減され、1カード3連戦、全体で3週間開催となり現在に至っています。


 対戦ではパリーグが強く、セリーグが勝ち越したのは2009年の1回だけです。交流戦1位チームも、ソフトバンク7回、ロッテ・巨人2回、日本ハム・オリックス1回とこちらもパリーグが強さを発揮しています。

 今年もパリーグが強く、1位のヤクルト以下、2位〜6位がパリーグ、7位〜11位がセリーグ、12位がパリーグの楽天です。全体的にパリーグのチームが勝ち続けているので、セリーグで勝率5割以上なのは、首位の広島だけで、逆に、パリーグで勝率が5割以下なのは、5位のロッテと6位の楽天だけとなっています。(記録は、平成30年6月7日現在です。)

 セリーグは、広島の独走を阻止するためにも、ヤクルトに頑張って貰いたいですね。
 パリーグは、久しぶりに西武が優勝出来るかも知れない攻撃力を持っていると思います。

2018年06月08日 (金) 18時10分

[2090] 我家の畑

投稿者:のぼせもん

5月の連休にブログにてホームセンターで10種類程の野菜苗を購入し植えつけた事を書いたと思います。
その一部の野菜収穫の結果は、キューリ3本とインゲン豆はお弁当で頂くほどに成り、スナップエンドウは植付時期が違い今は茎から黄色く変色し枯れているようです。
仕方ないですね。
畑には、元肥は与えず追肥のみでの収穫は、あまりにも大胆すぎますよね。
その土の状態は、晴天時はカチカチ、雨天時は田植えが
出来そうな状況で、黒っぽくフカフカな土とは程遠く
後数年は必要でしょう。
にも関わらず朝、夕と草取りしながら畑の様子をずいぶん楽しそうに話してくれ、これはこれでOKですかね。
これから露に入り夏に近くなるとトマトも楽しみの野菜ですかね。

2018年06月07日 (木) 14時56分

[2089] 今年も漬けました♡

投稿者:めんたいこ(娘)

砂丘らっきょう 2キロほど今年も漬けました。
洗って砂を落として ひとつひとつ根を切って
薄皮を落とし、さらに沸騰した鍋に10秒ほど入れ
て・・・・とここまでが結構面倒ですが・・・
大好きなので頑張れます。

5月20日に漬けたので、そろそろ少しずつ食べて
ます。
先々週、主人の実家に野菜をいただきに帰ったので
ひと瓶おすそ分けに持っていったら、母が大好物だと
大変喜んでくれてうれしかったです。

本当は早朝から主人がキス釣りに行って、キスをお土産にしたかったのですが、5尾しか成果なく、また次回と
なったのでした。

私たちは3週続けてキスの天ぷら食べたのに・・・・
肝心な時に残念でした・・・・・

母も来月90歳になりますので、だいぶ体は小さくなり、耳も遠くなりましたが、頭もしっかりしてますし
おしゃべりが大好きです。
まだまだ長生きしてほしいです。



2018年06月06日 (水) 15時17分

[2088] アンドレス・イニエスタ選手

投稿者:ペナント

先月の24日、FCバルセロナに所属していたイニエスタ選手が来日しました。
Jリーグ、ヴィッセル神戸への入団会見を行うためです。
入団会見後に、東京ドームの楽天イーグルス戦でお披露目をしていましたが!!


世界最高峰の選手が余力を残したまま、日本でプレーすることに驚きもありましたが、どのようなプレーを魅せてくれるのか今から楽しみです。


クラブワールドカップで今までにも来日していますが、バルサではなく神戸のユニフォームとなってどうなるでしょうか。
現在、神戸には元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ選手もおりますので、早くチームにフィットしてほしいと思います。



そういえばこの日は、デイヴィッド・ベッカム親子も来日していましたね。
サッカーファンには、贅沢な一日になったようでした。

2018年06月05日 (火) 18時05分

[2087] 書くことは決まっている

投稿者:もなりー

オールスターゲームファン投票の中間発表があり、セ・リーグ先発投手部門で松坂大輔投手が1位になりました。
やはり人気ですね!

肝心のピッチングの方でも前回のブログから更に1勝をあげ、内容もまずまずだと思います。


実は、先月東京で松坂投手が投げる!ということで、観戦に行ってきました。

松坂投手の名前がコールされると歓声があがりました。
うまく表現はできないのですが、普通に人気があって歓声があがるのとはまた違うような…あの雰囲気はあまり感じたことのないものでした。
その日は3回途中で負傷交代となってしまいましたが、そのアナウンスが流れた時も会場から残念と言わんばかりのどよめきが起こり、松坂投手の注目度の高さがうかがえました。

私も少ししか見られなくて(むしろ写真ばかり撮っていて)、もう少し長い回投球が見たかったなあと残念でしたが、幸い足の具合は大丈夫だったので、また次の機会に楽しみは取っておきましょう。

次は勝つところとヒーローインタビューが見たいです!


2018年06月04日 (月) 18時32分

[2086] 体質改善

投稿者:シュークリーム

私はお肉が大好きです。毎日お肉を食べています。

ところが、先日脂身の多いカルビを口にしたところ、だんだん手足を中心に痒くなり…、蕁麻疹が出てしまいました。これまでも体調のすぐれない時などに脂が強いものを食べると、かゆくなったりすることもあったですが、今回はなかなか引かず、さすがに食生活の見直しをせざるを得ない状況となりました。

というわけで、ここ数日は和食中心の食事を心掛けています。
港町育ちなので、もともと魚は大好きなのですが、上京してから(かれこれ20年!?)は、スーパーでおいしい魚に巡り合うことがなかなかできず、「魚よりも肉!」というのが自然な流れとなっていました。

野菜も食べるようにしています。特に根菜類は症状の改善にいいようなので、季節ごとに旬を取り入れながら、積極的に摂っていきたいと思います。また、適度な運動を継続することで、体の中からきれいにして、少しずつでも好きなものを食べ続けられるようにしていきたいと考えています。

医食同源、千里の道も一歩から!

2018年06月01日 (金) 18時06分

[2085] 姪っ子

投稿者:ボン

4月から幼稚園に通いだした姪っ子、姉から色々話を聞くと幼稚園が楽しいみたいで、寂しがって嫌がることもなく元気よく通っているそうです。姉は寂しがってますが、そう聞いて安心しました。

ただ、幼稚園ではみんなと一緒に歌を歌ったりするのが嫌なのか、歌っているお友達をじーっと見ているだけで参加しないのだそうです。恥ずかしいのかな?家ではマイク持って大きい声で歌ってますけども。。
少し心配になりつつも、それも個性と捉えて明るく楽しい幼稚園生活を送ってほしいなと思います。
子供って大きくなるのあっという間ですね!



2018年05月31日 (木) 18時02分

[2084] NEWノート

投稿者:プロ

以前4代目読書ノートが終了したことを書きましたが、悩みに悩んでこの度5代目を購入しました。
大体以前の半分くらいの厚さ、横罫線・縦ドット入りのノートです。

以前は無地だったので、なんだか気持ちがピリッとします…最初だけですけども。
すぐに線を無視して使うようになります。
線があるからこそ無視する、という感じです。

お絵かきのときも線があってもなくても気になりませんが、その際は線があってもないものとして描いているような気がします。完成した絵を見ても、線が見えていないと言いますか…自分の絵しか見ていないと言いますか…
不思議なものですね。

5代目とも自由なかたちで付き合っていきたいと思います。

2018年05月30日 (水) 18時54分

[2083] はじめまして

投稿者:ニーナ

この春入社したニーナと申します。4月からの研修では、多くの内容を分かりやすく丁寧に先輩の皆様に教えていただき、研修期間の終えた現在では少しでも早く皆様のお役にたてるように毎日粉骨砕身しております。

そんな私ですが、最近とあるものがブームとなりつつあります。それは時間を見つけ夜映画を見に行くことです。映画を見ること自体は昔から好きでよく行っていたのですが、それは日中が多く、夜行くことはめったにありませんでした。夜の映画館はとても興味深く、日中の楽しげな雰囲気とうってかわって、少し落ち着いた雰囲気がそこには漂い、映画を見に行くことが目的ではありますが、なんだかんだその空間に魅入られ足しげく通っている気もしています。

映画館では、面白い作品に出合えると決まって何度も見てしまう私ですが、友人に同じ映画を何度も見ていること話すと大抵「お金の無駄」とあしらわれています。確かにそうかもしれませんが、一度見ている分、視野が広がり小さな発見や驚きを感じることができます。そして細部にまでこだわって作品を作り上げているのだと、改めて奥が深いなと映画を見るたび思い、見終わると自分なりに思い返し言葉では言い表せないような感動に包まれる日々を送っています。

2018年05月29日 (火) 17時59分

[2082] 初めての投稿

投稿者:チャロック

はじめまして。この春から入社したチャロックです。この度ブログを書かせて頂くこととなりました。「チャロック」という名前は、私が小学生の時に飼っていた犬(ミニチュアダックスフンド)の名前です。主に茶色の毛並で耳の先が少し黒かったので、「チャイロ」と「クロ」から文字をとって「チャロック」としました。この「チャロック」という言葉は世界のどこにもないだろうと思っていたのですが、調べてみるとタイの首都バンコクから南へ約500kmの場所にある小さな島、タオ島に「チャロック・バーン・カオ・ベイ」というビーチがあったり、イギリスのケント州に「チャロック」という地域があったりと、「チャロック」という言葉が存在していたのです。いつかこの場所に行けたらいいなと思っていたりもします。
入社してから2か月が経ちました。まだまだわからないことだらけで周りの方々に助けていただいてばかりですが、早く一人前になれるよう頑張ります。よろしくお願いします。

2018年05月28日 (月) 17時57分

[2081] キャッシュレス社会

投稿者:こびん

あまり財布を出したくないこともあり、コンビニやランチの支払いは殆どSuicaで行っています。
Suicaを使えないところはクレジット払いをしているので、現金を使う機会はほとんど減りました。

この所謂、キャッシュレス化はどんどん広がってきており、中国では、おひねりやお賽銭も現金ではなくキャッシュレス決済で行っている所もあるだとか。
(中国ではスマホのQRコードを使った決済方法が進んでるそうです。)

キャッシュレスの最先端をゆくスウェーデンでは、現金流通量の割合が、1.3%と最も低い水準で、お店によっては支払いはスマホ決済とカードのみ、現金が使えない所も多いそうです。
このメリットとしては、強盗が入っても現金を盗まれることがない安全面。
そして、レジに現金を置かなくなることから、現金輸送をするためのコストがなくなります。


街中にあるATMも現金輸送や盗難に対する警備が絡み、銀行としては維持費が膨大なものになります。
このため、メガバンクではスマホアプリで決済できるシステムの導入に取り組んでいます。
具体的には、利用者が専用のアプリを使って、店頭で表示されるQRコードを読み取ると、買い物した代金が銀行口座から即座に引き落とされるといった仕組みです。
これにより、ATMでお金を引き落とす機会も減ることからコスト削減を狙う思惑です。

そのうち、お札をみる機会もなくなる時代もくるかもしれませんね。

2018年05月25日 (金) 17時59分

[2080] 男旅

投稿者:ご学友

5月には未だ早いと思われる強烈な紫外線と直射日光を浴びながら歩く営業活動の道中、高校2年生の夏に高知へ旅行に行った事を突然思い出した。
高校の先輩2名とその後輩2名のまさに「男旅」であったのだが、何度思い起こしても旅の目的が思い出せない。
この年代の旅行なんてそんなもんか?とも言えるが、
ただ、とにかく、肌を刺す様な日差しの強さと、真面に
目を開けていられない太陽の濃い明るさが尋常では無かった事は覚えている。
特に有名な桂浜の玉砂利の様な砂利浜?に吹きまくる熱風と焼石と化した玉砂利の攻撃に5分と滞在出来なかったように思う。

記憶の薄い、目的の薄い「男旅」は、何故だか晴海埠頭からフェリーに乗船する事から始まり、船酔い地獄のまま上陸した四国で我々を迎えてくれたのは、地元の名産「鰹のたたき」という、いかにも「男旅」に相応しいものでした。当時先輩2名が東映やくざ映画に陶酔しており、旅の中でもいい加減な広島弁やら高知弁が飛び交い、高倉健やら菅原文太のまねで会話をするとても恥ずかしい「男旅」のメンバーでありました。
そんな旅は、強烈な真夏の気候と食べ慣れない鰹地獄のおかげで、毎日朦朧とした意識のまま日程は進み、東京にどうやって帰ったのかが、今以て思いだせないのですが、若さ故、行動力は無限大に有ったようです。

強烈な西日の中を歩きながら、40数年前の夏を思い出しました。

2018年05月24日 (木) 18時33分






Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板