102484

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[2087] 書くことは決まっている

投稿者:もなりー

オールスターゲームファン投票の中間発表があり、セ・リーグ先発投手部門で松坂大輔投手が1位になりました。
やはり人気ですね!

肝心のピッチングの方でも前回のブログから更に1勝をあげ、内容もまずまずだと思います。


実は、先月東京で松坂投手が投げる!ということで、観戦に行ってきました。

松坂投手の名前がコールされると歓声があがりました。
うまく表現はできないのですが、普通に人気があって歓声があがるのとはまた違うような…あの雰囲気はあまり感じたことのないものでした。
その日は3回途中で負傷交代となってしまいましたが、そのアナウンスが流れた時も会場から残念と言わんばかりのどよめきが起こり、松坂投手の注目度の高さがうかがえました。

私も少ししか見られなくて(むしろ写真ばかり撮っていて)、もう少し長い回投球が見たかったなあと残念でしたが、幸い足の具合は大丈夫だったので、また次の機会に楽しみは取っておきましょう。

次は勝つところとヒーローインタビューが見たいです!


2018年06月04日 (月) 18時32分

[2086] 体質改善

投稿者:シュークリーム

私はお肉が大好きです。毎日お肉を食べています。

ところが、先日脂身の多いカルビを口にしたところ、だんだん手足を中心に痒くなり…、蕁麻疹が出てしまいました。これまでも体調のすぐれない時などに脂が強いものを食べると、かゆくなったりすることもあったですが、今回はなかなか引かず、さすがに食生活の見直しをせざるを得ない状況となりました。

というわけで、ここ数日は和食中心の食事を心掛けています。
港町育ちなので、もともと魚は大好きなのですが、上京してから(かれこれ20年!?)は、スーパーでおいしい魚に巡り合うことがなかなかできず、「魚よりも肉!」というのが自然な流れとなっていました。

野菜も食べるようにしています。特に根菜類は症状の改善にいいようなので、季節ごとに旬を取り入れながら、積極的に摂っていきたいと思います。また、適度な運動を継続することで、体の中からきれいにして、少しずつでも好きなものを食べ続けられるようにしていきたいと考えています。

医食同源、千里の道も一歩から!

2018年06月01日 (金) 18時06分

[2085] 姪っ子

投稿者:ボン

4月から幼稚園に通いだした姪っ子、姉から色々話を聞くと幼稚園が楽しいみたいで、寂しがって嫌がることもなく元気よく通っているそうです。姉は寂しがってますが、そう聞いて安心しました。

ただ、幼稚園ではみんなと一緒に歌を歌ったりするのが嫌なのか、歌っているお友達をじーっと見ているだけで参加しないのだそうです。恥ずかしいのかな?家ではマイク持って大きい声で歌ってますけども。。
少し心配になりつつも、それも個性と捉えて明るく楽しい幼稚園生活を送ってほしいなと思います。
子供って大きくなるのあっという間ですね!



2018年05月31日 (木) 18時02分

[2084] NEWノート

投稿者:プロ

以前4代目読書ノートが終了したことを書きましたが、悩みに悩んでこの度5代目を購入しました。
大体以前の半分くらいの厚さ、横罫線・縦ドット入りのノートです。

以前は無地だったので、なんだか気持ちがピリッとします…最初だけですけども。
すぐに線を無視して使うようになります。
線があるからこそ無視する、という感じです。

お絵かきのときも線があってもなくても気になりませんが、その際は線があってもないものとして描いているような気がします。完成した絵を見ても、線が見えていないと言いますか…自分の絵しか見ていないと言いますか…
不思議なものですね。

5代目とも自由なかたちで付き合っていきたいと思います。

2018年05月30日 (水) 18時54分

[2083] はじめまして

投稿者:ニーナ

この春入社したニーナと申します。4月からの研修では、多くの内容を分かりやすく丁寧に先輩の皆様に教えていただき、研修期間の終えた現在では少しでも早く皆様のお役にたてるように毎日粉骨砕身しております。

そんな私ですが、最近とあるものがブームとなりつつあります。それは時間を見つけ夜映画を見に行くことです。映画を見ること自体は昔から好きでよく行っていたのですが、それは日中が多く、夜行くことはめったにありませんでした。夜の映画館はとても興味深く、日中の楽しげな雰囲気とうってかわって、少し落ち着いた雰囲気がそこには漂い、映画を見に行くことが目的ではありますが、なんだかんだその空間に魅入られ足しげく通っている気もしています。

映画館では、面白い作品に出合えると決まって何度も見てしまう私ですが、友人に同じ映画を何度も見ていること話すと大抵「お金の無駄」とあしらわれています。確かにそうかもしれませんが、一度見ている分、視野が広がり小さな発見や驚きを感じることができます。そして細部にまでこだわって作品を作り上げているのだと、改めて奥が深いなと映画を見るたび思い、見終わると自分なりに思い返し言葉では言い表せないような感動に包まれる日々を送っています。

2018年05月29日 (火) 17時59分

[2082] 初めての投稿

投稿者:チャロック

はじめまして。この春から入社したチャロックです。この度ブログを書かせて頂くこととなりました。「チャロック」という名前は、私が小学生の時に飼っていた犬(ミニチュアダックスフンド)の名前です。主に茶色の毛並で耳の先が少し黒かったので、「チャイロ」と「クロ」から文字をとって「チャロック」としました。この「チャロック」という言葉は世界のどこにもないだろうと思っていたのですが、調べてみるとタイの首都バンコクから南へ約500kmの場所にある小さな島、タオ島に「チャロック・バーン・カオ・ベイ」というビーチがあったり、イギリスのケント州に「チャロック」という地域があったりと、「チャロック」という言葉が存在していたのです。いつかこの場所に行けたらいいなと思っていたりもします。
入社してから2か月が経ちました。まだまだわからないことだらけで周りの方々に助けていただいてばかりですが、早く一人前になれるよう頑張ります。よろしくお願いします。

2018年05月28日 (月) 17時57分

[2081] キャッシュレス社会

投稿者:こびん

あまり財布を出したくないこともあり、コンビニやランチの支払いは殆どSuicaで行っています。
Suicaを使えないところはクレジット払いをしているので、現金を使う機会はほとんど減りました。

この所謂、キャッシュレス化はどんどん広がってきており、中国では、おひねりやお賽銭も現金ではなくキャッシュレス決済で行っている所もあるだとか。
(中国ではスマホのQRコードを使った決済方法が進んでるそうです。)

キャッシュレスの最先端をゆくスウェーデンでは、現金流通量の割合が、1.3%と最も低い水準で、お店によっては支払いはスマホ決済とカードのみ、現金が使えない所も多いそうです。
このメリットとしては、強盗が入っても現金を盗まれることがない安全面。
そして、レジに現金を置かなくなることから、現金輸送をするためのコストがなくなります。


街中にあるATMも現金輸送や盗難に対する警備が絡み、銀行としては維持費が膨大なものになります。
このため、メガバンクではスマホアプリで決済できるシステムの導入に取り組んでいます。
具体的には、利用者が専用のアプリを使って、店頭で表示されるQRコードを読み取ると、買い物した代金が銀行口座から即座に引き落とされるといった仕組みです。
これにより、ATMでお金を引き落とす機会も減ることからコスト削減を狙う思惑です。

そのうち、お札をみる機会もなくなる時代もくるかもしれませんね。

2018年05月25日 (金) 17時59分

[2080] 男旅

投稿者:ご学友

5月には未だ早いと思われる強烈な紫外線と直射日光を浴びながら歩く営業活動の道中、高校2年生の夏に高知へ旅行に行った事を突然思い出した。
高校の先輩2名とその後輩2名のまさに「男旅」であったのだが、何度思い起こしても旅の目的が思い出せない。
この年代の旅行なんてそんなもんか?とも言えるが、
ただ、とにかく、肌を刺す様な日差しの強さと、真面に
目を開けていられない太陽の濃い明るさが尋常では無かった事は覚えている。
特に有名な桂浜の玉砂利の様な砂利浜?に吹きまくる熱風と焼石と化した玉砂利の攻撃に5分と滞在出来なかったように思う。

記憶の薄い、目的の薄い「男旅」は、何故だか晴海埠頭からフェリーに乗船する事から始まり、船酔い地獄のまま上陸した四国で我々を迎えてくれたのは、地元の名産「鰹のたたき」という、いかにも「男旅」に相応しいものでした。当時先輩2名が東映やくざ映画に陶酔しており、旅の中でもいい加減な広島弁やら高知弁が飛び交い、高倉健やら菅原文太のまねで会話をするとても恥ずかしい「男旅」のメンバーでありました。
そんな旅は、強烈な真夏の気候と食べ慣れない鰹地獄のおかげで、毎日朦朧とした意識のまま日程は進み、東京にどうやって帰ったのかが、今以て思いだせないのですが、若さ故、行動力は無限大に有ったようです。

強烈な西日の中を歩きながら、40数年前の夏を思い出しました。

2018年05月24日 (木) 18時33分

[2079] サーッカーW杯

投稿者:うちな〜んちゅ

もうすぐサッカーのロシアW杯が開催されます。
つい先日は不明瞭な理由で突如ハリホジッチ氏は解任。
理由は選手との信頼関係の悪化と言われていますが、本人は選手とのコミュニケーションに問題は無かったと話しており、何とも後味の悪い解任となった事は言うまでもありません。

後任は西野氏が就任しました。
振り返ると、日本サッカーはプロリーグ誕生後、最初の代表監督にオフト氏が就任し、アジアッカップ、アジア選手権で好成績を収めましたが、1994年のW杯予選敗退(ドーハの悲劇)が原因で解任。

次に就任されたのは元ブラジル代表のファルカン氏、若手選手を多く起用したもののアジア大会でのノルマがクリアできず、僅か半年間で解任されました。
この結果、日本人同士でなければコミュニケーションが採れないという理由で当時、最も実績のある日本人監督として加茂氏が誕生しました。
しかしフランスW杯予選の成績不振が原因で更迭され、当時ヘッドコーチであった岡田氏が監督になりました。
その後は皆さんも知っていると思いますが、トルシエ氏、ジーコ氏、オシム氏と続いて行き、気が付けば今では日本はW杯に出場するのは常連となってきました。

今回は一体どんな大会になるのか今から非常に楽しみですが、常連であったイタリア、オランダが今回は出場を逃してしまいました。

果たして今回はどこが優勝して、日本はどこまでいけるのか!?今から本当に楽しみです!

2018年05月23日 (水) 19時04分

[2078] これからのために

投稿者:ヘイルメアリー

先日日大アメフト部の危険なラフプレーがあり、選手が怪我してしまうという痛ましい事件がありました。
本場NFLでも数年前にあるチームのラフプレーに対する報奨金問題が取上げられ、多くの関係者が処分されております。

アメリカンフットボールのように選手同士のハードなコンタクトが続くものは、NFLでさえも引退してなお怪我に悩まされる選手が多く、裁判沙汰にもなっております。
近年NFLではラフプレーを出さないためにルールを見直す、引退した選手への保証も検討しております。

今回の事件は時代を逆流した大変愚かな行為であると思います。
このようなことが続くのであれば、日本のアメリカンフットボールの将来は厳しいものとなると考えます。

2018年05月22日 (火) 19時30分

[2077] アラフォー

投稿者:みっくん

最近、お取引先の営業マンの方にこんな話を伺いました。

その方はある不動産会社から、業務提携の一環で他社に一時的に出向されており、この春、所属する会社に戻られました。

出向中は、最低でも週に4回、所謂「夜のお付合い」があり、その殆どが社内の方との会食との事でした(無論社外の方とも)。

出向先の会社は業界大手ですから社員の人数も多く、人的ネットワークの構築が最大のミッションだったとの事。

昨日は自分のバンドのメンバーと飲んでいたのですが、省庁のお役人である彼もやはり同様に夜のお付合いが多く、先週は週5とのこと。

人との密接な関わりがとても大切な小職としても、良いお付合い、お取引先の方との懇親はとても重要です。

思えばゼネコンに勤めていた父も、40代、50代の頃はほとんど帰ってきませんでしたね(変な意味ではないですよ)。

どうも最近、足の指や手の指の付け根がずきずき痛むのは、間違いなくプリン体の取りすぎですね。
なんとか酒量をセーブして、健康維持しなくてはいけないな、と痛切に感じる今日この頃です。

2018年05月21日 (月) 16時51分

[2076] 増加中

投稿者:しずく

ここ数カ月は居酒屋に行く機会が増えたにもかかわらず、運動する習慣はなく、結果人生で最大に体重が増えてしまいました。

入社当初はまだ線が細く、こんなことになるとは思いもしなかったのに、体重計に乗るたびに愕然としてしまいます。

ついつい食べてしまう癖がついてしまっているので、今年から意識して食べる量を減らし、たけ先輩を見習って筋トレに励みたいと思います。

2018年05月18日 (金) 18時38分

[2075] ご報告!

投稿者:たけ

あと数か月で父親になる予定です。
日に日に胎動が感じられたりと妻から聞く話が
喜ばしく、また、人の親になる責任感をひしひしと
感じております。

先日、とある冊子に「子供が勉強をする意味について
迷ったら・・」のコラムを目にし、じっくり
読み入ってしまいました。
一辺倒に「良い大学に入ればより良い会社に入れる、
そのために勉強しなさい。」と言うのではなく
「知識を身につけることは多面的に物事を見る、
考えることができ、引いては自分自身の素養を
上げることができる、そのための勉強だ」という
アプローチをした方が良いというもので
さっそく、子供が大きくなったら使おうと
考えていましたが、コピペなんて自分自身が
勉強できておりませんね。。反省しきりです。。
親になる前に自分自身の勉強も進行中です!

2018年05月17日 (木) 18時14分

[2074] 歴史を挟むGWツーリング

投稿者:ゼツ

連休後半の今月3日、朝まで降り続いた雨も止んだ午前8時ころ、バイクに旅道具を満載して、取り敢えず中央高速を下りました。

ゴールデンウイーク後半のスタート日であった為、中央高速は当然の渋滞。バイクの機動力を持ってしても、笹子トンネルを抜けて甲府盆地一帯を眺めるまでに2時間かかってしまいました。

順調なら、長野県まで行きたかったのですが、疲れもあって甲府でキャンプ地を検索。甲府は非常に暑く、道の駅でエアコンにあたりながらツーリングマップルを捲っていると、ついウトウト。気が付いたら昼になっておりました。

そんなわけで、キャンプ地は甲府から近い南アルプス白州と決め込み、国道20号を北上です。
ツーリングマップルに載っていた小さいキャンプ場に飛び込む。

受付でバイクのソロツーリングであることを告げると、気さくなおばちゃんから「バイクならまだ場所があると思うよ」の返事。さすが連休中とあって、山奥の小さなキャンプ場でもテントで一杯でした。(どうやら南アルプスへの登山客が大半のようです)

渓流沿いに構えたテントの中で、ビールを飲みながらカップラーメンを食べていると、私と同じように放浪中のバイク仲間からメールが届き、明日は上野村(群馬県)の山中に集合しないかとの事。
翌日も確たる目的地がなかったので、了解の返事。朝5時に起床し、湯を沸かしてコーヒーを飲んでテント撤収。田植え間近の満面に水を湛えた棚田に、逆さに写る残雪の甲斐駒ケ岳の美しさに感動しながら山道を下り(よそ見運転は駄目よ)、国道20号沿いのコンビニ駐車場でルート探し。

選んだルートは、今から400年以上前に武田晴信が信州・佐久侵攻の折に通ったであろう、佐久往還(現在の国道14号)にて長野に抜けるコースです。
想像以上に寒い八ヶ岳麓(気温3度の表示)の信玄棒道を横切り、野辺山から小海まで降りてきたところで小休止。この先には、晴信を恐れて降伏した佐久の諸将をよそに、最後まで抵抗し滅ぼされた田口長能の田口城跡があるのですが、その手前を右折し十国峠を越えて上野村に入る事にしました。(降伏した3000人を許さず全員虐殺した晴信27歳・・・恐ろしい)
出来れば、田口城跡周辺を散策し、田口峠を越えて下仁田から上野村へ向かうことも考えましたが、寒さに断念。上野村入村後直ちに地元の温泉「しおじの湯」にザブン!
現代人は、軟弱なのです。
久しぶりの温泉をたっぷり堪能した後、国道を外れて細い林道を集合地点まで上り、テント設営。麓から聞こえるバイクのエンジン音に(単気筒特有の)、友人か来たことを察する。

翌朝は、猿の群れの騒ぎ声と、木をつつくキツツキの騒がしい連打の音を楽しみながらテントを撤収し、友人と分かれて秩父山中を抜け、無事帰ってまいりました。

2018年05月16日 (水) 17時05分

[2073] 創業51年目のスタート

投稿者:社長。

 先月半ばの前回ブログでは「創業50年」について語らせて戴きました。

 そこでお話した通り、まずは記念行事の第一弾として、当月21日には弊社コンペ「第130回新光会」を千葉・立野クラシックゴルフ倶楽部で開催致しました。

 今回は事前のお知らせを入念に行っていたこともあって、予想を上回る参加申込みを戴いたのですが、ゴルフ場もハイシーズンで目一杯の入り、ぎりぎりの調整を綱渡り状態で行い、当社社員や一部の親密取引先の協力を何とか得て、全17組で開催致しました。

 事前に幾度にも亘る打ち合わせや諸々の準備を怠りなく行ったのですが、天気ばかりはお天道様任せにせざるを得ません。
 「絶対に好天になる」との社員一同の強い気持ちが天に通じたのでしょうか、当日は絶好のゴルフ日和となりました。
 

 当日現地で改めて感謝の念を深くしたのは、参加して下さったお取引先の方々全員が、高速道路での早朝の事故渋滞があったにも拘わらず、時間通りに到着して下さったことです。
 御陰様で数々の「万一シュミレーション」は杞憂となりました。

 また数多くの協賛賞品も寄贈戴き、なおかつゴルフ場の万全の後援も得て、当日はパーティに至るまで、和気あいあいの充実した盛会とすることができました。

 私は朝一のティ−ショットがOBとなり、これを「ホスト役に徹しろ」という天の声と受け止めて、お客様ファーストを貫き通しました(単なる言い訳!?)。


 同じく24日には、社員と顧問先との方々との記念会食を高級フランス料理店で行いました。

 この50年の歴史をスライドショーで解説したり、お店の計らいでジャズライブを楽しんだりして、中身の濃いパーティとすることができ、社員及び顧問先の一層の連帯感の醸成の場ともなりました。


 そして創業50年の当日である26日を中心に、取引先へ挨拶に参上したり、或いは先様から沢山のお祝いのお花や品々、そしてお祝辞を頂戴致しました。

 御陰様で、係る方々との絆を一段と強くする機会ともなったと考えます。
 中には10年・15年とお会いする機会がなく、賀状などのみで交流を続けていた方もいらっしゃいましたが、これらの一生涯ご縁を戴きたいと心に決めている、昔お世話になった方々には、久し振りにご挨拶に出向き、笑顔でかつての事を語り合う場を戴きました。
 

 さて今月からは、創業51年目のスタートとなります。
 まだ記念の社員旅行はこれからの実施となりますが、ここで一旦気持ちを切り替えて、心を未来に向けて参りたいと考えます。

 今回の一連の行事や活動で、改めて心を通わせることができました社内外の方々に感謝の念を捧げつつ、社員と組織の為、お取引先や仲間の為、そして社会の為に、係る方々と一層絆を深くして、当社はその歩む道を自ら切り開いて進んで参ります。

 ご縁のある全ての方々に今一度感謝の念を込めて、いささかの長文の結びと致します。

2018年05月15日 (火) 17時50分






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板