御来館ありがとうございます
こちらは最新のお知らせページです
本文中の写真はクリックで拡大します


>>FRAGMENT兎影館HOMEへ戻る

>>twitter/@Fantas_magorieに連動中
担当:柳川貴代

[315] 朝日新聞・読書欄に書評が三冊。 兎影館管理人
☆MEIL☆ ★関連HOME★

出版社さんや書店さん、用紙会社さんでは倉庫の本や紙など在庫が崩れ、
流通が滞って、出版業界も大変な状況になっているようです…。

被災したかたや、心を痛めているかたが元気になるような本、
気持ちの転換になるような本、実際に情報として役立つ本など、
本それぞれの使命が違っていても、
いま書籍や漫画や絵本を求めるかたがいるのなら、
どうか届きますように…と考えたりしておりました。


本日2011年3月20日の朝日新聞に柳川が装丁を担当した本の書評が
三冊同時に掲載されました。(不思議なことに同じページ!)

2004年3月7日に西山担当の本の書評が朝日新聞で
三冊同時に掲載され(『詩の両岸をそぞろ歩きする』清流出版・
『虚業成れり』大島幹雄著/岩波書店・『犬にみとられて』ポプラ社)、
そんな偶然があるのかと驚いていたのですけど、
そんな偶然も二度あるようです。

『忘れられた花園 上下』は鴻巣友希子氏が
「翻訳小説の粋を集めた一冊」と絶賛。
(この本の凝った本文設計は担当編集さんによるもの。
カバーには担当編集さんが「セレンデピティ!」と
驚いてくださった、桑原弘明さんの
Scope作品写真をお借りしました)
>>レビュー

『こちらあみ子』は穂村弘氏の、すぐ読みたくなるような書評
「“ありえない”の塊のような女の子」。
>>レビュー

『フェルトリネッリ イタリアの革命的出版社』は書影無しの紹介ですが
晶文社HPには各氏によるレビューがあります。
(『土曜日は灰色の馬』と同じ担当編集さんによる渾身の一冊です)
>>紹介



写真:
>>『忘れられた花園 上下』東京創元社
内容紹介PDFのダウンロードは>>こちら。柳川も推薦文を寄せています。

>>『こちらあみ子』筑摩書房

>>『フェルトリネッリ イタリアの革命的出版社』晶文社

2011年03月20日 (日) 23時31分

- - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - -



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板