無料で掲示板を作ろう  Amazon-パナソニック電池のタイムセール開催中

いらっしゃいませ。管理人がつぶやいておりますが
気にせずにお喋りしていって下さい。
自作(?)の壁紙展示場もかねております。

ホームページへ戻る

なまえ
メール
ホームページ

メッセージ
アイコン アイコン一覧 壁紙 壁紙一覧 削除パス
項目の保存



あっちゃん 返信
最近はあまりこまめにここの更新ができていません。

おかしなことを言うようですが、ここ最近、自分の老化が一段と進んだような気がします。

毎日ほとんど一人で過ごしています。
パソコンのボランティア、医者などで外出することは多いですが、そういう場所ではプライベートな話はありません。
何でもない、ちょっとした愚痴や感想など、吐き出すところはありません。
周囲の人からは「引きこもってはだめよ」とか言われますが、週に5日くらい外出していても、「生の」発言をすることはほとんど無いのです。
これは経験した人にしかわからない感覚かなと思います。
夫が亡くなっていても、子供がいたり、同居人がいる人はこの感覚は理解できないと思います。

先日、猫が爪とぎをして痛めた椅子に同色の黒いガムテープを貼って修理しました。その時、
「こんな事をしてもみすぼらしいだけだし、捨てて買い換えた方が格好が良いんだけど…」と思いましたが、その後、
「いや、私が死ねばこの家にあるものはすべて即時に『粗大ごみ』になるんだ。どんなにきれいな家具でも捨てられる運命しか残っていない。家ごと全てが 『不要品』になるのだ。」と思いました。

本当にそうです。
私が死ねば、私が育てていた植物なども、誰も水を与えてもくれず枯れてしまうだけです。せめて犬猫だけは私のせいで命を失う事の無いように対策を立てねばと思っていますが(飼い主が死んで時間がたって発見され、そのそばで犬が飢え死んでいたという話はよくあるのです)、いなくなった人間の付属物はよほど金目のものでない限り、すべて「粗大ごみ」なのです。

私は今、自分が死ぬ時の事しか考えていません。

皆さん言われます。
「まだ若いよ」と。

母が逝き、主人が逝き、犬が逝き、神様は私に、「死とはこういう事だよ。」と何度も何度も付きつけてきます。それは私に自分の死について自覚しろと促しているように思えます。
目の前で多くの死を見ながら、それを自分の事として考えない方がおかしいと私には思えます。
周囲の人が亡くなってまだ自分だけはもうしばらくは生きられると思うのは、どういう感覚なのでしょうか。今晩寝て、明日目が覚めるという保証は何もないのに。

多分、もう少し時間を頂ければ、自分は普通の生活ができる人間になると思います。
でも、喉もと過ぎればそれで良いのではなく、私は「死」について自分なりの結論を出さなければならないと思っています。

それによって自分の残りの人生が素晴らしいものになる事を願っています。

(3792)投稿日:2019年05月27日 (月) 02時06分

あっちゃん 返信
今日は久しぶりにパソコンをいじりました。

パソコンは毎日使っていますが、メールやFacebookを見たりTV番組を見たりと、普段は同じことばかりしています。

一昨年の夏に買ったPCは、今お茶の間でTV番組の遅ればせのを見るくらいにしか使われていませんでした。メールも取れません。

ところで2階寝室のWin8機はDropboxというのを導入していて、デスクトップに座っているDropboxというフォルダの中に入れたファイルがすべてクラウドに保存されます。ここに毎日の現金や預金の出納など、我が家の金の動きをすべて書き込んだファイルを置いておき、日々書き加えて更新すれば最新のものがクラウドにも保存されます。

これはとても便利です。
一番気に入っているのは、バックアップを気にしいなくても良い点。
自分のPCとクラウドの両方に同じものがあるから、どちらかがコケてもどちらかが残ります。
いままでは2重3重にバックアップを取り、こまめに取らなければと思いながら1か月以上もバックアップをしなかったりで、いつもひやひやしていたのがとても気が楽になりました。

この機能をお茶の間のPCでもできるようにしたいと思いました。
こちらのPCのほうが高性能で軽く、持ち運びにも適しています。
また、こちらのPCにはOfficeソフトが無いので、フリーのOffice互換ソフトを入れようかと思っていましたが、クラウドに置くことで、ソフトを購入しなくてもOfficeオンラインというものがあってエクセルが使えるらしいです。

ただ、Dropboxをインストールする前にメールを取れるようにしておかないと、先方から連絡が来ても、いちいち2階に上がってメールを受信して読まなくてはならなくなります。
 どんなメールソフトを使おうかと悩んでそのまま放置していたメール受信ですが、とりあえずWindowsの「メール」という、OSに初めからついているのを使ってみる事にしました。この導入はすごく簡単でした。メールアドレスと差出人名とパスワードを入れるだけ。サーバー名など何もいりません。

本日午前中にボランティアに行き、12時過ぎに帰宅して食事を作って食べ終わったのが2時くらい。それからメールの設定をしたり、Dropboxについて少し勉強してからインストしたりで5時くらいまでかかりました。

連休になり、やらなければならない用事を少しずつ片付けて、カツオがいなくなって犬の世話もだいぶ楽になった事もあり、少しは心の余裕もできてきたようです。
(3791)投稿日:2019年05月03日 (金) 18時04分

あっちゃん 返信
気が付いたらもう4月が終わりそう。
ずいぶん長くここの書き込みもしていません。
色々な事を日々考えるのだけど、書き込むことなく時は流れて行きました。

大きな出来事がありました。

カツオが天国に旅立ちました。4月22日(月)の朝です。
御飯は毎日ちゃんと食べていましたので、もうしばらくは大丈夫かと思っていましたが、やはり日に日に動きは悪くなっていました。
いつものように深夜、私が寝る時にお布団に入れてやりましたが、翌日起こそうと触ってみたら亡くなっていました。
飼い主にべったりの子でしたので、お布団に入れてやると多少落ち着く風でしたので、毎晩そうしていたのですが、そのまま天国へ旅立つとは思ってもみませんでした。

何が苦痛なのか、眠っている時以外はいつも動こうとして足をバタバタさせて変な格好になり、その体制が嫌なのか他に苦痛があるのか「クゥー」とか「キャイーン」とか鳴いて、四六時中それを聞かされる私も、いささか神経が参る事もありましたが、悲鳴を上げるのは元気な証拠と思い、イライラしないように努めていました。
死因が何であれ、私の布団の中で息を引き取った事はカツオにとっては望むところではなかったかと、自分なりに勝手に解釈しています。

また一つ、何かを失い、私の人生が節目を迎えました。


もうひとつの出来事として、その3日後の木曜に右手の小指を手術しました。

大した手術ではなく、日帰りで済むものでした。
ヘバーデン結節と言って、指の一番先の関節が変形する症状があります。
年配の人にはよくあるものなのですが、このせいで関節炎が起こり、粘液胞のようなのが水膨れのようになって小指の外側に出来ていました。
これが何かにつけて物に当たり、痛いのです。
破れたりすれば関節が直に細菌にさらされることになり、危険ですので手術で強制的に除去することになりました。
木曜の午後に30分ぐらいの手術をし、表皮は残して、中の膿胞を取り、変形した骨をできるところだけ(筋とかが付いている所は出来ない)削って形を整えるそうです。
木曜、金曜で3錠の痛み止めを飲み、土曜の今夜もまだ痛みますが、もう飲まないつもりです。代わりに酒を飲みます。 (;^_^A

犬がタラだけになり、お世話がずいぶんと楽になりました。
お金もかなり助かります。
カツオの居なくなった事を喜ぶのではありませんが、その分タラには手厚くしてやりたいと思います。

悲しいけれど、これが終末が近付く事だと思い、受け入れる事にします。
(3790)投稿日:2019年04月28日 (日) 01時36分

あっちゃん 返信
USBメモリが壊れた件で、他の読める部分のデータをバックアップしなければと思ったが、そこでふと、考えてしまった。

新しいUSBメモリを買って今までと同じように使う?
それとも、もっと他の媒体に保存した方が良いのだろうか。

保存データの中には日々書き加えられるものもあるが、今は全く使われず、過去の記録として残っているものもある。
永久保存するだけのものは別にしておくにしても、何に保存するのが良いのだろうか?
HDD(ハードディスク)は数年の寿命で壊れる。光学ディスク(CD,DVD)もある日消えているという事があるらしい。第一、ディスクドライブというものがいつまで手元にあるか分からない。今までもフロッピー、MD、ZIPなど、色々な媒体が生まれては無くなっている。うちにはフロッピーディスクドライブだけ、まだとってある。

USBメモリはそれでもまだマシと思っていたのに、こんなことが起こると、がぜん信用できなくなった。

そう言えば大昔のものでHDDに保存しておいたつもりだったのに久しぶりに見たら無くなっているものがある。保存したと思っていたのが私の記憶違いだったのかはっきりしない。(特に最近は認知気味なので…)

記録媒体の事、少し勉強してみようと思う。
(3789)投稿日:2019年03月16日 (土) 16時41分

あっちゃん 返信
もう昨日になった3月14日、やっと確定申告を出した。
ここ2,3年は割と早めに取りかかって、楽勝と思いながら最後の詰めに意外と時間がかかって、それでも締め切りよりかなり早めに終わっていたのだが、今年はうまく行かなかった。

もともと大したデータ量ではなく、そんなに時間がかかるのがおかしいくらいなのだが、私の頭はかなり錆びついていて、思考が途切れたり、堂々巡りしたりで焦るばかりではかどらない。

今回遅くなった原因はいくつかある。

ひとつは最近犬2匹の介護度が増してきていて、夜騒いで眠れない事が度々ある事。夜中に何度も起きると朝はボーっとしていて、かと言って昼寝も出来ず、帳面つけの能率は上がらない。

もう一つは、自由化で乗り換えた電力会社がかなり悪質で、詐欺まがいの事をされ、頭に来るは損をしないためにどうしようか考えるはで、そちらに精神エネルギーを奪われたこと。
もともと私は複数の事を同時に考えられない人間で、ひとつの事が頭を占めると他の事は全てOFFになる性格なので、この一件に邪魔されて帳面つけになかなか手が付かなかった。

もう一つは、もう差し迫った3月12日の事だが、こつこつと入力して、ほとんど完成していた青色申告ソフトのデータが読み取れなくなり、朝から午後3時過ぎまで何とか回復できないかと四苦八苦した事。
結局回復は出来なかったが、運良く(?)2月に入力したデータが別の場所に残っていたのでそこから続きを再入力した。

私は全てのデータをUSBメモリに保存していたのだが、ここの所あせっている事もあり、全くバックアップを取っていなかった。USBメモリはアクセス回数で寿命が決まるらしい事は知っていたが、私はそんなに毎日頻繁に使う訳ではないし、まだまだ大丈夫とタカをくくっていた。頻繁に書き込んでいた青申ソフトのフォルダだけ、開けなくなってしまった。
あまり有名そうでないメーカーのUSBメモリだったから寿命が早く来たのかも。128GBで、2016年12月に約3500円で買っている。その当時としては大容量だった。
パソコンのデータを永久保存しようとすると何が良いのか、昔から皆が議論するところだが、どれも永久というものはなさそうだ。だから複製(バックアップ)を取る事は重要だ。

何はともあれ、申告が終わってホッとした。
先にも書いたように、私は何か気になる事があると、他の全てに手が付かなくなる。申告が終わるまではと保留していたことをこれから急いで片付けて行かねばならない。

実は大分前から右手小指の第一関節に瘤のような、水膨れのような突起が出来ていて、それが最近どんどん大きくなり、手作業の都度、そこが物にぶつかって痛くて仕方がなかった。でも申告が終わるまではと我慢していた。
これが何なのかは大体わかっていた。私は手の指が何本かヘパーデン結節になっていて、この瘤もその類で、ミューカシストとかいうものらしい。
今日、申告書をポストに投げ込んでから整形外科に行ったら、瘤を切って中の粘液を絞り出して絆創膏でとめた。
私 「また大きくなりませんか?」
先生「やってみないと分からないです。もし治らなかったら手術します。」
だそうです。
手術するんだったら、左手の中指の関節が1日に2,3回外れる事も言ってるんだけど、そっちの方も何とかしてくれないかなー、と心の中で。

明日は午前中にパソボラ(パソコンのボランティアの略)に行き、午後3時早めに指を見せに医者に行き、その後自動車で少し遠方の獣医さんにタラの薬をもらいに行く予定です。

それならホイ、早く寝ないと!!
(3788)投稿日:2019年03月15日 (金) 02時11分

あっちゃん 返信
やっと青色申告に取りかかり始めた。

まずは前段階として、クラウドから自分のPCに昨年の帳面のバックアップを取り、クラウドには新年度の帳簿を上げておいた。
青申の作業は自分のPC内で行う。クラウドは現在進行形のものを置く。

何しろ1年に一回しか使わない青申ソフト。
毎年同じような事でまごまごする。
H29のデータからH30の新しいファイルを作りたいのだが、やり方が分らない。トップメニューを探しても「次年度更新」が見つからないのだ。昨年も同じことでまごついた。
結果、自分の見落としで、トップメニュー「ファイル」の所ではなく、「決算」のところにあった。誰が考えても「ファイル」にあっていいはずじゃないか。と、勝手に文句をつけるが、去年も同じことをしているのに全く学習していないのは誰?

まずは普通預金を記入しようと元帳/普通預金を出す。
残高が預金通帳と違う。
「ええっ どうして?」とうろたえて前年度の通帳を見たり、右往左往。
よく考えたら普通預金に補助科目名を付けて、3冊ぐらいに分けていた。
信用金庫1、信用金庫2、郵便貯金、というように。
「普通預金」だけでは全部の通帳の合算が表示される。

うーん…
モウロクしてきてるなあ。
(3787)投稿日:2019年02月10日 (日) 17時43分

あっちゃん 返信
いつまでも「あけまして」のままではいけないですね。

これまでの近況。

大晦日間際の30日にタラの具合が悪くなり、食い意地だけは無くならない子がご飯も食べないし、バタバタと泳ぎ出す(後足が動かずに動こうとしてこうなる)こともせず、とても心配で、31日の朝にはこれから正月休みになる事だし何とか医者に見せたいと思う。
いつもの近くの獣医はもう休みに入っていて住まいも別だし全くダメ。それでネットを探したらこの日午前中やっているところを発見して自動車で30分くらいかかるが連れて行った。
以前にもこんな症状の事があったのだけれど、今回も肝臓の値が非常に悪かった。補液してもらって薬が出て様子見という事で連れ帰り、何とか少しずつ回復傾向にあったが、9日に大下痢して、様子を見ていたが下痢が治らず、11日にはボランティアを断って病院へ。
翌日も下痢と嘔吐があったが、それからは治まってきて、食事量をあまり増やさないようにして恐る恐るやっていたらだんだんと回復してきた。
今は以前と同じくらいになっていて、肝臓の値(ALT/GPT)も正常値に戻った。

これで今のところ2匹の犬の健康には心配がなくなったが、老化は徐々に進んでいるようで、特にカツオは認知が進んできたようで、歩けないのにどこかに行こうとして転げたり、思うようにならないとギャーギャーと鳴くので、私も神経が磨り減る。寝かせていても体の向きが気に入らないのかしょっちゅうギャアギャア鳴いて夜眠らせてくれない事が多い。タラも声は出さないけど夜中にバタバタとすることが多くなり、日によっては死んだように寝ている事もあるが、最近は何度も起こされることが多い。

犬以外の事では、猫2匹は若い事もあり元気で過ごしている。
家から全く出していないのだが、身が軽いので家中どこでも行き、悪さもひどい。
ちょっと外にいて家に入ってみると、仏壇がひっくり返って80cm高さの台から落ちていて、線香立の灰が散乱し、仏具セットのうち花瓶が割れ、仏壇の後ろ側の板が外れ、その板が付いていた後の1辺の木が割れてしまった。位牌も少し傷がついた。
片付けるのも大変だし(灰はさすがに片付けた)、修理をしなければと思うと気が重くなり、仏壇は未だにそのままにしてある。主人には悪いけど、青色申告が終わるまでそのままにしておく。
その他にもこの猫たちはビニール袋に入ったものは食べ物でなくても何でもかじる。穴だらけにされる。全てのものはビニール袋から固くて蓋の出来る容器に入れないと無事ではいられない。

そうそう、青色申告と確定申告だけれど、昔のように複雑な帳面は無いとはいうものの、やはりプレッシャーだ。
おまけに今年は3月2日に姪の結婚式がある。何を着て行けばよいか?と悩むが、おそらく服を買いに行き選んでいる時間はないと思う。葬式の黒服に花でも付けて済まそうかと思っている。

だんだんと自分の能力が狭まっているのを感じる。
出来ないと思うたび、あれを捨て、これを諦めて、人に迷惑と失礼が無ければよしとして最低のラインで物事を決めている。
自分の寿命はあと5年くらいと私は思っている。
5年で死ぬわけではないが、5年後くらいにはやりたい事が何もできない人間になっているだろうという事だ。
この年代の5年は早い。
その間にどれくらいの事が自分に出来るだろうか。
何とか早く事を進めて、あわよくば余暇が作れたら、少しはやりたい事をやって人生の最後を楽しめたらなあ、と思いながら暮らしている。

(3786)投稿日:2019年02月07日 (木) 14時06分

あっちゃん 返信


あー… オホン!!

「あけましておめでとうございます」
と言うつもりが途中で寝てしまいました。
「ブー」というのはイビキです。

今年もパソコンの前で居眠りしながら過ごします。
よろしくお願いします。
(3785)投稿日:2019年01月02日 (水) 16時05分

あっちゃん 返信
あんまり書き込みが遠のかないように、もう何でもいいから書くことにしよう。

最近は冷え込みもきつくなったせいか体調はあまり良くない。
犬の世話に時間を取られ、猫の事も多少あり、パソコンのボランティアに週2回行き、体力のなさですぐ横になり、そうこうしているうちに年末がせまってきた。
家の掃除も出来ていないし、ましてや念願の終活も全くはかどっていない。

そんな中で食事中にTVの代わりに映画を見るのだけは続いている。
何年もずっと、ゆっくりと食事をすることがなかったので、何とか食事時間を楽しいものにしたいのだ。頭の片隅では時間の無駄?と思いつつ…

「東京グール:re(第2期)」は最後まで見終わった。が、今回もまた何だか不消化な終わり方。また続くのだろうか。

以前から少し気になっていた「サイコパス」を見始めたが、意外と面白い。
刑事ものとSFをドッキングした感じ。
他と比べて良いなあと思ったのは、アニメの作りだ。私は筋書き重視の人で、あまり小手先の技術は気にしない方なので、どう良いかうまく説明できないのだけど、盛り上げ方というか、緊張感というか、動きや展開でうまく見せている。演出効果とでも言うのかな。
話もありきたりでなく、テーマの突込みも深くて幼稚ではない。
今、「サイコパス2」を見ている最中。

先日「終活セミナー」に行ってきた。何年か前に行ったのと同じ人がやっている。以前は受講者が私一人でマンツーマンだったが、この頃は大盛況らしい。

終活についてはその必要性をひしひしと感じている自分なのだが、実際には目の前の用事に振り回されて全くはかどっていない。
そうこうしているうちにいきなりあの世に行く事になるかも知れない。
まだまだ先があるなどと思ってはいけないのだ。

書類ケースを一つ用意した。ここに私の死後皆に見てほしいものを入れておこうと思う。
重要なものを全て一カ所に置くのは実用的ではない。常に使っているものもあるし、別々に保管した方が良いものもあるからだ。ケースの中には封をした手紙を入れ、そこに色々なもののあり場所など、必要な事を書いておく。ここに書く内容はひとつづつ思い付くたびに書き加えて行く。 
相続は法定通りで良いのであえて遺言を残そうとは思っていないが、年金証書と生命保険証書は一緒にして別にある。
私の本籍地が分る戸籍謄本と実印、実印のカードは用意したが、カードと実印は別の場所が良いかもしれない。
また、私の居住地域は災害が起きやすいので、避難の時持ち出すものとしても考えておかなくてはならない。

金銭に関する事だけでなく、葬式のやり方、パソコンに入っている、又はWEB上のものなど、後のケアもお願いしなければならなくなると思う。
遺影写真もまだ用意していない。生き残っているペットの事もある。
考えればきりがないほど用事はある。

ありすぎて混乱するので、落ち着いてもう一度考えてみよう。

とりあえずは目の前の事をしないといけない。
(3784)投稿日:2018年12月17日 (月) 15時37分

あっちゃん 返信
書きたい事は沢山あるが、落ち着いて書く気分になれない。

U-NEXTの無料サービス、また始まった。31日間。12月30日まで。
今見ているのは「東京グール :re 第2期」
あと2話で完結。そのうちの一話はGYAOでは見れるのに、U-NEXTは出し惜しんでまだ出ていない。

いきなり話は変わるが、猫の口がカメムシ臭い。(ウェ〜)
今年はカメムシがやたらに多い。
(3783)投稿日:2018年12月06日 (木) 14時10分



Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板