御来館ありがとうございます
こちらは最新のお知らせページです
本文中の写真はクリックで拡大します


>>FRAGMENT兎影館HOMEへ戻る

>>twitter/@Fantas_magorieに連動中
担当:柳川貴代

[197] 花田清輝ルネッサンス 兎影館管理人
☆MEIL☆ ★関連HOME★

--戦後日本を代表する脱領域的な批評家、花田清輝が
映画について書いたエッセイを厳選し、編年体のかたちで収録。
時代を手厳しく批評し、安部公房、澁澤龍彦、松本俊夫ら後続世代に
多大な影響を及ぼした名文がよみがえる! --

『ものみな映画で終わる 花田清輝映画論集』花田清輝著  清流出版
A5判並製 定価2500円+税 企画・編集協力=高崎俊夫
装丁・本文設計=西山孝司
>>amazon
>>bk1


『ものみな映画で終わる 花田清輝映画論集』が
清流出版より刊行されました。
大胆な発想とレトリックで文化再生の可能性を論じ、
戦後の評論界に衝撃を与えた名文は、ルイス・ブニュエル、
ジャン・リュック・ゴダールからマリリン・モンロー、
シネ・ミュージカル、チャップリン、化け猫映画まで
駆け巡ります。

企画・編集協力は高崎俊夫さん。
今年は高崎さんの八面六臂の御活躍により、
田中登監督の作品も各所で上映され、
(「梵F情めす市場/原題:受胎告知」は
凄味のある傑作です。管理人は
阿佐ヶ谷で観たあと、一日半寝込みました…)
ぴあフィルムフェスティバルでは
ロバート・アルトマン監督作のうち、
その再上映を西山も嘆願した、幻の映画「BARD★SHT」
も30年の空白を経て奇跡的に上映されました。
(原題:Brewster McCLoud/1970年/105分。
鳥の生態についての講義も挟まれるなど、ブラックな
ユーモアに溢れた空を飛ぶことを夢見る少年の寓話です)

清流出版より好評発売中の
『ビデオ&DVDで観たい 決定版!日本映画200選』佐藤忠男著、
『映像の発見』『表現の世界』松本俊夫著、
『中条省平は二度死ぬ!』『中条省平の秘かな愉しみ』中条省平著、
ほか『王になろうとした男 ジョン・ヒューストン』『破顔』
『Walkabout―美しき冒険旅行』『乾杯!ごきげん映画人生』
『宮崎駿のアニメ世界が動いた―カリオストロの城からハウルの城へ』
『増補決定版 ジャズで踊って』『マンハッタンのKUROSAWA』
『シネマの快楽に酔いしれて』『オペラとシネマの誘惑』
『日本の喜劇王 斎藤寅次郎自伝』
『余白を生きる 甦る女流天才画家 桂ゆき』……
高崎俊夫さん+装丁・本文設計=西山孝司による
映画・演劇・芸術へクロスオーバーする“本”に
これからも御注目ください。

2007年10月14日 (日) 21時41分

- - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - - + - -



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板