御来館ありがとうございます
こちらは最新のお知らせページです
本文中の写真はクリックで拡大します


>>FRAGMENT兎影館HOMEへ戻る

>>twitter/@Fantas_magorieに連動中
担当:柳川貴代

[294] 『少女外道』近日発売 兎影館管理人
☆MEIL☆ ★関連HOME★

--
この感覚は、
決して
悟られては
ならない

人には言えない歪みを抱きながら
戦前〜戦後の日本をひとり生きた
女性を描く表題作のほか、
ラスト一頁で彼岸と此岸を鮮やかに
跳躍する『巻鶴トサカの一週間』など、
名手・皆川博子の傑作短篇七篇を収録。--


5月末発売、皆川博子さんの『少女外道』見本ができました。
担当編集さんと皆川さんの“外道”を目指して
カバーには、袋物の部品だった銀製のツバメ、鼈甲簪から折れた梅、
花型の牛骨パーツ、セルロイド製の手型クリップ、
気泡入りガラスの瓢箪、磨かれた珊瑚の枝、小さな水晶の結晶、
本表紙と本文には、古い着物の花模様を配置しています。


すべて明治・大正・昭和の装飾品で数十年前から
ぱらぱら集めていたもの。
水晶はもっと永い年月を過ごしていますね。
骨董的な価値は無く、埃や鰹節虫の抜け殻にまみれていても、
誰にも捨てられず、大切に残されていた欠片です。


写真:『少女外道』と、かけら
>>『少女外道』 皆川博子著 文藝春秋
四六判上製 カバー:4色刷+艶消し金箔押し 定価=1950円(税込) 

2010年05月21日 (金) 01時59分

- - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - -



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板