108244

社員全員、交替で毎日書きます「Shinko-Blog」。
多忙な合間を縫って近況のご報告を致します。頑張ってますので応援してください!

[2403] 夏の旅(前回の続き)

投稿者:ゼツ

前回に続いて、夏休みキャンプツーリング3日目と最終日をレポートします。その前にお世話になったキャンプ場のブログを貼り付けておきます。karama2.net/archives/1075446795.html

「前日ソロでお見えになったライダー」とは私の事です。
このブログの通り、2日目の夜は示し合わせて集まってきた仲間達と宴会でした。

さて3日目の朝、一日遅れで尾瀬に行く仲間達を見送り、キャンプ場の管理人さんに再訪を約束して、酷道352号線を新潟へと向かいます。

福島・新潟の県境から始まる樹海ラインは長い九十九折と、洗い越し(道路を小川が横切っている)の連続で、加速・減速の繰り返しに左腕がバテます。

その樹海ラインから枝折峠を越えて南魚沼、十日町、津南とつないで長野県の秋山郷に入りましたのは既に夕方。
この秘境は、日本の秘境100選、言語島、2012年になってテレビ全局視聴可能となった等、色々と伝説的な秘境です。

秋山郷の最深部に切明温泉があります。シャベルで河原の石を掘り起こすと温泉が湧き出てくるという、ワイルドな温泉です。
ぜひとも大きな穴を掘って浸かりたかったのですが、水着着用のルール。考えてみれば当たり前の事でしたね。持っていないので撤退。そんなことで、村内の「のよさの里」という露天風呂で汗を流しキャンプ場へ。

そして、夜中・・・・。テントのフライシートを何者かが擦っているような音で目が覚める。まさか熊!と鼓動が跳ね上がり思い切ってランタンをつけるが、息遣いが全く感じられないので動物じゃないと判断。それでも恐る恐るジッパーを開けてテントから顔を出しライトを当てると、大変立派なミヤマクワガタの姿がありました。
少年時代の自分なら喜んで持ち帰るところですが、現代では大変貴重なクワガタですので木に戻し、ゆっくり休ませてもらいました。

4日目、秋山郷から雑魚川林道という勾配のきつい林道で奥志賀高原に向かう。奥志賀からさらに渋峠まで上り、草津温泉に寄る予定でしたが峠で検問。白根山はバイク進入禁止(火山ガスの影響らしい)ということで草津へ下ることは許されず、万座温泉方面に誘導される。

どうしても温泉に浸かりたかったので、万座温泉で休憩。万座のお湯も良いものですね。草津より刺激が少ないから長い時間浸かっていられます。

万座から灼熱の渋川に降りてきて、焼肉「あおぞら」の定食。群馬に行ったら「あおぞら」の焼肉定食が定番。スタミナ付けて関越自動車道で一気に帰宅いたしました。

4日間の総走行距離800キロ。毎日温泉に浸かってリフレッシュしてきました。

2019年09月20日 (金) 18時04分

[2402] 米国企業の変身?

投稿者:バーディー

先日、日経新聞に「米国のビジネス・ラウンドテーブル(日本でいう経団連)が、株主第一主義を見直した」との記事が掲載されていました。その概要は、以下の通りです。

これから米国企業は、株主以外の全利害関係者への約束として、@顧客重視、A従業員へは公正な報酬支払や福利厚生の提供、B取引先へは規模の大小を問わず良きパートナーとして扱う、C地域社会へは持続可能な事業運営で環境を保護する、そして最後にD株主へは長期的な株主価値の創造に取り組む、の5つを基本理念とすることを宣言しました。

この提言は、金融界きっての論客と言われるJPモルガンのダイモンCEOや医薬家庭用品のジョンソン&ジョンソン(J&J)のCEOらが中心となって纏めたそうです。
因みにJ&Jには昔からこれと同じ様な会社の「信条」があり、その中でも第一に顧客重視の他、いろいろなステークホルダー(社員・地域社会・全世界等)への責任を果たした上で、最後に株主への健全な利益と配当責任があると定めています。
 
この様な米企業の変身?の背景には、「行き過ぎた株主第一の資本主義」を修正し、社会全体との調和を図らなければ、米国内で高まっている諸批判に耐えられなくなるとの判断がある模様です。

今まで米企業は、「会社は、主に株主のために存在する」との原則で、社員や国或いは地域社会にはなるべくその利益の還元を少なくし、株価至上主義、高額な株主配当金を支払ったり、CEOへの超高額報酬を付与したり(時に数百億円超)、富裕層向けに相続税を非課税か低税率にしたり等の改正を行って来ました。

リーマンショックの頃にはウォール街では所謂「強欲資本主義」が蔓延し、株価暴落の引き金を引いた人達が、責任追及されることなく、金融機関が公的資金で救済される等の無責任や傲慢さを露呈しました。
一方、労働者の給料は、いわばコストとして認識され、「資本家への分配>労働分配率」の原則が当たり前で、グローバル主義の敷衍と相まって、世界中で貧富の差が拡大しました。

その様な中で、米国では、ミレ二アル世代(1980年生れ以降の世代)が社会の中心的な存在になり、彼らが、「金儲けより社会貢献に関心が高い」ことから、今回の様な方針変更があったとの解説がなされています。
また、「ミレ二アル世代は、アクティビズム(積極行動主義)の人が多く、自分の考え方に合った集会や抗議活動に積極的に参加するなど行動力のある人々が増えている」様です。

更に、大統領選挙で民主党のサンダース候補の様な社会民主主義者が経営者の高給批判や富裕層税等を提唱していること等の政治的な背景もあります。

上記の宣言に対し、機関投資家協会からは、「資本主義は株主のためにある」との主旨の批判声明が出ている反面、一般国民からは、「すごい、いいね」という声もある一方、「どうせ表面的なポーズですぐに本性が露呈する」という冷めた反応もある様です。

嘗てブログで書いた原丈人さんという経済人が提唱する「公益資本主義」という考え方でも「会社は社会の公器であり、株主は勿論のこと、従業員、取引先、社会など企業を取り巻くすべての関係者に報いる経営を行わなければならない」と提言していますが、米国でも漸く公共的な企業論が出てきたものと歓迎したいと思います。

日本には、昔から近江商人の「買い手よし、売り手よし、世間よしの三方良し」の商道徳が存在し、徒に儲け主義に走ることなく、職人気質の仕事全般に係る品質への拘りと適正な利潤、社会全体への還元精神がある程度根付いているのではないかと思われます。

更に、最近は、世界でも、国連が主導する世界共通目標である「持続可能な開発目標(SDGs:貧困の撲滅・平等他)」や国際金融資産運用の世界でもESG投資(環境・社会・統治の3つを重視する企業等への重点投資を促す運用の考え方)が広がりつつあります。

この様な「企業=稼ぎ(利益)=株主への分配」ではなく、「企業=社会全般に貢献できる存在」として脱皮して行くことが求められているのではないでしょうか。
引き続き、米国経営者の動向に疑念を持ちつつ関心をもって見守りたいと思います。

2019年09月19日 (木) 18時32分

[2401] 今年のプロ野球

投稿者:さんこん

 今年の6月のブログで、プロ野球珍記録について書かせてもらいました。巨人の高木京介投手が、プロ初登板から連続無敗戦試合記録が164試合で途切れた。次に可能性があるのが、日本ハムの公文克彦投手の139試合で続いているという内容でした。

 その公文投手が、8月29日に165試合負けなしの、日本記録を更新し、昨日までに172試合まで記録を伸ばしています。


 セ・リーグは、巨人で優勝が決まりそうですが、パ・リーグは西武の驚異的なねばりで、ソフトバンクとどちらが優勝するか分からなくなってきました。11月にプレミア12の試合があるので、試合の日程が1週間前倒しになっており、この時期でも試合間隔が開かずに間延びしないのがいいですね。

 ところで、今年のプロ野球で、私の一番気になることは、セ・リーグの新人王争いです。ヤクルトの村上宗隆内野手が35本塁打、94打点(セ・リーグ2位)(高卒2年目の本塁打記録は、中西太さんの36本塁打)、一方阪神の近本光司外野手は、150安打、33盗塁(セ・リーグ1位)(セ・リーグの新人最多安打数は、長嶋茂雄さんの153安打)。共に高レベルの戦いをしています。どちらが新人王をとっても立派な記録だと思います。


2019年09月18日 (水) 18時36分

[2400] 3連休と東京の台風

投稿者:たかさん

福岡ではこの3連休は暑すぎるぐらいの晴天でした。また引越等の立会い等で仕事場に行くこともなく、ジムに行く、図書館に行く、食事に行く以外は部屋で溜まったビデオと読書でゆっくり過ごしました。さすがに昨日は天神に映画を見に行きました。(苦笑)三谷幸喜監督の「記憶にございません!」で三谷ワールドのコメデイで楽しみました。

でも、千葉ではまだまだ停電や水道等問題が山積みのようで、たかさんの前職の会社が運営してる千葉のゴルフ場も停電や倒木で営業が出来ない日が何日かあったようです。たかさん自身も千葉のゴルフ場近くに5・6年前に住んでいたので、今日友人からのラインで状況を知り、他人事とは思えない気持ちです。

ニュースを見る限り、1週間たってもライフラインが普及せず日曜日からまた強い雨風で、本当大変だと思います。週末の3連休も雨の予想。自然の恐ろしさを改めて思い知らされた気がします。

千葉の方々が一日も早く普通の生活に戻れることを願うばかりです。

2019年09月17日 (火) 14時56分

[2399] 余暇の活用

投稿者:のぼせもん

先回と先々回のブログに書きましたが、
夏野菜は中々の出来栄えでしたが収穫時期も終わり  今年は例年になく雨量が短期間に集中し、野菜畑は畝は崩れ側溝は土砂で埋まり畑の環境を整えつつ冬野菜の準備中です。
2件目は、休日での玄関アプローチ、駐車スペースのコンクリート板敷きですか、概成とはいきませんが3分の1程度中々、西日のあたる猛暑での作業水分を取りながら熱中症を予測しながらやってはいましたが
『あれ〜』手の間隔、間接に違和感あり、視界が、 『いや来ました』速やかに自分なりの処置をしながら作業を継続し、この日は早めの入浴を済ませ後はビールで一人乾杯・・・といった具合で余暇を楽しんでいます。

2019年09月13日 (金) 10時41分

[2398] 秋の気配

投稿者:めんたいこ(娘)

九月に入っても残暑が続いて少々バテ気味でしたが、
今朝の福岡はやっと秋めいてきたかのようです。
一駅のウォーキングも今朝は風が心地よく爽快でした。

最寄りの地下鉄西新駅の出口すぐにイチョウ並木が
あるのですが、今週あたりから銀杏の実が落ちていて
自転車や人に踏みつけられてつぶれていたりして・・
人目がないなら拾いたい気もあるのですが・・・・。
タクシー乗り場でもあるのでできません。

殻つき銀杏を紙封筒に入れてレンジでチンして塩ふり
かけてビールのつまみに最高なのに・・・

これから涼しくなるとやっと食欲の秋に突入ですね。

2019年09月12日 (木) 13時52分

[2397] M9

投稿者:もなりー

セ・リーグでは昨日、巨人の優勝マジックが9で再点灯しました。

さらっと書きましたが、そうです。再点灯です。一度は点灯したマジックがその後の連敗により消え、昨日再び灯ったわけです。そう簡単に優勝はできません。

昨日のヒーローインタビューでは、岡本選手がマジックを減らしていくことを「初めての経験なので」と発言しており、ああそうか、岡本選手は優勝経験がないのか、しばらく優勝から遠ざかっていたしなあ、と改めて思いました。
こういう風に若手に経験がないときに、阿部選手のようなベテランがいると安心します。

最短での優勝は3連休中の15日だそうです。16日までは東京ドームでの試合なので、せっかくだから東京ドームで優勝できるといいですね。


2019年09月11日 (水) 15時27分

[2396] ランドセル

投稿者:シュークリーム

長女が来年小学校にあがるため、ランドセルを購入しました。
私が子供の頃は女の子は赤と決まっており、デザインも至ってシンプルな物が主流(いえ、寧ろそれしかありませんでした…)となっていましたが、今は色とりどりで趣向を凝らしたランドセルが売られています。

色もデザインも様々で選ぶ楽しみが大いにありますが、就学前の子供に自由に選ばせてしまうことに不安を感じていた私は、段階を踏んで本人の希望も確認しつつ、あまり奇抜な物を選ばないよう、それとなく誘導をしてきました。何せ6年間(おそらく人生で1番変化に富む)も毎日のように使うのですから…。

年明けにフラッとランドセル売り場に立ち寄った際は、娘は主にパステル系のかわいい色に注目していました。薄い色は可愛いのですが、汚れが目立ってしまいます。きっと3年も経てば、薄汚れてしまい愛着を失うことでしょう。

初夏の頃、再びランドセル売り場に立ち寄った際、娘は赤を希望していました。この時に初めて、試しにいろいろなランドセルを背負ってみたのでした。確かに赤いランドセルはよく似合っていました。私自身も赤いランドセルを使っていました。本人も気に入っているし、赤でいいのではと思っていました。

しかし、大事なことを思い出したのです。低学年の内は赤いランドセルに何の抵抗もありませんでしたが、高学年になったとき、比較的成長が早かった私には赤は子供っぽく感じて、背負って通うのが嫌だったということを…。

このことを娘に伝えたところ、あっさりと納得。また、某テレビ番組で有名子役のランドセルの色がブラウンだったことを知ると、「濃い色がいい!」とのこと。ブラウンの他、ネイビーや黒まで候補にあげていたのでした。これまで気になっていた赤も含め背負い比べをし、悩みに悩んだ末に決めたのは…ブラウンでした。

本人は、「やっぱり、これしかない!」と納得してくれていたようです。

自宅に帰ってからは、急に「学校スイッチ」が入ったようで、本を数冊持ち出してひたすら音読をしていました。とても待ち遠しいようです。

2019年09月10日 (火) 08時57分

[2395] 備え

投稿者:プロ

今朝は台風通過のため、都心はやはり大混乱でした。
電車も前日には計画運休の情報が出ていましたが、そうなると、「普段とは違いみんながこう動くだろうから、どのタイミングでどうすれば最良か…」と、情報の読み合いでちょっと疲れもします。
今朝の自分の判断は最良ではないかもしれませんが……隣の駅まで歩いたので健康にはとても良かった!……ので、良しとします。

ちょうど昨日、日曜日は、自宅の非常食の賞味期限チェックなどをしていました。
「備えあれば憂いなし」という言葉がありますが、最近の災害では、なかなか備えても憂いなしとはいきません。
それでも想定できることはし尽くして、有事の際には、最良ではなくとも適切な判断ができるようにしておきたいと思います。

2019年09月09日 (月) 17時41分

[2394] オーライ!!

投稿者:ニーナ

どうもニーナです。

先週大阪に行く機会があり、行ってまいりました。
7時50分発のぞみに乗るために5時ぐらい、遅くても5時半ぐらいに起きて、最寄り駅の電車6時半ぐらいだったでしょうか、家から駅まで10分ほどかかるので前もってということで、それに乗るように準備して寝ました。

朝、ふと何時?と思い、目を覚ますと「6時19分」でした。
そうです、完全に遅刻です。

やってしまったどころの騒ぎではなく、むしろ寝起きで意味が分からなかったので、無駄に静止して考えたりしました。
まぁ目が覚めたといいますか、血の気が引いたといいますか、それはそれはアウトな時間でした。

でも人間って素晴らしいですね。発車時刻に間に合うんですよね。

荷物の準備は前日にしてあったので、あとは自らの準備のみ。
前日の私ナイス!と感謝したほどに、手間がかからなくて助かりました。
むしろ当初着く時間より早く新幹線乗り場に到着し、安心して朝からの朝食を買い込みました。

何はともあれ、大阪ではいい思い出ができたので、結果オーライですかね。

2019年09月06日 (金) 18時28分

[2393] 映画鑑賞

投稿者:小太郎

久しぶりに映画館で映画を鑑賞しました。

子供が産まれてからは映画館はなかなか行けない場所になっており、妊娠中も長時間ずっと座っているのが難しかったのでかれこれ1年半以上行けずにいました。

もともと映画は好きで、昔は月一くらいで鑑賞していました。
最近は見てみたいな〜と思う映画があっても叶わず・・・といった感じでした。

久しぶりの映画館は、やはり音と画面に大満足!
ポップコーン片手に集中して楽しい時間が過ごせました。
一人で行く映画館も初めての体験でしたが、とても満足感のある良い体験となりました!

最近は子供も楽しめる映画館(暗くならなかったり、声を出してもいい)もあると聞きますので、次はそういう映画鑑賞にチャレンジしてみたいですね。

2019年09月05日 (木) 15時08分

[2392] キノコの秋

投稿者:チャロック

みなさまこんばんは。暑い日が続いていていましたが、少しずつ涼しくなってきましたね。とはいっても、湿度が高いせいか蒸し暑さを感じることもあります。今年は残暑が厳しいとのことなので、涼しくなってきましたが、熱中症には気をつけたいですね。

さて、夏も終わりに近づき秋がやってまいりますが、秋の味覚の一つにキノコがありますね。実家にいた頃は、秋になると親戚のおじさんがキノコ狩りにいったおすそ分けに松茸を持ってきてくれました。毎年あるわけではなく、量の少ない年や、全く取れない年もあり、やはり自然の恵みものなんだなと、頂くときはありがたく頂戴していました。
1度だけ沢山頂けた時があり、その時は炊き込みご飯から松茸の入りのすき焼き、お吸い物など、松茸尽くしの料理を堪能しました。

おなじ高級キノコとしてトリュフがありますが、私はまだこれぞトリュフといったトリュフを食べたことがありません。やはり、テレビで見るような高級フレンチのお客さんの目の前で最後にトリュフをスライスしてくれるものや、丸まる一個入った料理を一度は食べてみたいものです。
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、皆様それぞれの秋の楽しみ方があるかと思います。秋を楽しむためにも、健康にはくれぐれもお気をつけ下さい。

2019年09月05日 (木) 08時40分

[2391] 増税前に…

投稿者:こびん

消費税10%まで残り1ヶ月となりました。
前回の5%⇒8%の時は、駆け込み需要が起きましたが、今回は前回ほどのものは起きていないようです。
要因として、キャッシュレス支払いによる還元対策がなされているためと言われていますが、私的には重なる増税に麻痺感覚が生まれ、また消費意欲が低迷しているのかと感じます。
一部の大手小売会社でも、ポイント還元の対策等が未だ確定されてない所もあるのををみると、景気の兼ね合いから、本当に増税するのかギリギリになるまで懐疑的だったのかもしれませんね。

駆け込みというわけではないですが、最近プライベートで使用しているパソコンが壊れてしまいました。携帯やパソコンは壊れるまで使うタイプなのですが、スペースキーや変換キーが打てなく文章作成の際、ひらがなしか打てないのはかなり不便のため、止む無く買い替え…。
最近は他にも出費が続いており、なかなかな痛手となりましたが、増税前に買い替えのタイミングができたと思って過ごそうと思います!

2019年09月03日 (火) 18時17分

[2390] 愛しのクルマ3

投稿者:ご学友

我が家にクルマが初めて来た夏、最初のロングドライブは、群馬県にいる母がたの親戚の家を訪ねる旅でした。
小学校に上がる前から高崎線に乗って夏休みに遊びに行っていた先です。
群馬の田舎は、全てが子供にとって都会では体験出来ないドキドキの連続でした。
庭先に田んぼの用水路が流れており、庭先から釣竿を出せば、ハヤ、ウグイ、フナなどの雑魚が簡単に釣れるのですが、地元の人は、いくら釣れたとしても、そんな所で釣る人は居ません。近くに、利根川、神流川、烏川が流れる大変贅沢な環境下にあり、そこでは、レジャーとしての釣り人の他、川魚の漁師が生業として漁をする姿が有りました。
日がな一日麦藁帽で川の浅瀬に立ち込み毛針を無限大の繰り返しで川上から川下に流し、子供でも足元の魚籠をパンパンにする50匹位の釣果は当たり前でした。
日焼けで火照る体は、中々冷めず、縁側でスイカを齧りながら庭先の井戸で私の釣果を器用に指先で捌く叔母の背中を見ていました。夕食の小魚の天ぷらと山盛りの田舎手打うどんがご馳走でした。
こうして釣りとは沢山釣れるものと幼年期に刷り込まれた私は、この後逆行する現実とのギャップに苛まれる事になります。
我が家のクルマから大分脱線しましたが、次回はいよいよ私の自動車免許取得編にワープします。

2019年09月02日 (月) 18時20分

[2389] 陽はまた昇る

投稿者:ヘイルメアリー

先日、NFLインディアナポリス・コルツの名クォーターバック アンドリュー・ラックが、レギュラーシーズン前に現役引退を表明しました。

新人の頃から試合終盤の大逆転劇を演じ多くのファンを魅了し続けた彼は、同期にプロ入りした「RGV」ことロバート・グリフィンと共に、NFLの新時代の幕開けの象徴でした。
しかしケガには勝てず、29歳という若さで引退することとなってしまいました。
コルツにとっては想定外の事態で、今シーズンはかなり厳しいものになることは必至でしょう。
それでもコルツは、アンドリュー・ラックへのリスペクトからか、既に彼に支払った約17憶円のボーナス返金は求めないことを表明しました。
NFLでは、一チームが年間使える金額に上限が定められているため、今回の件はシーズン中の補強に大きな影響が出ることは間違いなさそうです。

しかし、選手を大切にするチームは必ずと言って良いほど強くなります。
コルツが再びNFLを席捲する時代は、そう遠からず訪れることでしょう!

2019年08月30日 (金) 18時50分






Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板