106245

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[2342] ようやく・・・

投稿者:めんたいこ(娘)

きのう 今日と 福岡は気持ちの良い快晴ですが
明日から雨模様が続きそうです 
九州北部もようやく梅雨入りするようですね・・・

農家の方が待ち望んでいる恵みの雨でありますよう、
昨年のような災害が起こらないよう祈るばかりです

さて、梅雨空で蒸し暑くなってくると、またビールの
美味しい季節ですね・・・
先週末 久しぶりに息子が帰省してきたのですが
ビールを飲むわ飲むわ・・さすがの私もびっくりです!(*_*)
遺伝でしょうね・・・思いやられます(涙)

なんでもオリンピックのチケットが当選したらしく
立て替えて欲しいと言うではありませんか
「来年就職して早々休めるのか?」
「東京泊まるところあるのか?」

「まぁなんとかなるやろう・・せっかく当たったんだから」

「そんなこと言って今まで返してもらったこと一度もありませんから!」
さぁどうしましょうか?
息子が行けなくなっても私が行けるのならいいのですが
申し込んだ本人しか行けないと言うし・・悩むところです。

2019年06月25日 (火) 14時20分

[2341] 結果

投稿者:ペナント

前回のブログでご報告しました、東京オリンピックの抽選が6月20日に行なわれました。
いろいろなメディアで当落の報告がありましたが、私は残念ながら全て落選となってしまいました…
この後は、今年の秋頃と来年の春頃に発売があるそうなのでそちらで頑張ってみます。

今回の抽選ではどの競技も組合せが決まっておらず、見たい選手やチームがどのあたりに出場できるか憶測で申し込まなければならないことや、当選した場合は「全て購入」か「全てキャンセル」かの二択しかなかったので、かなりきつい条件だなと思いました。他の国での開催時もこんな感じなのでしょうか?


また話は変わりますが、先日NBAのドラフトが行われ、一巡目の9位で八村 塁選手がワシントン・ウィザーズから指名を受けました。
一巡目上位での指名は確実視されていましたがすごい快挙です!
チームでも早いうちに活躍してくれるといいですが、今年のワールドカップ、来年のオリンピックでの活躍も期待しています。
しっかり応援したいと思います。

2019年06月24日 (月) 18時26分

[2340] 交流戦優勝はどのチームだ!?

投稿者:もなりー

交流戦も残り1カードとなりました。

個人的には今年の交流戦は楽しいなーと思いながら毎日過ごしています。
全体的にも接戦やシーソーゲームが多く、盛り上がっている気がします。

今日からの最終カードでは現在交流戦1位のソフトバンクと2位の巨人が対戦します。とても楽しみです。

良い週末になりそうです。

2019年06月21日 (金) 17時25分

[2339] とけい

投稿者:シュークリーム

巷では小学2年生の女の子が書いた、小学生になるまでにやるといいことを紹介した絵本が話題になっているようですが、娘の保育園でも、いよいよ来年に迫った小学校入学に向けて、さまざまな指導が始まりました。

例えば、きちんと人の話を聞けるようになること、スケジュールに沿った活動をできるよう、時間を意識すること(食事、お手洗い、早寝早起き等)、自分の名前を書けるようにしておくこと等です。

ひらがなの読み書きはだいぶできるようになりました。人の話を聞くというのは、時間が長くなってくると集中力が続かず、よそ見をしたり、無駄話を始めたりしてしまいます。そして、それにも増して苦手なのは時間を意識することです。

家庭でも時間を意識するよう促していますが、すぐに横道にそれてしまい、物事がスムーズに進むことは極めて稀です。挙句の果てには「私はそういうの嫌い!」と言って怒りだす始末…。まだ時計がきちんと読めるわけではないので、尚更関心がないのかもしれません。

少しでも時間に関心を持ってもらいたい…ということで腕時計をプレゼントしました(といっても、某雑誌の付録です…)。文字盤には、ミッキーの絵柄とともに何分かがわかるよう5分刻みで数字が入っています。大人向けのものでしたのでサイズは少々大きいようですが、本人は一人前にでもなった様子で、それなりに気に入ってくれたようでした。

大きい数字がまだ怪しいのでその特訓を続けつつ、まともに時計を読めるようにして、時間をもっと身近に感じてもらいたいと思っています。

それにしても、最近は就学前にやっておかなくてはならないことが、随分いろいろとあるのですね…。自分が子供のころからあったのでしょうか…?

2019年06月20日 (木) 08時49分

[2338] 乱視

投稿者:プロ

初めて度入り眼鏡を作ることにし、先日眼科で処方箋を出してもらいました。

右目だけ乱視が入っているとのことで、道理でここ数年ものがブレて見えるわけだと合点がいきました。この10年間、目の調子はいまひとつなのですが、疲れ目の原因はドライアイ・左右の視力差・乱視(・ついでに紫外線等による水晶体の老化)と言えそうです。
肝心の「最近やたら世界がまぶしく感じられる」現象は、眼鏡屋さんでは乱視の影響もあると言われました。健康診断の視力検査だけでは分からないものですね。

悩んだ末、まずは軽い視力矯正眼鏡を1本作って前出の原因除去を試みることとしました。
そしてパソコン・スマホもほどほどに、ですね。

眼鏡選びについては、レンズは非球面とか調光とか、フレームは○○チタンだとかなんだとか、色々あるんですね。眩しさ対策で2本目を作るなら、今度はそのあたりもこだわってみたいと思います。

2019年06月19日 (水) 18時19分

[2337] 冷凍

投稿者:ニーナ

どうもニーナです。

最近密かに(自分の中で)ブームになっているものがあります。
それは、フルーツを凍らせて食べるというものです。

今の時期は暑いうえに、湿度が高く、漫画のように部屋の隅にへんなきのこでも生えてくるのでは?と思うほどのジメジメ感と戦っています。

そうなると必然的に喉越しがいいもの、冷たいものが欲しくなります。
なので、アイスが食べたいのですが毎日アイスを食べていたら体に悪そうだし、と
いい解決策に出会えてなかったのですが、この間スーパーで冷凍ブルーベリーを見つけこれだ!と衝撃が走りました。

冷凍したフルーツなら体にも暑さにもいいのでは?という事で早速購入、毎晩食べています。凍らすとカチコチで食べられないかなと思っていたのですが、実際はシャーベットみたいな食感です。
なのでパクパク食べています。最近はブルーベリーの他にバナナやリンゴみかんなどを凍らせています。

これから暑い季節になります。
今年の夏はフルーツパワーで乗り切りたいと考える毎日です。

2019年06月18日 (火) 18時08分

[2336] 世界の離乳食

投稿者:小太郎

先週末に、実家に遊びに行きました。
といっても、私の実家は近距離なので遠方へ出かけた訳ではないのですが、子連れだとそれなりに大変です(笑)

実家が中華街の近くなので、みんなで中華を食べました。
久しぶりの中華はとても美味しくて幸せでした!!!

子供は肉まんの皮の部分のパンのようなものを食べていました。
美味しかったようで、美味しいの動作を何度もして大喜びをしていました。

その様子を見てふと、中国の子供は離乳食に中華粥とかこうゆう蒸しパンを食べて育つのだろうな〜と思い、
離乳食というジャンルにおいても、各国の離乳食料理のようなものがあるのだろうか・・・と気になりました。

もっとも気になるのは、パンやパスタが主食の国での離乳食初期の炭水化物は?です。
離乳食向けのパスタが実はあったりするのでしょうか?こだわりのアルデンテはあきらめてクタクタに茹でる?
もしや、じゃがいもなのかな?など思考を巡らせていました。

最近は外国の方達も多く住む日本ですし、「世界の離乳食」をベビーフードで売り出したらおもしろいんじゃないかな?
などなど、食文化は深いな〜と感じた週末でした。

2019年06月17日 (月) 15時04分

[2335] タピオカ

投稿者:チャロック


 暑い日が続いていたと思ったら急に涼しくなったりと、気温の変化に体が追いつきません(笑)風は涼しくても、照りつける日差しは焼けるように熱く、私はこのちぐはぐな感じがあまり好きではありません。吹く風が少し乾燥しているため、紫外線でダメージを受けた上に、乾燥までしてしまうので、肌ストレスがいつもより激しいと感じてしまいます。

さて、今日はここ最近また流行っているタピオカについて話をしたいと思います。いまや知らない人はいないタピオカドリンクですが、最初にブームが起きたのが、1992年、次が2008年で、今、第3次ブームが起きているわけですが、1992年はバブルの崩壊の最中であり、2008年はリーマンショックの年のため、タピオカがはやると株価が暴落するのではないかと、噂が出ているようです。こういった、具体的な根拠や理論をもって説明することはできないものの、経験則上よく当たるといわれる物事のことを「アノマリー」というそうです。

タピオカと不況が関係しているかはわかりませんが、タピオカが流行っているのは実感します。どこに行ってもタピオカのお店が目につき、ふと、すれ違う人を見れば、片手にはタピオカドリンクです。私自身、タピオカドリンクは、コンビニで売っている物しか飲んだことがなく、お店の物と変わらないだろうと思っていましたが、専門店の物を飲んだ事がある人から言わせてみると、全く違うそうです。そこまで言われてしまうと、少し気になってきたので、今度、専門店のタピオカドリンクを飲んでみようかと思います。
皆様も第3次タピオカブームにのってみてはいかがでしょうか。

2019年06月17日 (月) 08時26分

[2334] シュミレーションゴルフ

投稿者:こびん

バーディーさんの先日の投稿でお話がありましたように弊社でゴルフ同好会が発足し、私も一会員として参加することとなりました!
ゴルフ経験は、父親がゴルフをやっており、学生時代に練習場で軽く打ちっぱなしをした程度のため、ビギナーです。
これから練習を重ね、まずはラウンドデビューできるくらいには達したいですね。

つい先日は、友人と新宿にあるシュミレーションゴルフができる場所に行ってきました。
大画面のプロジェクターに3Dのゴルフコースが映りだされ、その画面に向かってボールを打つとセンサーが感知し、画面のスクリーンのボールが飛んでいきます。
インドアにいながら、実際のゴルフプレーをしているかのような体験ができます。
ゴルフクラブやシューズ、手袋なども事前に用意されてるため、手ぶらで行ってプレイ可能です。

川奈のゴルフコースを選択し、4人でワイワイやりましたが皆初心者のため、ダブルパーで強制終了ばかりでしたが、かなり楽しめました。バーと併用されてる施設のため、お酒も飲みながら仲間内でやっている方がかなり多かったです。
弊社の運営ビルにもあったら良さそうですね!

2019年06月13日 (木) 18時04分

[2333] 愛しきクルマ

投稿者:ご学友


クルマが好きだ、クルマはカッコイイ、クルマは速い、クルマは美しい、クルマは楽しい、クルマは自由だ、クルマは最高だ!

小4の夏盲腸の手術で2日入院した私は、病室でこの世の終わりとばかりに意気消沈していた。
そんな、愚息を不憫に思ってか、それとも気紛れか、我がオヤジは、退院の日、病院の玄関先に僅かに微笑みながら立っており、傍らに少年用サイクリング車が有った。
退院祝いとは大袈裟な事だったが、当時の私には正しく夢が降って来たと、狂気乱舞して愛車に朝晩乗りまくり、終いには手術で縫合した所が口を開き、再手術となった。

愛車を手にした少年の行動範囲は一気に広がり、時には闇雲に走り回り自分の現在地と自宅への帰り道が分からなくなり、交番で迎えに来る母を待つという大失態まで引き起こした。
愛車(軽車両)との付き合いが始まって1年程した初夏の週末に我が家に初めて本物のクルマが来た。
オヤジが手に入れた初めてのクルマは、燻んだ赤のトヨタカローラの中古車、2ドアセダン、カローラデラックスであった。
愛しきクルマの旅は、次回に続く。

2019年06月12日 (水) 18時07分

[2332] 梅雨ならではの

投稿者:ヘイルメアリー

いよいよ関東においても、6月7日に梅雨入り宣言が発表されました。
毎年のことですが、仕事で外出することが多い私にとっては煩わしいことこの上ありません。

一方で梅雨は紫陽花が咲く季節でもあり、とても楽しみにな季節でもあります。
紫陽花は、植わっている土が酸性かアルカリ性かで花の色が変わると言われております。
土壌が酸性であると、土中に含まれるアルミニウムがイオン化して化学反応することで花が青くなり、逆にアルカリ性であると赤くなるということです。
但し、紫陽花にも複数種類があるため、物によっては色が変わらなかったり、また花の年齢が経つと土壌が酸性でも赤み掛ったりすることがあるそうです。

ちょっとした豆知識を踏まえつつ、日本の四季折々の風景を楽しみたいと思います。

2019年06月11日 (火) 18時49分

[2331] 社員旅行

投稿者:みっくん

当社の社員旅行は、普段なかなか体験できないことが盛りだくさんです。

今回、私は志摩方面は初めて(行けて松坂)でした。関東地方からだと車でもなかなか行きづらいこともあり、嬉しかったです。

詳しい旅行記はこのブログでほかの皆さんがご披露なさってますので、私は瓢箪から駒のお話を。

うっかりホテルからの送迎バスにカメラの三脚を忘れてしまった私は、ホテルのご厚意により、鳥羽駅まで次の便で届けて頂きました(ありがとうございました)。

観光チームに戻るにしても時間が半端になってしまった私は、鳥羽駅で集合時間までぽつねんとしていたのですが、ふと前を見ると「鳥羽マルシェ」という食品関係のお土産屋さんが。

中を覗いてみますと新鮮な海産物・農産物が所狭しと並んでいて、こちらで売っていないものも多く、勉強になりました。

「的矢牡蠣」というブランド生牡蠣が殻付きで売っており、結構な良型だったため、牡蠣好きの家内の為、4個買って、山盛りの氷と共に持ち帰りました(激重)。

家でその日のうちに剥いて食べましたが、ぷっくりとして滋味あふれるお味。キリっと冷やしたシャブリ....はなかったので、カヴァに合わせて頂きましたが素晴らしいマリアージュ。大変好評でした。

少しでしたが、地産のものを味わってもらえて良かったです。

次回の社員旅行は連れて行ってもらう意識ではなく、自分が連れて行くんだ、という気概で仕事に臨み、新たな食材と出会いたい、と思いました(北海道のアスパラガスも絶品だったなぁ)。

2019年06月10日 (月) 18時18分

[2330] ゴルフ同好会

投稿者:しずく

バーディさんのブログで触れていました「ゴルフ同好会」に私も参加することといたしました。

というのも、ゴルフを始めて4年がたちますが1度もスコア100を切ったことがなく、それ以上に最近は悪化する一方だなと感じ、同好会発足はまさに今の私にとって悪い流れを変えるチャンスと捉えております。

娯楽としてのゴルフですが、当社にとっては会社主催のコンペもあり、お取引先との関係を築くための社交の場でもあるので良い意味で話題が作れるような実力をつけなければいけないと毎年コンペの時期になると感じておりました。

せっかく同好会に参加するので、年内中に100切りを達成することを目標に練習に参加したいと思います。

2019年06月07日 (金) 19時05分

[2329] 社員旅行

投稿者:ゼツ

日本の誇りを味わい尽くす旅とでも申しましょうか。

本州では、伊豆半島から西へ行かない私は、東海道新幹線も小田原まで行って以来の乗車。300キロ近くのスピードを出して尚、走行音の静かな事、揺れが少ない事など、早くも日本の高速鉄道技術の確かさを、初日の朝から味わっております。しかも、「のぞみ」は10分間隔で走っているなんて。

浜松通過時に、車窓からスズキ・ヤマハの社屋を拝むことが出来て、心が躍りました。本社はありませんが、ホンダの歴史も浜松からスタート。2輪の聖地、浜松も日本の誇りです。(私の愛車はヤマハ。そういえばゴルフのアイアンセットもヤマハ)

三河湾が一瞬見えたときも、感動しました。小さな島影が沢山浮かんでおり、東北の松島を思いだします。500年前、少年時代の秀吉が乞食に身を落として三河を放浪していた時も、同じ景色が見えていたのでしょうか。

日本の信仰文化の頂点である熱田神宮・伊勢神宮。杉の巨木に、数千年の信仰の歴史を感じます。この間の信仰を守る人たち、支える人たちそのものが日本の誇りと私は思うのです。

そして、ある意味前衛的な名古屋の食を楽しみ、最終日は和牛の極みの一つを堪能しました。

うなぎにキャビアを乗せて一緒に食べて良いのでしょうか。(美味過ぎる!)

すき焼きとは鍋物という関東の常識を覆してくれた、名店のすき焼き(美味過ぎる!)

言われるほどフニャフニャじゃない伊勢うどん。

名古屋弁で言うところの「きしころ」(冷たいきし麺)ダシが美味い。

意外と複雑な味の味噌煮込みうどん。うどんの硬さは、富士吉田の吉田うどんにも勝る。

しかし・・・・色々食べ過ぎました。

2019年06月06日 (木) 12時56分

[2328] 心に残る旅

投稿者:社長。

 本日は当社社員を対象とする、顧問弁護士による改正民法の勉強会が、当社内でこの後たっぷりとありますので、ブログ当番も早めにその役目を履行することと致します。


 さてここまでのブログにおいて、既に多くの方が、今回の社員旅行に触れています。
 今回の旅は、それだけ心に残るものであったという事と素直に受止め、大変嬉しく思います。

 旅行に行く前に社員の方々には、旅先で留意して戴きたいことをお願いしておきました。

 今回は行く場所も特別で、いわば我々の民族の歴史の源流を訪ねる企画ということでもありましたので「是非楽しんでは戴きたいが、単にはしゃいだり騒いだりするということではなく、もっと奥深く味わう楽しみ方として欲しい」と申し上げました。

 勿論、私が言わずとも、伊勢神宮や熱田神宮がどの様な場所であるということは社員の方々も当然承知していましたので、旅程においては、自然と皆の心も落着き、かつ旅先の一つ一つの出会いや事象が、心に沁みるような時を全員で過ごすことができました(2泊目の夕食後の宿泊先では、カラオケで賑やかに楽しむ方々もいましたが、社員同士の非日常的懇親として、当然これは良い企画でした)。

 それにしてもやはり、伊勢神宮はとりわけ威厳がありますね。
 今回、内宮では、めったに経験することの出来ない、伊勢神宮の御神楽を堪能することも出来ました。


 最終日のお昼は、松坂牛の本場における名店中の名店「和田金」で会食をしました。
 以前ここを訪れた際に、お店の味覚と風格そのものを、是非社員の方たちにも味わって貰いたいと考えておりましたので、今回それが実現できて安堵しました。

 その和田金において「これからは、社員旅行に連れて行って貰うということではなく、自分自身が他の人たちを連れて行くんだ、という気概と心構えを持って、お一人お一人が日常業務に臨んで戴きたい」と偉そうな話をしましたが、この言葉を多くの方が覚えてくれていて、帰京後に口にしているのを聞き、大変嬉しくかつ有難く思いました。


 そのような訳ですので、来年は社員の方たちに、私が旅行に連れて行って戴くという心持ちで、日々臨んでいきたいと思います。
 それが実感できた際の旅先のお酒はどれ程美味しいのか、今から楽しみです!

2019年06月05日 (水) 15時18分






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板