無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

Web Photo Magazine "kokoro"

Message Board

名前
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.2 おめでとうございます 投稿者:まー    投稿日:2008年11月21日 (金) 00時10分 [返信]

素晴らしい写真集ですね。 
 私は特に、P13の写真、紅葉の葉一枚を下から覗くようなアングルが、とても新鮮に思えました。
 このアングルが生む美しさは特別なもので、私が紅葉に対しもつ美の記憶とは違う、新しい美が表現されている、紅葉ではあるが、すでに紅葉でないような、紅葉より美しいのに、紅葉である。それがとても不思議な思いがします。
 言葉でまとめようとすればするほど、欠けている思いに気づかされ、この新鮮なアングルに対し、これを『日本の美の奥深さ』と表現することすら、躊躇われる思いです。

No.4  投稿者:文太郎    投稿日:2008年11月21日 (金) 12時59分

まー様

 ご来訪並びに素晴らしいコメントを頂きまして、本当にありがとうございます。
 申し送れました。文太郎と申します。
 あられさんがほんの少しだけ手が離せないご様子でしたので、ワンポイントリリーフで登場させていただきます。どうか、お許し下さい。
 言葉で語れない撮り手の想い・・・それはこれらの画面にきっと表現されているのだろうと思います。
 今回この「kokoro」という試みには、言葉と写真の融合というテーマもあります。それゆえに雑誌の体裁を採っている訳ですが、実際に試みてみると、画像と言葉はあたかも共存しつつ、実は大いに反発し合うことをあらためて実感しました。言葉が事象を精査し意味を凝縮させてきた表現であるなら、写真は現実のひとコマの写実から見る人それぞれのイメージを膨育させる出発点になります。それだけに、双方を損なわずに並ばせることは、思った以上に難しく感じました。
たまたま今、とりあえずの発刊ということで、そのような相反の作業から開放された直後でしたので、
>言葉でまとめようとすればするほど、欠けている思いに
というまーさんの言葉が、私なりに胸に強く絡みます。とても深く感じます。
いただいたご感想は、あられさんだけでなく、メンバー全員のタカラモノになると思います。
ほんとうに ありがとうございました。

どうか今後とも、Web Photo Magazine "kokoro"をよろしくお願いいたします。



Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板