100467

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[1953] 4歳

投稿者:シュークリーム

先月、娘が4歳になりました。
私も自分の役割の中に「母親」というものが加わってから、4年の月日が経ちました。

こどもの成長には目を見張るものがあり、大人にとっての4年とは全く別の次元で時間を過ごしているように感じます。

伸長や体重などの外見的なこと以外にも、会話がきちんとできるようになったり、日常のいろいろなことが自分でできるようになりました。字も少しずつ読めるようになってきました。人の顔らしいものも描けるようになってきました。心の成長にも目を見張るものがあります。1日、1日やはり同じようでいて、少しずつ少しずつ変わっています。

保育園では、10月生まれの子は4月や5月に生まれた子に比べると、まだまだいろいろな点で遅れをとっていることもありますが、早く生まれた子に刺激を受けながら、チャレンジしてみたりして、半年後には同じようにできるようになっています。

親の都合で、生後半年くらいから保育園に入れてしまったので、無理をさせてしまったのでは…などと悩むこともありました。しかし、保育園の先生方、お友達にも恵まれ、また、突発的な発熱、けが等で急なお休みや遅刻、早退をさせていただくこともたびたびあり、ご迷惑をお掛けしているにも関わらず、ともに仕事をしているこの会社の皆様には、いやな顔1つせず、ご理解、ご協力をしていただきました。

周囲の皆様に支えていただきながら、子育てが成り立っていると実感する4年でした。
このことを忘れることなく、助けていただいた恩をお返しできるように、今後も頑張っていきたいと思います。

2017年11月10日 (金) 17時59分

[1952] 七五三

投稿者:ボン

先日、姪っ子の七五三に参加してきました。

現地集合だったので、姉家族と両親達が来るまで神社の境内でぶらぶらして待ってると七五三で来る家族がほとんどでした。着物姿の子供達が多く可愛くて癒されました。

とりあえず七五三の祈祷の列とみられる行列があったので並んで待ってたら、写真スポットの列だったようで慌てて飛び出しました。よく見ると所々に写真スポットがあり、なぜか着物を着たペコちゃんまでいました。

無事に姉家族と合流し、楽しみにしてた着物姿の姪っ子を見たらご機嫌ななめ。着物に慣れていないせいか、祈祷中もぐずってばかりでハラハラしました。写真を撮るのも嫌がり、なかなか笑ってくれません。しまいには変顔しだす。困りました。
可愛い姿を写真に残してあげたい気持ちで、私達は必死であやしご機嫌をとってシャッターチャンスを狙う為、連写攻撃。疲れました・・。
まだ3歳なので言うこと聞かないのはしょうがないですね、色々と勉強になった一日でした。
姪っ子の成長がますます楽しみです。おめでとう!

2017年11月09日 (木) 17時39分

[1951] 平和

投稿者:プロ

週末はお天気に恵まれましたね!
私の住まいの近所では、航空自衛隊のお祭りがありました。
過去に何度か足を運んでいますが、とにかく人出がすごい。
今年はその日は別場所に出かけたものの、電車の混雑に少々いらいらしてしまいました(笑)。

航空祭の目玉は、やはり、戦闘機による航空ショーです。
華麗な技を披露する場!ですが…実戦がないことを祈るばかり。
私はジェット音が好きではありますが(騒音で悩まれている方等々、申し訳ありません)、家の中にいてこの音が聞こえると、何かあったのか?とやっぱりハラハラします。

ちなみに、線路の近くに住んでいるので夜中も電車の音が聞こえます。あれは何だか癒されますね。速度が遅いせいかもしれませんけども。
お布団の中で「みなさん今日もお疲れさまです」という気持ちになります。

この先も、平和でありますように。

2017年11月08日 (水) 17時10分

[1950] 運転免許更新

投稿者:小太郎

先日、二俣川まで運転免許の更新へ行ってきました。

今回の更新で初めて優良になりました。

今までだいたい違反者講習だったので非常に嬉しいです。

次回更新は3年後から5年後となり、
更新時の費用も3,850円から3,000円、
講習時間も2時間から30分になりました。

優良になるとたくさんの事が優遇されるので驚きです。
次回の更新も優良で迎えられるように頑張ろうと思いました。

2017年11月07日 (火) 17時34分

[1949] 紅葉

投稿者:こびん

先日の3連休は地元近くの国営昭和記念公園で紅葉をみにいきました。
国営昭和記念公園は、昭和天皇御在位50年記念事業の一環として建設され、東京ドーム約40個分ととても広大な公園です。
夏には、公園内のプールやBBQ施設が利用できたり花火大会が開かれ、毎月なにかしらのイベントが開かれたりと、飽きることがありません。

紅葉をみにいった日は、イチョウやモミジは見頃始めといったところでしたが、イチョウ本来の黄色と色づく前の黄緑色のコントラストが並ぶ並木はとてもきれいなものでした。

今年は台風の影響で紅葉の色づきが例年より2,3週間ほど早いそうです。また時間があいたら見に行こうと思います。

2017年11月06日 (月) 19時02分

[1948] 感動!

投稿者:うちな〜んちゅ

ほんの数週間前ですが、ボクシングミドル級の村田諒太選手が、見事WBA世界ミドル級王者になったのは記憶に新しいですが、この試合は5月に行われたフ不可解な判定に負けた村田選手の言わば、リベンジマッチとなったわけです。

相手のアッサム・エンダム選手は過去に6度倒されながらルフラウンド戦い抜いた経験を持つチャンピオン!
簡単に倒せる相手ではありません。
ドキドキしながら試合と観戦していると村田選手は、序盤からガードを固めてガンガン前へ出て行き、5月の試合の悔しさを、リング上でぶつけている様に思い、終始村田選手が圧倒していました。

結果は村田選手の圧倒的なTKO勝ち。
見事リベンジを果たしベルトを腰に巻きました。

試合内容も良かったのですが村田選手の試合後のインタビューでのコメントが、特に私には感動しました。

「ボクシングで試合に勝つって事は相手を踏みにじって、その上に自分が立つという事、だから勝つ人間には責任が伴う。だから彼(対戦相手のアッサム・エンダム)の分の責任も伴ってこれからも戦いたいと思う!」
という言葉を残しました。
これは高校のボクシン部の恩師から教えられたとの事ですが、試合内容も申し分ない上、インタビューでのこのコメントを残した村田諒太選手には是非今後も頑張って防衛を続けて欲しいと、心から思いました!


2017年11月06日 (月) 09時45分

[1947] 夢中でした2

投稿者:ご学友

齢10を数える少年は、偶然にも遭遇した太古の人々の生活の痕跡に異常に興奮し、トレジャーハンターとして暇さえあれば、いや寸暇を惜しまず、例の「あかばけ」に発掘に通いました。

畑の主の目を盗み暫く現地調査を行い分かった事は、既に多くのハンターがこの地に乗り込み発掘を始めている事や、価値のあるものは、平らな場所では見つからず、危険極まりない崖に踏み込まなければならない事でした。

当時の少年は今では信じられないくらい身軽であった為、今考えれば空恐ろしいオーバーハングをもろともせずに、2時間、3時間発掘に集中するのでした。

リスク無く入手出来るものは、平らな茶畑の深さ40センチ程度にゴロゴロ出てくる縄文式土器の破片で、
贅沢にも今や少年にとって「余り価値の無いもの」となっており、危険を冒して掘り当てる
きらきら光る矢尻や釣り針とおぼしき物(驚く事に教科書の写真の通りの黒曜石を細工したもの)
の獲得に夢中になりました。

そんなマイブームが1年程続きましたが、新たな埋蔵品が見つからず、一通りのお宝をゲット
した少年は、夏休みの自由課題で、掘り当てたお宝の土器・石器・矢尻・釣針等を手作りの標本箱(父親の背広のケース)の中に仕切りを付け、説明文を付して「私たちの大昔の生活道具」と題して提出し、担任から
高い評価を受け、一躍「時の人」となりましたが、何故かトレジャーハンティングの情熱は既に冷めていたのでした。つづく

2017年11月01日 (水) 18時25分

[1946] 気が付けば

投稿者:ヘイルメアリー

先日地元の電車の駅の発車ベルが、地元にある某有名大学の応援歌にいつの間にか切り替わっておりました。

発車ベルといえば数年前にJR高田馬場駅が鉄腕アトムに変わり、その後様々な駅や路線単位で音が変えられていることが見受けられます。
例えば東武東上線ではクラシックが流れ、東急線の渋谷駅では期間限定で某有名ゲームの曲が流れていたことが記憶に新しいです。

いつも自然と耳に入っていくる発車ベルですが、たまには注意して聞いてみると新たな発見が出てくるかもしれませんね。

それにしても、私の地元駅の発車ベルを聞いたライバル校関係者が、闘争心を募らせていないか心配です。

2017年10月31日 (火) 18時59分

[1945] 台風直撃

投稿者:みっくん

誰が10月末に台風が来るなんて想像したでしょう、しかも自身の人生初、フルプロデュースのライブの日、さらには出演時間に直撃するなんて......たぶん強烈な雨男が一人いたのだな。

昨日は自分のバンドのライブでした。昨年の今頃から約1年がかりで組み立ててきました。メンバーの選出、練習場所の確保、楽譜や音源、機材の調達、選曲、演出、果ては台本に至るまで、全て自分で手掛けてきました。途中で脱退するメンバー、新たなメンバー探し、色々と苦労もありました。

我々のようなアマチュアバンドは、「演奏するのが楽しいだけでお客さんが知らないような曲」を羅列しても盛り上がりません。演者も観客も楽しめる内容にすることに注力しました。演者だけでライブは成立しませんからね。

一生懸命やったという自負もありますが、バンドメンバーの皆さんが、集まるたびに練習を重ねてくれていることがわかり、なにより楽しんで参加してくれていることが大きな自信につながりました。また、嵐の中、会場に駆けつけてくれえた沢山の仲間や家族、助けてくれたスタッフまでもが「楽しかった、格好良かった!」と言ってくれました。感謝感激雨霰(霰は降りませんでしたが)です。

仕事と子育てに追われる毎日に加え、オフの日もオンの状態が続いたのでヘトヘトですが、全身全霊でやるべき事に取り組めるのは本当に幸せですね。

さあいい曲を書かなきゃだ。

2017年10月30日 (月) 19時00分

[1944] スポーツの秋

投稿者:しずく

スポーツの秋となったのに、連日の雨で憂鬱な気分が続きますね。
先日は友人とフットサル大会に出る予定にもかかわらず、雨で中止になってしまいました。
そんな中で室内でもできるボルダリングを体験しました。
慣れている人の動きを見ると簡単そうなんですが、実際にやると手が出ない、足が上がらないでなかなか壁を登りきることができませんでした。
ただ登りきった時は苦労した分だけ喜びが込み上げてきました。
いかに普段怠けているかを思い知りましたが、久々にみんなで声を掛け合ってスポーツすることの快感を味わうことが出来ました。

2017年10月27日 (金) 18時52分

[1943] ワールドシリーズ

投稿者:ザック

アメリカメジャーリーグもいよいよワールドシリーズに突入し、レギュラーシーズン100勝アップの「強いチーム同士」ロサンゼルス・ドジャース対ヒューストン・アストロズの対戦となりました。

昨日の初戦は、ドジャースの絶対的エース・カーショウにアストロズの打線が抑え込まれて敗退、今日の第二戦は、アストロズがドジャースに延長の末に競り勝って、昨日の雪辱を果たしました。

これで一勝一敗のタイになり、明後日より、戦いの場をアストロズの本拠地ミニッツメイドパークに移して行われる第三戦は、ドジャースの先発予定がダルビッシュ投手とのことで、日本でも注目の試合となりそうです。

もう一人の日本人前田健太投手もポストシーズンに入り絶好調、中継ぎで六試合連続無失点と本来の力を発揮しています。

日本シリーズもいよいよスタートしますが、ぜひメジャーリーグにも注目して、日本人選手を応援しましょう。

2017年10月26日 (木) 18時57分

[1942] 秋の終わりに

投稿者:たけ

昨日の食卓には茹でた栗、柿、秋刀魚が並びました。
柿は実家の裏庭で育てた柿の木からもいだもの、栗は祖母の家の畑に自生していたもの、秋刀魚はさすがに近所のスーパーで購入してきたものですが・・。
晩秋の柿は大変甘くて柔らかく、おいしくいただきました。母親が柿はもう飽きた、と言っておりましたが3分の2は刈り取ったから、あとは残して野鳥に食べさせてあげるつもりだと話しておりました。
いつぞや見たテレビで山菜取りの名人が自分の分を取ったら、後から来た人の分と山に棲む動物の分を残してあげるのがルールと話をしていたのを思い出して、欲張るのではなく、ちゃんとみんなでシェアして生きるという知恵が生きているんだなと感じました。少しほのぼのとした一言に癒されて秋の味覚を楽しみました。ご馳走様でした。

2017年10月25日 (水) 19時01分

[1941] オヤジの挑戦2

投稿者:ゼツ

前回更新後の週末、いよいよ卒業検定となりました。
まず、意欲を示す為に集合時間の30分も前に校舎の検定窓口にて受付。係りの人に、15分前に2輪教習控え室に入るよう説明を受け、しばし2通りの検定コースを外から確認。
所定の時間に控室に入りますと、すでに受験者が数名プロテクターとゼッケンをつけて座っているじゃありませんか。
しまった!出遅れた。
慌てず、冷静にテキパキと準備し、検定担当教官を待つ。

検定簿を小脇に抱えた検定担当教官が入室。いよいよだ!

「皆様おはようございます。」の挨拶後、検定の説明前にいつもの準備体操。
外でストレッチした後、注意事項他検定手順の説明が始まりました。

「本日の検定受験者は7名。」          お、けっこうな人数ではないか・・・・
「検定コースは2番となります。」         ん〜、クランクの前に一本橋か、望むところよ・・・。
「減点対象は・・・あれこれ・・・」        それは知っている、気を付けようじゃないか・・・。
「検定中止になるミスは・・・あれこれ・・・」   それはなんとしても避けたい・・・。
「では、検定に入る受験生の順番です・・・」    ドキドキ・・・。
「1番ゼツさん、2番・・・さん、3番・・さん。」 なに〜!なんで〜?

質問など受け付けないぞ!という教官の顔の前で、緊張感MAX。

1番はバイクの前で待つように言われて、納得がいかないまま検定車両の前に。
(もしや、年齢の高い順か?)
他の受験生が見守る中・・(流れを作ってやる!俺の模範走行を見ておけよ!)

名前を名乗ってバイクに跨り、エンジンをかけたら右手を軽く上げて検定担当教官に出発の合図(ここまではノーミス)。後ろからピッタリついてくる検定担当教官にプレッシャーを強く感じながらも、走行中は集中しており、諸課題をクリア。最後の急制動で白線内にバイクを納め、教官の指示を待つ。
1番のピットに戻って停止、バイクを降りてくださいとの指示により、どうにか無事に完走できました。

後、6名の検定を見守ってから合否発表まで1時間ほど待ち、晴れて合格の通知を頂戴しました。
なんでも、合格というのは嬉しいものですね。久しぶりに緊張した一日でしたが、思い出深い一日にもなりました。

2017年10月24日 (火) 18時54分

[1940] タイムスリップ

投稿者:社長。

 週末の土曜日に高校の同期会があり、出席致しました。
 この同期会は、2年に1度催されているのですが、毎回案内が来る頃には、開催予定日には既に先約が入っており、なかなか顔を出す機会がなく、出席したのは10数年振りです。

 卒業からこれだけ経つと、見た目の年齢がそれぞれ随分と違ってきています。会場で、最初にざっと見渡した時に「彼は随分と老けているなあ」と思っていたら、しばらくして現在84歳の先生だったと分かりました(笑)
でもこの先生が、本当にお元気で熱いだよねえ!

 久し振りの会なので、勝手もなかなか分からず最初は戸惑いもありましたが、皆が結構私のことを良く覚えてくれており、ある仲間は「お前は授業そっちのけで、本ばかり読んでいたなあ」と言われてびっくりしました。
 
 「そんなこと良く覚えているな、多分それは将棋の本だよ。授業中に隣の○○と、将棋も良く指していたから」と答えたら、「いや棋譜のない本も一杯読んでいた。高3の時、俺はお前の斜め後ろの席だったからね」と言われました。
 良く観察していますし、記憶力も凄いですね!

 読んでいた本は・・・おそらく、SFやミステリーとか、教科書にもないような世界のローカルな国々の歴史本(面白くて夢中でした)だったかなと思います。
 でも先生方には、本当に扱いづらい生徒だったんだろうと反省しています。


 と言う訳で、つかの間のタイムスリップを味わいました。

 大学の同期会では、長年幹事をしていますので集まる機会も多いのですが、最近は「小学校の同期会」にも良く誘われます。
 かつての紅顔の美少年、可愛い美少女たちも今や孫持ちが多いのですが、一杯やっているうちに面影が戻り、その時代に返ってしまいます。

 これまでそれなりの年月を生きては来ましたが、そうは言っても「これから」の時の中では、「今」が一番若い時。そのひと時ひと時を日々味わい楽しみながら、これからもまた変わらず、懸命に生きて行きたいと考えています。

2017年10月23日 (月) 18時19分

[1939] ジェネリック

投稿者:バーディー

何年か前、体調を崩し入院したことがあり、それ以来いろいろな薬を朝夕飲んでいます。

最初に処方箋されたのが、大学病院でその時は、所謂「新薬」を飲んでいましたが、その後、医療費削減の政策が強化され「新薬」ではなく、原則「後発医薬品」=ジェネリック医薬品が処方されることとなりました。

その時は、ジェネリックでも安ければいいと思っていたので、余り薬効には感心がありませんでしたが、不摂生もあり、コレステロール等の数値改善はそれほど進みませんでした。

ところが、数年前に大学病院から、所謂「ホームドクター」へ転院することとなり、現在は、個人医院に通院していますが、そのN院長(元大病院の医科長)は、ジェネリックは処方しない方針のお医者さんです。
従って最近は、新薬を飲んでいますが、気持ち、ジェネリックより効き目がいい様に感じています。実際、数値も改善し、薬の種類も減りました。

そこで、経過観察で偶に通院する大学病院のM先生に「新薬の方が効き目がいいと思いますが」と聞いてみると、先生は、「成分が同じでも作成過程や原料が違う場合があるので、気になるなら「認定ジェネリック」を使うといい」とのことでした。認定ジェネリック(オーソライズド・ジェネリック=AG)は、場合によっては新薬と同じ製薬会社・工場で製品化されており、効き目も全く同じだそうです。

また、知人のある国立大学医学部のO教授は、「ジェネリックは効きませんよ。例えて言えば、同じ材料で同じ料理法で作った料理も、料理人の腕によっておいしさが異なりますよね。それと同じですよ」と助言してくれました。

ところが一方で、薬学界の重鎮のN先生に聞くと、「新薬が効かないという医者がいるが、それは間違いでジェネリックでも薬効は同じです」とのことでした。

この様に、専門家の中でも意見が分かれていますので、素人の私にはどちらが正しいのか判断し兼ねる訳です。

政府は、ジェネリックを推進していますが、今は、何となく新薬の方が効いている実感があるので、暫くは、今の主治医の意見に従おうと思います(あくまでも個人的な感想です)。

2017年10月20日 (金) 19時39分






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板