御来館ありがとうございます
こちらは最新のお知らせページです
本文中の写真はクリックで拡大します


>>FRAGMENT兎影館HOMEへ戻る

>>twitter/@Fantas_magorieに連動中
担当:柳川貴代

[231] 松本剛さんの冬 兎影館管理人
☆MEIL☆ ★関連HOME★

「しずかの山──神の山・マチャプチャレ」
愛英史=原作 松本剛=漫画

─厳然と人間を拒む神の山。
その頂を極め、生還した一人の登山家。
山は沈黙し、ただ、人のこころを映す。─



講談社>>『イブニング』誌上で
松本剛さんの連載が開始です。
12月9日発売の01号を求めてコンビニへ走り、
青年誌『イブニング』をはじめて購入してきました。
とても厚い、中とじ製本って新鮮だ…。
「しずかの山」は巻頭カラーです!

ネパール・ヒマラヤ山脈、マチャプチャレ峰。
山麓の人々の信仰のもと、神聖な
未踏峰として残る“魚の尻尾”(マチャプチャレ)。
オーストリア青年の失踪を巡って雇われた
少女・コーレと暮らす日本人ガイドの
タカトウ・シズカが挑む、美しい山は
「神の山」か「悪魔の山」か。

コーレが可愛い。凧揚げを子供たちに教えるシズカ。
山に向かって飛翔する凧の糸…シズカの命綱になるのは、
コーレなのか。イギリスの歌のシーンも
今後の展開を考えさせられます。
まだ一話目ですけれど、迫り来る傑作の予感がします。
山岳サスペンス漫画です。

2008年12月12日 (金) 00時22分

[236] “神の山・マチャプチャレ”が完結 兎影館管理人
☆MEIL☆ ★関連HOME★

01・02・04・05号と『イブニング』の
「しずかの山」を追ってみて。

北壁で窮地に追い込まれる第三話の絵に圧倒されました。
第一話でジアンが嗤ってばかりいたのは第四話への
伏線だったと最後に気づいたり…。その綿密なプロットと、
セリフで語りすぎず絵で語る、松本剛さんの映画的画面構成に
改めて納得の“マチャプチャレ”の章でした。


山岳ミステリや山岳サスペンスの小説・漫画をまったく
読んだことの無い管理人が読み終わってふと
浮かんできたのは、ストーリーは全く違うのだけれど
久生十蘭の短篇「白雪姫」。
〈限界状況という設定のなかで、脆弱な人間性がどのような
思いがけない反応を起し、どのような崇高さ、あるいは醜さを
露呈するかを冷静綿密に記述した〉と澁澤龍彦が
そのモチーフを解説した物語です。


「しずかの山」が目指している“山”は“山岳サスペンス”
ではなく、人間の醜さや愚かしさを越えてみえてくる、
崇高さなのかもしれない…と考えたりしました。

ストイックで寡黙な、タカトウ・シズカは
山の眷属であり、魂の導き手にみえて、どこか暗く苦い
夜の部分もあるように思えます。

コーレやシズカの“山”の章もあるといいな。

2009年02月13日 (金) 00時48分

- - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - -



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板