無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

トップ画像
(必須)ペンネーム:
(必須)
返信
削除キー:

cookie:


このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください



タイトル:森と湖 投稿者:めめ
36才/女性/東京都/1回目

初めまして、夢診断お願いします。

私は何故が一人で、超高層団地の(マンションよりコンクリート感がある)、階段を登りきった踊り場、というか通路に立っていて、その高い階から、何気なく、ふと、下を見下ろしてみました。
そこには、団地の下にありそうな、一般的な日本風景(ガヤガヤした道路とか、小学校とか)が広がっていると思ったら、一面に、壮大な西洋の針葉樹が茂ったような森が広がっていて、
針葉樹は、本物の針葉樹より、絵に描いたような形がコロンとしたもので、絵に描いたように深い緑で、果てなく几帳面にびっしり並び、薄っすらと幻想的な霧もあり、その針葉樹に囲まれるように、右寄りの中央に(森に比べて)小さな、丸い湖がありました。
丸い湖は波一つ無く、濁ってはいないのですが、逆に、マジックミラーか水銀のような不思議な輝きで、少し不気味でした。

自分は仕事が創作関連なので、不気味さを感じさせる風景や、異次元っぽい風景はむしろ好きなくらいで、恐怖を感じたりはしないのですが、見下ろした先の、余りの人っ気の無さに、自分一人、パラレルワールドに来てしまったかのような別の怖さを感じ、森から反射的に目を背けます。

そのとき丁度、団地に強風が吹いてきたので、身を守るように下の階に駆け下ります。途中で20代くらいの若い女性一人とすれ違います。言葉は交わしませんでした。
階段を降りるとあの森が広がっているんだよな、と思っていたら、何故か団地の外は暗めのエメラルドグリーンの湿地帯で、そこでは沢山のカメラクルーみたいな方々が、何かの撮影をしていました。森や団地の人っ気の無さに心細かったみたいで、全くの赤の他人ですが、何となく人が居てホッとしました。

長くなりましたが、以上です、よろしくお願いします。
[360]2017年04月19日 (水) 14時37分
Pass
  投稿者:鈴木めいや
☆ 夢解釈NO.1047 ☆

めめ様「森と湖」

はじめまして。
この夢は、創作関連のお仕事をなさっているときに働かせているような心の内側からの直観(あるいは内的な感覚など)と関係している内容であることを、ほんのりと臭わせています。

基本的に、夢のなかでは「下」や「地面」はより現実的な側面をあらわす場合があり、「上空」や「建物の最上階」は、より精神的な側面をあらわす場合があります。

おそらくこの夢のなかの超高層団地は、あなたの性格の一部である、あるいは意識や考え方がより人工的で合理的な(あるいは頭が固くなりすぎているときの一つの)側面を象徴しており、あなたはそんな心の世界の高みにのぼりきり、通路にたどりつきます。

そしてふと見下ろすと、まるでそのときの自分(人工的で合理的な精神状態)とは正反対に位置している対立物とも言えるような、森の自然の景色が広がっています。

広く一般的に、夢のなかの森や湖は、無意識の象徴であり、(スギかどうかは分かりませんが)針葉樹であるスギは、古来から、神様に最も近い樹といわれ、神様は天から地上へ移動するときに杉の樹を使っている、と考えられていたようです。

もしこの夢のなかの針葉樹がスギかそれに近い心像であるのなら、この夢は神聖さと関わります。

おそらく不気味さや怖さを感じたのは、そのとき自分がいた心の状況であるこの世界(コンクリート感のある超高層団地)とはあまりにも根本的に違う世界感であったためかも知れません。
わたし達は誰でも、自分とはまったく違う何かを目の前にしたとき、不気味さや怖さを感じるものと言えます。

そのときに吹いた強風は、なにかが劇的に変わるときの大きなエモーションをあらわしており、あなた(夢のなかの自我)は身を守るように下の階(精神的な側面からより現実的な側面)へと降りていきます。

そこにある湿地帯では、何かの撮影をしておりますので、そこは映像に残すほどの大きな価値のある内的ななにかをあらわしているのですが、詳しく解釈していくと長文になってしまいますので割愛します。

もし、創作関連の仕事というのは、アイデアなどの内的な側面と向き合う必要があるお仕事であるとすると、この夢は、お仕事をなさっているときの心の働きと何らかの関係がありそうですね。
いかがでしょうか?

この夢を詳しく解釈するためには、やはり諸々の心像の連想を広げる作業や、あなたの心理学的な性格類型などの情報を必要とします。
[361]2017年04月19日 (水) 19時24分
Pass

  投稿者:めめ
早々のご返信、誠に感謝しております。
スギが神様に最も近い樹というのは、初耳でした。大変驚きました。

以前、創作は「天のものを地に下ろす作業」と言われたことがあり、
スギ(針葉樹)が果てなく出てくるこの夢が、創作しているときの心象の働きに近いというのは、その通りかもしれません。
天に行って、感じた何かを地に下ろしている時を見たのでしたら…嬉しいです。

それと、神様というお言葉が出てきて思い出したのてすが、不思議な、水銀のような湖は、よく神社に祀られている神鏡を寝かせたものにも見えました。

本当にご丁寧な解説で、感謝しております。
また機会がございましたら、宜しくお願い致します。
ありがとうございました。
[362]2017年04月23日 (日) 11時05分
Pass




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板