102469

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[1966] 夢中でした3

投稿者:ご学友

中学校受験で深夜まで勉強をする振りをしてラジオの音楽番組・深夜放送を聞く事に夢中でした。
歌謡曲やフォークソングを中心に其々の歌手が深夜のパソナリティを担当する番組を聞いていました。
その当時は、ジャズやクラシックはどんな曲も皆同じに聞こえて興味もありませんでした。
中学も後半になると音楽の趣味は偏りキャロルやダウンタウンブギウギバンドを聞きましたが、邦楽から
洋楽を聞き始める頃に学園祭でジャズ喫茶を開催するメンバーになり、そこで演奏するバンドのマネージヤー
を引き受けた事がその後の自分と音楽の関係をより濃くするきっかけとなりました。

今の自分にとって音楽は生活する上での潤滑油のような存在であり、気持ちをリラックスさせる良き友でもあります。
宗教や思想が違っても感動できる音楽がその溝を埋めてくれる役割を果たせるかもしれません。
これからもマイペースで永く音楽と付き合っていきたいと思います。

2017年11月30日 (木) 18時51分

[1965] 年の取り方

投稿者:ヘイルメアリー

先日母から「私の年齢を出す時は数え年はやめて」と言われたことから、年の取り方を調べました。

簡単にまとめると満年齢は現時点の年齢で、数え年は生まれた時から1歳からカウントされるそうですね。(常識ですかね?)

また満年齢の場合は年を取るのは誕生日ではなく、その前日0時になるそうです。(法律上そう数える様です。)

因みに数え年は1月1日を迎えるとカウントが増えるため、満年齢から最大で2歳も増えてしまう場合があるようです。

常日頃常識と思っていることに疑問を持つと、こんな面白い事が分かるもんですね。

2017年11月29日 (水) 17時57分

[1964] 忌み嫌われる者たち

投稿者:みっくん

お食事中の方、すみません。

カラスとゴキブリ。好きな人はあまりいないと思います。

先日動画サイトを見ていたところ、カラスの生態を紹介していました。
カラスは頭がいいというのは聞いたことがありましたが、横断歩道の信号が青になるまで待ち、青に変わった途端、歩いて渡っている動画には衝撃を受けました。飛べばいいのに。遊びの一環なのでしょうか。

カラスは人の顔を認識するようで、なんと優しい人間にはお礼をするほど律儀な所があるそうです。

ある国の少女が、いつもカラスが来るベランダにピーナツやお水を毎日あげていたところ、カラスは光り輝くイヤリング、ボタン、クリップ、レゴ、電球などを運んできてくれたそうです。またある老婦人も定期的にカラスに餌をやっていたところ、お礼をされたそうです。残念ながらネズミの死骸だったそうですが(笑)、カラスにとっては大切な糧ですものですね。

ゴキブリもまた然り。人間にとって大切な抗生物質等の新たな感染症治療薬の開発に役立ってくれているそうですし、地域によっては貴重なタンパク源となっている(…..書いてるだけで気持ち悪い)そうです。

自らの落ち度が原因で、気付かぬうちに嫌われてしまった経験が幾度もある身としては、自分が嫌われている事実を知った時に、あぁ自分もカラスやゴキブリのように思われているのか、とひどく落ち込みますが、健気に生きるカラスを少し理解したことで励まされました。

もし、人間関係に躓いた時にカラスと目があったらにっこり微笑んでみてください。「おはよう」と声をかけるのもいいそうですよ。

私は先日、カラスさんが近くに寄ってきたので「どーも」と軽く会釈してみました。ちょっと怖かったけど向こうは不思議そうな顔をして去って行き、こちらは気分上々でした。ゴキブリさんは……とりあえず少しの間放っておいてあげましょうか(笑)。私も彼らも、自分なりに一生懸命に生きているだけですからね。

2017年11月28日 (火) 18時05分

[1963] 感謝

投稿者:しずく

ゴルフを始めて1年半が過ぎ、なかなかスコアが減らず壁を感じていましたが、先日バーディさんからアイアンセットを頂き、ベストスコアを出すことが出来ました。
今までは道具に対してどれも同じだろと思っていましたが、やはり良いものを使えば自分に返ってくるのだなと考えを改めました。
まだ自分でゴルフ道具一式を購入したことがないのですが、これを機にお気に入りの一本を探してみようと思います。

2017年11月28日 (火) 09時02分

[1962] 私事ですが・・。

投稿者:たけ

私事で恐縮ですが、11月頭に結婚式を挙げました。
伴侶ができ、より一層気を引き締めて仕事に取り組んでいきます!
結婚式を挙げるにあたって打ち合わせの数が多く、大変でした。担当の方にはほんとにお世話になりました。話を聞けば、段取りや細かな部分まで決めていかなければならないことも多く、ケンカしてしまうご夫婦もいるそうです。
僕も実は意見が折り合わない場面がありました・・。けれども話し合いを重ねて解決していくなかで、危機を乗り越えるってこうゆうことなんだろうなぁと感じました。
まだまだスタートを切ったばかりで偉そうなことも言えませんが、これから壁にぶち当たることもあるかと思いますが、乗り越えていきたいと思います。

2017年11月24日 (金) 19時25分

[1961] 同窓会

投稿者:ゼツ

前回の更新後の土曜日、小学校の同窓会に招かれて出席して参りました。
卒業以来約40年振りにクラスメートと、5年生・6年生と連続でお世話になった担任の先生との再会です。

当日バイクで実家に向かい、夕方、着替えて母校の小学校裏手にある会場に足を運びました。
懐かしい通学路も、景色はガラリと変わっておりましたが、細部には当時からあった公園が残っていたりして、ノスタルジックな感傷に浸りながら歩きました。

会場の受付へ顔を出すと、幹事の面々からすぐにゼツ君だろと声を掛けられ、少し安心した次第です。H野君、M口君、T屋さんなどなど、外見はやはり違いますが、しぐさや話し方が当時とあまり変わらなく、ただただ、懐かし思いがこみ上げてまいりました。

司会の案内で、T山先生登場。自分の母親と同い年の、女傑。まだまだ御若い姿を拝見できて、感無量です。

歓談のあと、当時の出席番号順に先生から名前を呼ばれ、近況など交えて各自挨拶。
クラスで一番優秀だったA田が、世界史の本を出していてビックリ。教師になっていた友人もいました。そして、どこにでもいる挨拶の長い奴。

あっという間に一次会は終了となり、2次会の席へ。
宴会中突然T山先生に呼ばれて、お隣の席に座った私。(まさか40年ぶりにお説教か?)

ゼツ君、この作文覚えていますか?と、卒業式を前に、小学校生活6年間を振り返った作文の写しを差し出されてビックリ。
素直に、全く覚えておりませんと頭を下げて拝借し、ざっと読んでみる。

「僕は手先が不器用で、1年生のころ名札の安全ピンが一人で留められませんでした・・・」
そんな恥ずかしい書き出しで始まっており赤面。
「友達関係でも、不器用で・・・」などと手先にかけて、当時の悩みを纏めようとしているあたり、生意気なやつだ。
最後に、「30年後の僕へ!少しは器用になりましたか?」ときやがった。

「ゼツ君だけよ、未来の自分に問いかけていたのは。面白い子でしたよ。」
T山先生は笑いながら話しておられたが、こちらは少し涙腺が緩む。
「持ってきた甲斐がありましたか?」の問いかけに、大きくうなずく事しか出来ない自分でした。
3次会へ流れる友に丁重に挨拶しての帰り道、「仰げば尊し」を心の中で歌う。本気で恩師への感謝を込めて。

翌早朝、気分を一新させ、少年時代の地を後にしました。                  
ヘルメットの顎紐を結ぶのに少々手こずりながら・・。

2017年11月22日 (水) 18時06分

[1960] 郷里熊本を訪ねて

投稿者:社長。

 先週末に金融機関の取引先の集まる団体で、阿蘇を基点にした熊本旅行に、一泊で行って参りました。
 
 初日は熊本空港に到着後、阿蘇山の中岳(依然として元気よく噴火中で、まだ近寄れません)の近くにある博物館に立寄り、その後阿蘇神社に向かいました。
 私はそこでちょっとご一行を脱け出して、阿蘇市役所に赴き、旧知の、とある重鎮にお会いして、所属するロータリークラブの熊本震災復興支援事業について、意見を交わしました。

 その後阿蘇外輪山の展望台で雄大な景色を見た後、黒川温泉に向かい宿泊。泊まったところは、天文観測が売りの宿でしたが、残念ながら夕方まで何とか耐えていた空が、宿に到着直後に雨模様と変わり、スライドで見学するのみとなりました。

 翌日は熊本県を遥か西へ横断して熊本市内へ。復興がまだ始まったばかりの熊本城をゆっくりと見学後、水前寺公園で散策後空港に向かい、夜の便で帰京となりました。


 熊本は私の生まれ故郷ですが、昨春の大地震やその後の阿蘇山噴火、そして集中豪雨など、ここ最近の間に、幾度もの自然災害がこの地を襲っています。

 所属するロータリークラブが、昨年から復興支援として、主として阿蘇の物産を購入し、東京の子ども食堂に提供するボランティアを行っていることは、出身者として真に有難い限りです。


 今回改めて、日頃親しい東京在住の方々にその実情を見て貰い、合わせて一方では、雄大な自然や素朴な人情に触れて貰う機会を得たのは、重ねての僥倖でした。

 これからも、たとえ限られた範囲ではあっても、自分にできることを行い、郷里に少しでも貢献をして行きたいと考えています。

2017年11月21日 (火) 18時08分

[1959] 思いでの老舗

投稿者:バーディー

昔から「いなり寿司」が大好物で、有名店があると可能なかぎり試食しています。
そんないなり寿司ファンの私が今でもその味を思いだしてはタイムスリップできれば食べたいと思う店があります(現在当該店は閉店済み)。
その店は、都営三田線の白山駅から徒歩で3分のしんみち通り商店街にあった「ほうらい」というお店です。

あるお客様宅に往訪する際に、偶々その商店街を通った際、「ほうらい」とのみ名前の入ったのれんが下がった間口の狭いレトロで地味な店構えに釣られて入ったのが初めででした。
店内には、小さなテーブルと椅子数脚、カウンターに3脚の簡易椅子が置いてあるだけの、実に殺風景なお店でした。
ガラス張りのショーケースには、商品であるいなり寿司を置いておらず、店頭で注文すると奥から高齢の奥さんが出してくるといった販売方法でした。
メニューは、至ってシンプルで、いなり寿司と干瓢巻きの2種類のみです。

私が初めてお邪魔した時に、既に50年近くの歴史があるということなので、ご主人に「開店当初は普通のお寿司屋さんだったんですか?」と聞いてみたところ、「うちは開店以来、50年一筋いなり寿司と干瓢巻きの2つだけだよ」と自信ありげに答えてくれました。
後でネットで調べて見ると地元では有名な名店との位置づけでした。

こんなやり取りがあり、いなりも干瓢巻きも抜群に美味しかったので、それ以来、お客様宅に往訪する際には、必ずと言っていい程、立ち寄り「お酒の肴」?に持って行ってはお客様宅で酒盛りをしたり、お土産として会社や家に持ち帰ったりしていました。

ある時、いつもの様に何げなく店内に入って見ると、ご主人が簡易椅子に座って何やら新聞を読んでいるので覗き込んで見ると、何と「日経新聞」はありませんか。
失礼ながらびっくりして「ご主人、日経新聞を読んでいるんですか?」と聞くと「おう、もう何十年前から日経は欠かさず読んでいるよ」とのこと。
「へえー、インテリなんですね」と言うと「うちの息子は慶応大学を出て今は大手商社のIT商事の部長をやっているよ」と自慢そうに話してくれました。今となっては懐かしい思い出です。

その後も、近くに行くと立ち寄っていましたが、今から約7〜8年前、何の兆候もなく、「体調不良につき暫く休みます」と貼りだされ、その半年後「50年間ありがとうございました」と達筆の貼り紙が掲出され閉店となりました。

今は、その店も取り壊され、マンションが建ち、商店街も殆どなくなってしまいましたが、今でも私の中では、いなり寿司NO1は、このお店です。

最近は、いなり寿司もチェーン店が多くなり、その店独自の味がなくなり寂しい限りですが、私の中ではNO2のいなり寿司店、北鎌倉駅前の「KS」という老舗が未だ営業している様なので、閉店しない内に近くに寄ったら必ずお邪魔してみようと思います。

2017年11月20日 (月) 19時24分

[1958] オフの野球事情

投稿者:さんこん

 昨日から第1回アジアプロ野球チャンピオンシップ2017が始まりました。稲葉ジャパンの初戦で、延長タイブレークの末に8対7でさよなら勝ちを収め、幸先の良いスタートを切ることが出来ました。11時40分頃までの長い試合でしたが見応えは充分にあったと思います。4年後の2021年に第2回の実施を予定しているそうです。

 今回の参加チームは、日本、韓国、台湾の3ヶ国、参加資格は、24歳以下、または入団3年以内の選手と、オーバーエイジ枠が各チーム3名までOKということです。日本は、18日(土)に台湾と試合を行い、その結果上位2チームが19日(日)に決勝を行うそうです。

 前にこのブログで書いた、西武の源田選手(ショート)、中日の京田選手(普段はショートですが今回はセカンド)が1・2番で出ています。二人とも新人王を取って欲しいですね。

 毎年この時期になると、私が子供の頃は大リーグの単独チーム或いは混合チームが来日し、日本のチームと親善試合をするというスケジュールが良く組まれていました。どう見ても大リーグのチームは観光8割、試合2割って感じでしたが、それでも日本のチームは全然勝てず、力の差を見せつけられていましたが、今は昔、これだけ大リーグで活躍する日本選手がいるので、負けたくないために、単独チームでの来日はここのところなくなりました。それを穴埋めするために今回のようなチャンピオンシップを作ったのかなぁ〜。

 東京オリンピックで野球、ソフトボールが復活しますが、8月のペナントレースを中断して開催するのか、神宮球場は荷物置き場になるのか、まだ正式に決まってないようですが、そちらも気になるところです。最後に、大谷選手には、是非活躍して貰いたいですね。


2017年11月17日 (金) 18時03分

[1957] 四季

投稿者:のぼせもん

最近ふと感じる事として、季節の変化ですかね。
過去は、季節と気候の影響を受け年間を通じて比較的
穏やかな気候で四季によって景色が大きく変わりのではと思っておりましたが、先月には2週連続の台風が発生し、山々の広葉樹は一気に落葉しているかの様に感じます。
春夏秋冬の『秋』の部分を感じることなく      空を眺めると、まるで冬の雲いきなりの『冬』です。
来年こそ体中に小春日和を感じたいものですね。

2017年11月16日 (木) 14時11分

[1956] 好物

投稿者:めんたいこ(娘)

この時期やっとスーパーでも見かけるようになりました

一人暮らししている大学生の息子が、春休みでも夏休みでも帰ってくるたびにリクエストするのが
「数の子」と「ヒラスの刺身」 なのです。

「この時期はないよ」と言うと
「なら何でもいい」と・・・・・・

母の手料理でもっと何か食べたいものはないのでしょうか?

LINEのアイコンまで数の子の写真に・・・・(*_*)

主人も大好物なので取り合いにならないように
お正月準備で高くならないうちに少しずつ買って貯蔵しておこうと思います

明日はボジョレーヌーボーの解禁日ですね!!
こちらは私の好物なのでひとり楽しませていただきます

(主人は芋焼酎一筋ですので・・・・残念!!)






2017年11月15日 (水) 14時14分

[1955] 新語・流行語大賞

投稿者:ペナント

先日、ユーキャンが行っている新語・流行語大賞のノミネート30語が下記のとおり発表になりました。

アウフヘーベン/インスタ映え/うつヌケ/うんこ漢字ドリル/炎上○○/AIスピーカー/9.98(10秒の壁)/共謀罪/GINZA SIX/空前絶後の/けものフレンズ/35億/Jアラート/人生100年時代/睡眠負債/線状降水帯/忖度/ちーがーうーだーろー!/刀剣乱舞/働き方改革/ハンドスピナー/ひふみん/フェイクニュース/藤井フィーバー/プレミアムフライデー/ポスト真実/魔の2回生/○○ファースト/ユーチューバー/ワンオペ育児

そういえばよく使ったり聞いたりしたなと思う言葉もありますが、そんなに流行っていたかなと思う言葉もいくつかあります。
選考基準や人それぞれ環境は違うので一概には言えませんが、話のタネにもなりますから、あれこれ言いながら12月1日(金)の発表を待ちたいと思います。

野球が好きな私としましては、昨年、一昨年と野球に関する言葉が大賞を受賞していますので、今年はノミネートされていないのが少し残念ではありますが…

2017年11月14日 (火) 18時56分

[1954] オフ

投稿者:もなりー

最近スポーツニュースを見なくなったなあとふと思い、ああそうか、野球が終わったからかと気づきました。
野球がないと楽しみもひとつ減り、なんだか寂しいです。

オフ期間の選手のバラエティー番組出演は楽しみにしていますが、春までの間野球はお休みですね。

2017年11月13日 (月) 15時41分

[1953] 4歳

投稿者:シュークリーム

先月、娘が4歳になりました。
私も自分の役割の中に「母親」というものが加わってから、4年の月日が経ちました。

こどもの成長には目を見張るものがあり、大人にとっての4年とは全く別の次元で時間を過ごしているように感じます。

伸長や体重などの外見的なこと以外にも、会話がきちんとできるようになったり、日常のいろいろなことが自分でできるようになりました。字も少しずつ読めるようになってきました。人の顔らしいものも描けるようになってきました。心の成長にも目を見張るものがあります。1日、1日やはり同じようでいて、少しずつ少しずつ変わっています。

保育園では、10月生まれの子は4月や5月に生まれた子に比べると、まだまだいろいろな点で遅れをとっていることもありますが、早く生まれた子に刺激を受けながら、チャレンジしてみたりして、半年後には同じようにできるようになっています。

親の都合で、生後半年くらいから保育園に入れてしまったので、無理をさせてしまったのでは…などと悩むこともありました。しかし、保育園の先生方、お友達にも恵まれ、また、突発的な発熱、けが等で急なお休みや遅刻、早退をさせていただくこともたびたびあり、ご迷惑をお掛けしているにも関わらず、ともに仕事をしているこの会社の皆様には、いやな顔1つせず、ご理解、ご協力をしていただきました。

周囲の皆様に支えていただきながら、子育てが成り立っていると実感する4年でした。
このことを忘れることなく、助けていただいた恩をお返しできるように、今後も頑張っていきたいと思います。

2017年11月10日 (金) 17時59分

[1952] 七五三

投稿者:ボン

先日、姪っ子の七五三に参加してきました。

現地集合だったので、姉家族と両親達が来るまで神社の境内でぶらぶらして待ってると七五三で来る家族がほとんどでした。着物姿の子供達が多く可愛くて癒されました。

とりあえず七五三の祈祷の列とみられる行列があったので並んで待ってたら、写真スポットの列だったようで慌てて飛び出しました。よく見ると所々に写真スポットがあり、なぜか着物を着たペコちゃんまでいました。

無事に姉家族と合流し、楽しみにしてた着物姿の姪っ子を見たらご機嫌ななめ。着物に慣れていないせいか、祈祷中もぐずってばかりでハラハラしました。写真を撮るのも嫌がり、なかなか笑ってくれません。しまいには変顔しだす。困りました。
可愛い姿を写真に残してあげたい気持ちで、私達は必死であやしご機嫌をとってシャッターチャンスを狙う為、連写攻撃。疲れました・・。
まだ3歳なので言うこと聞かないのはしょうがないですね、色々と勉強になった一日でした。
姪っ子の成長がますます楽しみです。おめでとう!

2017年11月09日 (木) 17時39分






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板