96495

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[1928] 衣替え!

投稿者:うちな〜んちゅ

最近はすっかり秋らしく朝晩は涼しくなってきました。
通勤の車内でも夏物から秋物へ衣替えしている方も徐々に増えてきたように思います。

先日はその通勤の車内でコートを着ている男性の方がいました!!
思わず二度見してしまいましたが、よく見ると決して細身ではなく、どちらかというと自分と同じで比較的体格が良い方でした。

よく見ると髪の毛は若干濡れているし、汗ばんでいる様にも見えます。

思わずツッコミを入れてしまいたくなりましたが、服装は自由なわけで、これといって誰かに迷惑をかけているわけではないし、まぁいいかなと思いました。
が、11月下旬から12月初旬にようやく秋冬のスーツに衣替えする自分にとっては、正直ツッコミどころが多くビックリする光景でした。

2017年10月04日 (水) 19時10分

[1927] 夢中でした

投稿者:ご学友

子供の頃の事は殆ど記憶に残らず忘れてしまうことが多いのだが、いくつかの事は、いまだにかなりリアルに映像として記憶に残っている。

小学4年生(10歳)の頃、私は或る事に夢中であった。
あれは、夏休みの自由課題で「自分の住む町」を図書館で調べていた時、当時釣りをしに通っていた近所の川の近くに1万年以上前から人が住んでいたという記述が有り、それが縄文時代と言われる時代であった事を知る。
大昔から人が生活していた痕跡を探す自分を思い描いた想像力逞しい少年は早速自転車を駆り、川を訪れた。
川岸から見上げる先には、当時から皆が「あかばけ」と
と言っていた崖(赤=関東ローム層の赤土、ばけ=崖)が、のしかかって来るように迫っており、剥き出しの断層の一番上には赤土の層が見えた。

崖の上がどうなっているのか知りたくて、川上の橋を渡り、崖を迂回し急な坂道を上ると、一面の茶畑が広がり、細い畑道を進み茶畑が切れると、いきなり崖となり、恐る恐る下を覗くと先ほど自分の居た川岸が見えた。激しく急な崖の斜面に何故かほとんど足場の無いところに人の通った跡があり、何故だろうと考えながら茶畑に戻ると突然「何やっとるんだ!」と大きな声を掛けられ、本当に腰が抜けそうになった。

畑の主であろう老人は言うには、崖に石ころを堀にくる奴が勝手に畑に入り迷惑している、石ころが欲しければ、畑の端に積んであるから、好きなだけ持っていけばいい、崖は危ないから行くな!との事。
少年は素直?に「わかりました」と答え石ころの積んである場所に行くとそれは石ころというより割れた瓦の山積みの様であり、いくつか手に取り良く見ると、何とそれら全て、図書館の図鑑で見た縄文式土器の破片の山だったのでした。 話はつづく

2017年10月03日 (火) 18時31分

[1926] 桂文珍 独演会

投稿者:ヘイルメアリー

表題の通り、今回は桂文珍独演会に有楽町よみうりホールまで行って参りました。
以前もこの会場に別の方の落語を聞きに来たことがありましたが、会場はオーソドックスな造りです。

さて、今回は桂文珍のお弟子さんを間に挟みつつ、新作落語の「老婆の休日」と「くっしゃみ講釈」を聞きました。
どちらも話しが分かりやすく、自然とワハハと笑いが込み上げてくる演目でした。

落語は噺家の言葉を聞いて自分の頭の中で映像をイメージされるものですが、昔の慣習や長さ・重さなどの単位が出てくると時に「はてな?」となってしまうことがあります。
落語をより楽しめるようになるには、昔の文化を知る必要があるようですね。

まだまだ勉強が足りません!

2017年10月02日 (月) 18時45分

[1925] 泣きっ面にハチにアブ

投稿者:みっくん

前回、家の一部にガタがきているお話を書きましたが......そこに洗面台の漏水が追加になりました。

専門家に見てもらいましたら、ずいぶん前から水漏れしてたみたいで、洗面台自体はおろか、床下もひどいことになってました。子供らが踏み台やら収納棚を給水管にゴンゴンぶつけたことが原因のようです。

加えて奴らはしょっちゅうお風呂のドアを半開きでシャワーを浴びるものですから、脱衣所の床がぐずぐずに....。

洗面台、床(下地から)、仕上げに至るまでやり替えねばならないとの事で正に泣きっ面にハチ。

さらに間もなく家内の誕生日。新しい腕時計が欲しいとか言い出しました。なんでも一生モノらしく、しかもタイミング良く(悪く)セール中でなんと今なら手数料無料で100回分割も可能!だそうです。冗談じゃない、嘘だと言ってくれ。それセールとは言いませんから。

明日からお昼ごはんは水にしますかね(涙)。

2017年09月29日 (金) 18時32分

[1924] 夏から秋

投稿者:しずく

9月ももう終わりになり、近頃は肌寒く感じることも多くなってきました。自分は季節の変わり目ごとに体調を崩しがちなので、体のケアをしていたつもりですが、今年も咳が止まらなくなり、周りの皆さんに迷惑をかけてしまったと思います。
クールビズの季節はもう終わるので、体調管理に気を付けて、日々を過ごしたいと思います。

2017年09月28日 (木) 18時51分

[1923] シーズン佳境

投稿者:ザック

 日本のプロ野球もクライマックスシリーズ進出に向け、セ・リーグの3位争いが激しさを増していますが、メジャーリーグでもポストシーズン進出争いが佳境を迎えています。

ダルビッシュ投手と前田健太投手が所属するロサンゼルス・ドジャースは、ナショナルリーグの地区シリーズ出場を決めていますが、田中将大投手の所属するニューヨーク・ヤンキースは、1試合の勝敗でアメリカンリーグ地区シリーズへの出場を争うワイルドカードゲームに進む可能性が高くなっています。

今シーズンの田中投手は良いピッチングも何試合かあったものの、シーズンを通してみれば不安定なピッチングが多かったように思います。
先日のトロント・ブルージェイズ戦でも、3本塁打を浴び8失点といいところなくKOされてしまいました。この調子ですとワイルドカードゲームをヤンキースが制しても地区シリーズでの田中投手の出番は少なそうな感じがします。

対して3年ぶりの2桁勝利を挙げたダルビッシュ投手は先発の2番手として、中継ぎに回った前田健太投手と共にチームの勝利に貢献してくれそうです。

さあ、もうすぐメジャーリーグで一番面白いポストシーズンがスタートします。
皆さん、日本のプロ野球だけでなく海の向こうにもご注目下さい。

2017年09月27日 (水) 18時51分

[1922] 夏の名残を

投稿者:たけ

先日、片貝海水浴場に行ってきました。行ってきたとはいえ、海水浴はとてもじゃないけどできません。。海岸を散策してきました。
海ではサーフィンを楽しむ人だらけで、砂浜では人がまばら、天気は良く風も無かったのですが、波が高く、サーフィンって結構過酷なスポーツなんだなぁと眺めておりました。
波打ち際では、砂浜を少し掘るだけでたくさんの種類の小さな貝を見つけることができ、小さな蟹もちらほら走り、大きめの魚やかつては大きめの動物であっただろう何かの骨が砂浜に打ち上げられていたりと、自然を間近に感じられ、散策を満喫してきました。

ただ、砂浜に打ち上げられていたものは生物の痕跡だけではありませんでした。ペットボトルや洗剤などの空容器、日本語や外国語で書かれたものもあり、プラスチック製品が目につき、海洋ゴミによる汚染が深刻化しているいつかのニュースを思い出しました。
プラスチックが紫外線により劣化、細分化して魚を経由して結局は自分たちに返ってくる。このままだと近い将来、水産資源が自分たちによって絶滅、或いは魚が食べられなくなる。そういった事が起こらないように海をきれいにしていきたいですね。

2017年09月26日 (火) 19時03分

[1921] オヤジの小さな挑戦

投稿者:ゼツ

高校卒業時に普通自動車免許を取得し、3年前に普通自動二輪小型AT限定なる免許を110CCのバイクに乗るために取得しました。
そして現在、その小型AT限定を解除すべく、改めて週末教習所に通っております。

毎週土曜日か日曜日に2時間ずつ教習を受け、先週末8時間の実技訓練と審査を終了し、来週卒業検定の運びとなりました。

教習で世話になってきたホンダCB400の抜群のバランス性能のおかげで、なんとか審査をクリアしました。(若い者には負けん)

それでもあえて言うなら、クランクが苦手でした。(一度エンストしました)
2速のアイドリング走行で侵入し、直角コーナー手前でクラッチ握って減速。コーナー立ち上がりで、クラッチつないで加速。加速して姿勢を整えたら次のコーナーに向け減速。
ハンクラ嫌いのオヤジには、嫌な感じ。4輪の時は、クラッチでスピード調整してはいかん!と教えてもらったはず。

S字、パイロンスラローム、一本橋は、1速ないしは2速固定で走りに集中できるので、この辺りは意外と大丈夫。(一本橋はリアブレーキ引きずり走法が無難と発見した)

時速40キロからの急制動が最後の山でしたが、最初のトライでは、両輪ロックさせながら停止線はるか手前で止まってしまい、これには教官から厳しく叱責されました。
転倒しなかったのは幸いでしたが、かなり危険な失敗でした。あと、止まるだいぶ前からクラッチを握ってしまいます。緊急回避が目的なので、ぎりぎりまでエンジンブレーキを使え!との指導により、躊躇せずにエンストを心がけております。(でもクラッチ握っちゃう・・・)

さて、何を言っても卒業検定に受からないと成功したとは言えません。一発勝負!
礼に始まってバイクに乗る動作の順番(バックミラーの確認を飛ばすな)、安全確認(とにかく首を左右に振っているのだ)、ウインカーを出す指定の場所(出さないより出しっぱなし)、そして、なにより検定コース2通りの暗記(どちらもクランクは右折侵入・S字は左折侵入だ)。技術問題の前に落とされないぞ。

最後、バイクを降りてハンドルを右に切ったら、直立して礼を忘れるな!

しかし、ここまでどの教官も、オヤジの挑戦を笑顔で応援してくれて嬉しかった。
感謝しております。

2017年09月25日 (月) 18時17分

[1920] 野球とゴルフ

投稿者:社長。

 学生時代、硬式野球部に所属していました。
 決して強いチームではなかったのですが、毎日朝から晩まで練習に明け暮れ、それなりに鍛えられました。


 卒業後就職をして配属となった札幌で、新入社員の分際で生意気にも社内の野球チームを作り、取引先に声を掛けて6社のリーグ戦を始めました。
 会社の幹部の方と女子社員には応援を依頼し、野球好きの課長には審判をお願いし、かつ野球が好きな女子社員数名をテレビのある居酒屋に幾度か誘って、スコアの付け方の勉強会を実施して、リーグ戦のチーム成績や個人成績を纏めて、表彰式や打ち上げパーティも企画実行しました。

 まだ仕事も駆け出しの、会社で一番下っ端の社員に、先輩方や取引先が良く対応して下さったと感謝しています。

 良く先輩からは「早く野球を卒業してゴルフをやれ」と言われましたが、「あんな、てれてれ歩くだけの年寄りの道楽なんかやっていられるか」と思い、受け流していました。
 加えて「お前は左利きだから、やるなら右打ちにしろ、ぎっちょが右打ちにすると利き腕がリードしてうまくなるから」という周囲の言葉に反発を覚えたのもあります。
 「左利きが右打ちにすると良いのなら、右利きは左打ちにすべきなんじゃないの」という天邪鬼ぶりです。


 しかるに30を過ぎた頃、ある勉強会で座長の偉〜い方から「みんなでゴルフをしよう、してない奴は練習しておけ」と言われ、どうにも断れなくて(但し急場なので、左打ちのままでやるという大義名分も立ち)デビューをすることになりました。

 ところが、投手から0.5秒で飛んでくるボールを打っていたくせに、止まっているボールがなかなか真っ当に当りません。
 加えてゴルフにはファールがなく、その代わりにOBがある!

 その後はあっという間にあちこちからお誘いを受続けて、お蔭様でゴルフデビュー以来約30年、グリーン上は、幾多の方との懇親や互いの信頼関係を築く場となっています。


 野球とゴルフには共通する理論が数多くあります。
 打者も投手もゴルファーも、力を最大限にボールに込める為に、運動方向に壁をつくること。或いは体を開かない意識、ヘッドアップを戒める、ヘッド軌道は円ではなく楕円である等々です。

 レフティ同士ということでお近づきを得た故川上哲治氏は、野球理論を研ぎ澄ませる為に、ゴルフを始めたということでした。

 他には、テニスにも共通項が数多くありますし、剣道やスキーの動きにも重なるものが色々とあります(野球も剣道も目標に向かって最短距離で振り下ろす)。

 という訳で理屈だけなら、とうの昔にシングルでしょうが、今も止まっているボールに悪戦苦闘して、しばしば自己嫌悪に陥りながらも、仲間と互いに励まし合い、慰め合いながら緑のじゅうたんの上を懲りもせずに歩いています。

2017年09月22日 (金) 18時10分

[1919] 最先端なれど怪しくもある動き

投稿者:バーディー

最近、金融市場で最先端の事柄でありながら何となく理解し難い怪しい?ニュースが話題になっています。

一つは、UUUM(ウーム)という会社の新規株式公開です。
この会社は、所謂「ユーチューバー」関連のサービスを行う会社だそうで、公開後、公開初値の3倍まで高騰し今も高値を維持しています。著名なユーチューバーになると人気タレントの様に何万回も再生され再生回数に応じて報酬が支払われる仕組みで、トップクラスになると億円以上の実入りがあるそうです。
UUUMは、この様な人気ユーチューバーを支援する会社で、同種の会社としては、桑田佳祐や福山雅治などを擁するA芸能事務所(時価総額500億円以上の東証1部上場企業)がありますが、UUUMは、公開1か月も経たない内にこのA社の約半分の価値を実現しました。
芸能事務所なら「ジャーニーズ事務所」をイメージすれば理解し易いので、この分野に疎い私でも何とか理解できる範囲内です。但しGoogleのユーチューブというプラットフォームの上での事業展開なので、不安定な印象は拭えません。

二つ目は、人気ユーチューバーのH氏が、仮想通貨を使った「VALU」という仮想トークン(代用通貨≒個人が発行する株の様なもの)を自分で発行し、同時にそれが値上がりする様な情報を流して上がったところで、高値で売り抜けたため大批判を受け、結局買い戻すという事件がありました。
これを株式の世界で行えば「風説の流布」や「インサイダー取引」に該当する可能性があります。
株式でも債券でもなく、ましてや実物資産の何の裏付けもない個人が発行するネット上の「VULU」なるものが売買されること自体が不思議な感じがします。
一般的に、公募(不特定多数の人から資金調達する)の場合には十分な情報開示と事前審査があるのが普通ですが、何もない「無」から「価値」が生み出されている点、私にとっては理解し難い事象です。
人気のみに依存した金融緩和相場でのバブルかも知れません。

三つ目は、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)です。
これは、ネット世界で法人がビットコインの様な流通性の高い仮想通貨との交換ができる「コイン」を発行し、世界中の不特定多数の人から、資金を調達するものです。
クラウドファンディングの一種で最近、急速に普及しつつある様です。
通常の金融市場であれば、50人以上の不特定多数の投資家から資金を借りる場合は、監督官庁のお墨付きをもらうか、主幹事証券の審査を受けて問題がないかをチェックされて、初めて一般人から資金調達が可能とされるのに、このICOは、その様な制約も全くなく、勝手に法人が事業計画を説明し、それを納得した不特定多数の人からお金を借りることができるという簡便なものです。
規制がないので調達コストが安い上に世界中から調達できるというメリットがあるそうです。

確かに時代の先駆者は、既存の法体系が想定していないことを実行するので、一時的には法律違反となることが避けられない面はありますが、上記の様な実例は、確かに世の中のニーズを先取りしていますが、法規制の抜け穴を利用した点、違法カーシェアや違法民泊に繋がるものを感じます。

今、仮想通貨は所謂「フィンテック」の代表例として脚光を浴びていますが、米国金融界の論客であるJ・D CEOは「全くのバブルで詐欺」と発言し、中国も、仮想通貨の取引所を禁止しました。実際、詐欺まがいのものも多発しているそうです。

この様な中高年の我々には、理解し難い事実が次々と出現しています。この中で、本当に社会の新潮流となるものを見極めていくことが求められているのでしょう。

いずれにしても、上記の様な新しいものを素直に受入れられなくなったと言うことは、やはり、歳を取って頭が頑固になったせいかも知れませんね。

2017年09月21日 (木) 18時20分

[1918] 台風一過

投稿者:さんこん

 
 台風18号が日本列島を縦断して、東京も風雨が収まった18日の朝、台風一過の晴天となりましたが、バルコニーの草花が豪いこととなっていました。能登半島から日本海に抜けるので、東京は雨は降っても風は大丈夫だろうと、台風対策をしなかったためです。


 植木鉢が転び、鉢から抜けてどっかに行ってしまっていたり、特にキュウリは、葉、実が千切れ瀕死の状態で現在は枯れてしまいました。バケツで育てた稲は、バケツが倒れて行ったり来たりしたのでしょう。急遽稲刈りをした次第です。


 地震・雷・火事・親父(大山風?)、諸説あるようですが、怖いものの中に台風も含まれているようです。

 「備えあれば憂いなし」を実感した週末でした。

2017年09月20日 (水) 18時49分

[1917] 研修旅行

投稿者:めんたいこ(娘)

第50期上期の「活躍大賞」「貢献特別賞」を西新チーム
として頂戴し、週末上京させていただきました。
本来ならば単独「のぼせもん」さんが賞に値するご活躍
だったと思いますが、勤続年数だけがずば抜けて長い私が今回、東京研修旅行をさせていただいた次第です。
(恐縮しすぎて痩せそうでした・・・^_^;)

少し緊張していたはずなんですが、本社に着くなり
安心してしまったのでしょうか・・・
非日常に心ウキウキ楽しくなってしまったようでした。
ランチ(研修)も物件検分も総務経理研修も・・・
何もかもが新鮮でとても楽しい一日でした。
もちろん、夕食のおもてなしもスンバらしかったです。

翌日は、「プロ」さんの案内でスカイツリー・浅草寺・雷門を観光しました。
おかげさまで心の充電が満タンになりました。
(ひとつだけ、「舟和」の芋ようかんを賞味期限を気にして買わなかったことだけが心残りです)

台風18号の進路状況にヤキモキしながらも結局は順調すぎるほどの一泊二日の研修旅行となりました。

これもひとえに私の普段の行いのおかげ?
いえいえ、社長をはじめ本社の皆様のおかげでございます。

お世話になり、ありがとうございました!!
西新チームこれからもがんばります!!


2017年09月19日 (火) 14時23分

[1916] 琴の調べ

投稿者:のぼせもん

あれだけ暑かった今年の夏は今では朝夕とひんやりし、
秋が近ずいているのを感じる季節に成って来ました。

秋も深まって行くと冬に、庭の植込みは植替え時期に入りますが、
その前に、神社、仏閣等に存在する『水琴窟』に興味があり、是非に来春までに完成させたく構想を練っている段階で、お茶の嗜みはないのですが、
自然の水音を自宅の庭でも楽しみたく作る前からわくわくとしています。

2017年09月15日 (金) 13時39分

[1915] 9秒98

投稿者:ペナント

先日の日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で、桐生 祥秀選手がついに日本人初の9秒台を記録しました。
伊東 浩司選手が保持していた10秒00の日本記録を19年ぶりに更新したそうです。

現在の男子100メートルは有望な選手がたくさんいてリレーではメダル圏内にいます。
これからどんどん9秒台を記録する選手が出てくると思いますので今後も楽しみです。

東京オリンピックでの活躍も期待できると思いますので応援していきます。

2017年09月14日 (木) 19時04分

[1914] 給湯器!

投稿者:シュークリーム

先日、自宅の給湯器が壊れました。
竣工以来取替えていないようですので、かれこれ20年以上経過していました。

何の前触れもなく、急にお湯が出なくなってしまったのです。
自宅のすぐ近くには銭湯がなく、出かけていくのも億劫だったので、水風呂で済ませました。ちょっと前まで残暑があれほど厳しかったというのに、この事態に陥ってからみるみるうちに気候が秋めいてきて、水風呂も少し覚悟がいるようになってきました。

いつものようにお湯が出ると思っていた3歳の娘の悲鳴が、お風呂場から聞こえてきます。さすがに可哀そうだったので、娘と主人は週末に主人の実家へ緊急避難(・・・をかねてじいじ、ばあばに会いに)をさせてもらいました。(私は家のことをしたかったので、水風呂に耐えて留守番です!)

季節的にはそれほど寒くありませんが、給湯器が使えないとなるとちょっとしたストレスも感じます。業者や管理会社とのやり取りを繰り返し、1週間程度の水風呂生活・・・。修行でもしているような気になってきます(汗)。

紆余曲折を経て、現在は漸く正式に給湯器が取付られ、再びストレスなく給湯器が使える生活を享受しております。

当社では、現在まさに住居系物件の一部で、まとめて給湯器の交換を行っていますが、壊れる前に交換してもらえるなんて羨ましい限りです!!

2017年09月13日 (水) 17時53分






Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板