94620

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[1729] 12月となりました!

投稿者:たけ

朝晩の冷え込みが感じられるようになり
街ではクリスマスツリーの飾りつけがキラキラと
輝くようになりましたね。

いよいよ忘年会シーズンを迎え、今のところ2件終了し
残すはあと3件。。おいしいお酒に料理とついつい
食べ過ぎてしまい、大晦日直前までスポーツジムに
こもりきり、苦労して減量するサイクルが毎年恒例と
なっています。

「歴史は繰りかえる」そんなことが無いように
今年はセーブしながら忘年会シーズンを乗り切ろうと
思います!・・・セーブできるといいなぁ。。

2016年12月07日 (水) 18時40分

[1728] ゴルフ

投稿者:ゼツ

今年の年初に立てた目標・・・100を切る!

この年末に来て、まだ達成できておりません。誠にお恥ずかしい限りです。
今年のベストスコアは102。

あと3打くらい、うっかりでも縮まないのはなぜでしょう。
ハーフでは49を2回出しているのに悔しい限りです。
「もうひと押しこそ、慎重になれ」とは、武田信玄の言葉。

「天命を知る」歳になってこれでは、どうやらゴルフは天命では無いようで・・・。
(当たり前だろ)

年内あと2回チャレンジ致しますが、最後まで諦めずかつ楽しくラウンドしたいと思います。
ご同伴の方、よろしくお願い申し上げます。

2016年12月06日 (火) 18時10分

[1727] 働き方の意識改革

投稿者:社長。

 大手広告代理店で起きた悲劇を一つの契機として、働き方についての日本社会の意識改革が強く求められて来ています。

 前途有望な若者が自ら命を絶つという事件が繰返し起きるというのは、誠に痛ましい限りですが、改革のポイントの要諦は「誰の為に」「何の為に」働くかという明確な意識の醸成であろうかと考えます。

 私の考えでは、そのあるべき姿は「自分の為」「家族の為」「仲間の為」「社会の為」そしてそれらを通じての「会社の為」という順番、即ち「会社の為に働く」とは前の4つを具現化していく為の手段であるべきであり、その為の公共財産として、皆が会社を守り育て、そして発展させていくのであって、会社自体が何らかの意思を持った生命体な訳ではありません。

 では「会社が指示した、命令した」という実態は何であるのかと言えば、それは上司という存在であり、その上司はまた更に自分の上司の考えを媒介するか、或いは自らの利益を図る為に、部下に理不尽を強要するということが現実ということでありましょう。

 日本社会はしばしば、未だに「空気が支配する」構造となっていますので(歴史を見れば、欧米社会も昔はそうでしたが)、つまらない上司の要求や横暴になかなか立ち向えない環境ともなってしまっています。


 我が社では常日頃「部下が上司の為にあるのではなく、上司が部下の為にある」と強調しています。これが分からない人、その覚悟と能力を持たない人は、皆の為にならないので、(少なくとも当社においては)上司になるのはやめた方が良いと考えます。


 組織に属して働く方々も、やはり意識改革が求められます。「言われた通りのことをやる」「指示を待っている」のではなく、自分の頭をフルに使って、主体的にかつ創造性を持って働くことが肝要です。

 その様に主体性を持った人たちが集まって、目標とするものを共有して力を合わせて働くこと〜そういう集団こそが、未来を目指して行く資格があるものと確信しています。

2016年12月05日 (月) 18時02分

[1726] 師走の感想

投稿者:バーディー

早いもので今年も、あと1か月足らずになりました。
今年を振り返ると、予想もしない事態が続々と出現した感じがします。


国内的には、熊本大地震、伊勢志摩サミット、自民党他与党の参院選の勝利(改憲勢力2/3確保)、日銀のマイナス金利政策導入(9月には総合検証と量から金利へ主要誘導目標を変更)等のアベノミクスの柱である金融政策の行き詰まり感台頭などがありました。

国際的には、第一に、明るい話題としてリオ・オリンピック開催があげられます。
それ以外は、欧州での移民問題の深刻化や、世界中をびっくりさせた英国のEU離脱派勝利などが思い浮かびますが、今年の重大ニュースのトップは、何と言っても「トランプ大統領の当選」でしょう。

選挙前、トランプが当選する様な異例な事態があると、大番狂わせで「株安金利安ドル安」になるとの説が大方の予想でしたが、蓋を開けてみると、トランプ政策の減税やインフラ投資などの良い面だけが注目され、世界的に「株高金利高ドル高」と、これまた全くの予想外の展開になっています。トランプ相場がいつまで続くのかは不明ですが、良い意味でのブラックスワンなどど謂われていますね。


昨日行われた地政学の大家 イアン=ブレマー氏の講演によれば(大雑把に言えば)、
「2017年は正にGゼロの時代が到来するとのことです。米国がトランプ大統領の出現で、1945年以来維持してきたパクス・アメリカーナの時代が終焉する。トランプは、米国第一主義で、米国の国益にならないことには関与しない考え方であり、戦後、米国が一環として守って来た[開かれた経済や貿易、法に基づく支配、民主主義・人権]等の理念を重視する考え方から、米国の直接的な利益に結び付くか否か、言い換えればすべて「ビジネス」に結び付くかどうかを優先する方針に変わる。中国やロシアなどに有利に働く可能性が高い」とのことでした。


もし、そうだとすると、米国は、今までとは全く違った価値観で判断をする様になり、予測が困難な事態が増えることになります。一部出ている「トランプ楽観論」は甘い見通しとなってしまいます。
 

この様に今年も本当にいろいろありましたが、来年は、もっといろいろな事が起こりそうです。

結局、世の中は、全くの予想外な出来事が起こるのが、普通なのだと考えておけば、いざという時に慌てないとの教訓なのでしょうか?

日本も今の処、金余り超低金利・円安で経済はそこそこで、不動産市場も比較的堅調ですが、常に、「まさか」が起きてもアタフタしない様、心の安定性を保ちたいものです。

2016年12月02日 (金) 19時00分

[1725] 紅葉狩り

投稿者:さんこん

 10月の中旬まで25℃以上の夏日だったとニュースで言っていたのが、あっと言う間に秋を通り越して冬、師走となりましたが、先月下旬、今年はまだ紅葉狩りをしていないと奥さんから意見があり、さて何処に行こうか悩んだ挙句、高尾山に行って来ました。東京育ちの彼女にすれば、高尾山は小学校で遠足に行くところと思っていて、なかなかOKが出ませんでしたが、ミシュランで3つ星だとか、普段やっているウォーキングの延長で2万歩歩けるとか言いながらやっとOKが取れました。実は私は高尾山は初めてで、なかなか行く機会がなくやっと念願が叶ったという訳です。

 山頂まで歩いて登り、紅葉に満足の一日でした。帰りのケーブルカーは90分待ちですとのアナウンスを小耳に挟みながら、せっせと歩き続けました。周りから聞こえてくる会話は、新宿と変わらず日本語より外国語の方が多いように感じたのは私だけでしょうか。観光地と言うのは、今は世界中の人が集まる所と言う事みたいです。

2016年12月01日 (木) 18時54分

[1724] 季節病

投稿者:のぼせもん

年末が近づき、本格的の冬到来です。
そうなるとチラホラと聞こえてくるのがインフルエンザや風邪の流行ですね。
私、家族は流行等には囚われることなく普通に毎日を
暮らしているつもりですが、我家に一人だけ流行に敏感と言いましょうか、気合いが足りん配偶者がいて
熱はなく咳き込み、クシャミが二週間ほど継続し、
本人も相当なダメージを受けている様で、その配偶者が
ダウンすると後の男ども食事の問題です。
当初は、コンビニ弁当、レンジでチンの冷凍食品でした
が、私自身厨房に立たない男として自負している  『あほなオッサン』のですが二週間ともなるとさすがに
飽き飽き状態で、二日間十分これまでの食事が懐かしくも思われ、若干の反省と少しぐらい手料理が作れる様にと考えております。『考える位なら』『即実行』でしょ。


2016年11月30日 (水) 13時56分

[1723] 結婚ラッシュ

投稿者:めんたいこ(娘)

一昨日の日曜日、甥の結婚式・披露宴に出席しました。
今年はなんと4人の甥が結婚し(1人は12月ですが・)
とても喜ばしいことです。
披露宴では紹介ビデオを見ながら、小さいやんちゃな頃
を思い出したり、剣道一筋かと思いきや、
DJという意外な夜の顔もあったらしく、両親もびっくり
していた様子でした。

新婚といえば、文枝さんとまみちゃん司会の「新婚さんいらっしゃい」が好きでよく観るのですが、最近の若い夫婦はどうも女性がとても強いという印象です。

いまどき家事分担は当たり前田のクラッカーですね。
しかしながら、先日出ていた福岡市の共働きという新婚さんらしい新婚さんは、家事はすべてご主人任せという話でした。
仕事で熊本から夜戻り、一度帰宅して夕飯の買い物へ行き、料理を作って後片付けもご主人が・・・・
理由はご主人の方が上手だからと・・・・
その間妻はただソファーでくつろいでいるとのこと・・

泣けてきました!!(T_T)

ご本人がそれで幸せなら赤の他人がとやかく言うことではありませんが、ご主人の親御さんはどう思ったのでしょうか?お察しします。

どうか将来息子の奥さんになる方はもう少し息子を大事にしてくれる女性でありますように・・・
ただただ祈るばかりです。


2016年11月29日 (火) 14時38分

[1722] コンビニ人間

投稿者:ペナント

当社ライブラリーから芥川賞受賞作品の村田 沙耶香さん著書「コンビニ人間」を読みました。

内容はとても考えさせられる作品ですが、ストーリー展開が軽妙なので一気に読むことができましたので、簡単にご紹介いたします。
(少しネタバレがあります)



主人公はとても合理的な考え方を持っていますが、その感情の表現方法や考え方が大勢の人が考えることと違うため、子供の頃から変わった人と見られてしまいます。
そんな主人公は疎外感を持ちながら生きてきましたが、コンビニでのアルバイトをきっかけに、色々な出会いや経験をして、改めてコンビニという生きる場所を見つける話になります。

人それぞれ生き方や考え方が違うはずなのに、大勢の人が考えることが本当に「普通」なのか考えさせられました。


作者の心理描写と情景描写がとても上手で、場面ごとに頭の中で詳細な映像を想像することができました。
是非みなさんも読んでみてください。

2016年11月28日 (月) 19時21分

[1721] 野球

投稿者:もなりー

11月23日に多くの球団でファン感謝デーが開催されました。このイベントをもって、選手もしばらくオフになるでしょう。

しかし、来年はWBC。侍のみなさんは、早めに調整しなくてはなりませんね。
先日行われた強化試合も、WBC前哨戦と思って多少力が入って応援しましたが、結果は期待と不安が半々…と言ったところでしょうか。

今からWBCが楽しみです。

2016年11月25日 (金) 18時15分

[1720] トイトレ

投稿者:シュークリーム

今回は「トイトレ」こと「トイレトレーニング」について書かせていただきます。
今年度に入ってから、保育園主導で「トイレトレーニング」が開始されました。

娘は10月生まれでしたので、やはり3歳の誕生日を境目に…と親としては意識し、言って聞かせ取り組んできたわけなのですが、当の本人には伝わらず、近頃、寒い季節になってきたためか、トイレに行くのを億劫がるようになりました…。

これではいけない!と焦りを感じた私は、順調にオムツ卒業に成功した9月生まれの男の子のママに、その秘訣を伺い、主人と相談し、一大キャンペーンを実施することにしたのです。

題して「トイレチャレンジ!シールチャンス!!」。
まずは環境づくりから、ということで、トイレの扉に大きなミニーちゃんの剥がせるシールを貼り、ミニーちゃんの洋式おまるも設置しました。また、壁には大きな紙を貼り、成功したら好きなシールを1回につき1枚貼れるというルールを作りました。

娘はトイレに行くのが楽しくなってきたようで、最近は、成功してシールが増えるたびに、壁のシールの枚数を数えています。

滑り出し好調といったところです。
引き続きキャンペーン続行とし、このまま卒業に向け、突っ走りたいと思います!

2016年11月24日 (木) 16時55分

[1719] 毎日の献立

投稿者:ボン

最近、ほぼ毎日料理をしています。
(今までしていなかった訳ではないのですが・・)
基本夜のみでバランスを考えて野菜中心のおかずにサラダを作るようにしています。
料理得意ではないので某有名アプリのお料理レシピには大変お世話になっています。
冷蔵庫の中にある材料で簡単に作れるのは何かなと探すのにも時間かかります。毎日の献立考えるの大変ですね。

改めて今までご飯を作ってくれていた母を尊敬しました。基本をしっかり身に着けて、レシピも見ずにちゃちゃっと作れるようになりたいと思いました。



2016年11月22日 (火) 19時05分

[1717] じぶんと街

投稿者:プロ

最近引っ越しを検討しているので、気になる駅に降り立って散策、ということをしています。

隣どうしの駅でも雰囲気が違ったりするので面白く、また一般には「住みやすい」「人気」と評価されていても「自分の肌に合わない」と感じることもあります。
とは言え、これまで何度か転居していますが、住めば都、慣れ親しんで好きな街となっていきます。
最初は合わないかなと重い気持ちになりつつも、好きなスポットを見つけたり、人柄に触れたりして、だんだんそこの人間になっていくんでしょうね。

部屋の間取りもこだわり出すときりがないですが、毎日の暮らしのことなので、納得できる自分の城を探し出したいなと思います。

2016年11月18日 (金) 16時30分

[1716] 懐かしの本

投稿者:こびん

学生時代そこまで読書をしてこなかった自分ですが今でも印象に残っている本があります。
「小倉昌男 経営学」
クロネコヤマト宅急便の2代目社長・小倉昌男氏の著書です。

その時、経営学を専攻していたのでタイトルに惹かれて手に取ってみました。
タイトルだけみると学問的なことが書かれているのかと思いますが、中身は小倉氏のクロネコヤマトの経営実践録です。数秒で何億稼ぐ云々の本とはまた違います。

内容は郵便局がほぼ独占していたころの宅配市場への無謀とも言われていたクロネコヤマトの参入のお話です。


この前、当社ライブラリーで発見しましたので
社会人の立場となった今、また読み直そうと思います。

2016年11月17日 (木) 18時50分

[1715] 重宝!!

投稿者:うちな〜ちゅ

ここ最近急激に寒くなってきました。
夏物のスーツを着ている自分は正直堪える時がありますが、そんな時はヒートテックのロングTシャツにスパッツを履くだけで非常に暖かく寒さをしのぐことが出来ます。

まさにヒートテック!!

暫くは夏物スーツで大丈夫かも!?

2016年11月16日 (水) 18時58分

[1714] 歳とともに

投稿者:ご学友

秋の気配が漂い始めた途端に木枯らしが吹き始めるという日本の四季の情緒さえも世界的な気候変動に巻き込まれる事となれば、とても残念な事と思ったが、原因が我々の享受している便利な社会という事ならば、仕方ないが、取り戻せるならば、私は現在の生活が少々不便になってもそうしたいと考える。

若い頃には、嗜好や物の好みにそれほど確固としたものが無かったと思うが、最近日本茶がしみじみ味わい深いと感じ、色々な種類の飲み比べに興味がおこり、台湾・中国・紅茶と広がっている。
昔は貧乏くさく感じていたコスモスの花の可憐さが判り、昔は作り物の様で嫌いだったダリヤの花が最近では好きになった。
歳を重ねて楽しい事もある訳である。

2016年11月16日 (水) 08時57分






Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板