無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

愛書家の雑談室

本サイトへの雑談・御指摘・その他を適当に書いてね

 

本サイト「愛書家の縁側」へ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン (リスト) (リスト)
削除キー 項目の保存


[607]金星人地球を襲撃す 投稿者:Takeahero

投稿日:2009年06月21日 (日) 00時33分

 えーと、いきなり不躾かつ失礼な事を言ってしまいますが、御寛恕下さい。

 「金星人の尖兵」

 今一度、いや二度くらいの推敲をお勧め致します・・・。
[608]Takeahero様、ご無沙汰。投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2009年06月21日 (日) 09時52分

とりあえず気密と一台ぐらいかな?
[609]投稿者:Takeahero
投稿日:2009年06月21日 (日) 11時21分
 あともう一カ所です。
 誤字とかじゃなくて、字抜けです。

 ”金星探検が進んでいという話だ”
[610]投稿者:Takeahero
投稿日:2009年06月21日 (日) 11時41分
 そう言えば、クリスティーは全部読破(戯曲以外)したんですけど、既にほとんどの内容は忘却の彼方・・・。
 マープル物は特に・・・。
 あの婆さん、なかなか肝心な事言わないくせに、どーでもいいことはペチャクチャ喋る。
 クリスティーの描くオールドミスって、大体どこか歪んでるような気もしますが、自身と重ねていたんでしょうかねぇ?
[611] ふむふむ。そこも訂正。投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2009年06月21日 (日) 13時52分
 クリスティって、素敵ですね。
 今読み直すと、いろいろおかしいところ、無意味にじれったいところがあります。出版当時はみんな、夢中になってこれを読んだのでしょうね。
 いま読んでいる本にも、クリスティについてのネタがあり、おかしかった。当時の読書階層にとって、ネタバレしないで内容を語るなんて、大変な苦行だったでしょう!w
 今もそうですけど、少なくとも今はもう昔の本なんだからといって逃げられますけどね。(あはは)

 クリスティとかクイーンは、ちょっと囓っただけだけど、本棚を見たらミステリだけでも、エド・マクベインとかペリイ・メイスンとかがぞろっとありました。ネタには困らないな、当分。(,⌒-⌒) v

[605]ザ・ライト・スタッフ 投稿者:倉野

投稿日:2009年06月13日 (土) 01時41分

トップにリバーシがあるのに先程気がつきました。危険です。危険すぎます。遊んじゃうじゃないですか。(笑)

更新リストに「ザ・ライト・スタッフ」を見つけたので、懐かしくなりました。
今でも私の携帯の着信音はこの映画のイェーガーのテーマ曲です。

そういえばマーキュリー7の一人スコット・カーペンターは映画では目立ちませんでしたが、その後作家になってアメリカ海軍もの『海底の戦場』(二見書房・絶版)が日本でも出版されていますね。
ありえないような展開も多かったのですが、キャラクター設定が面白かったです。(とても好きな分野といっていいくらい、しばらくはまりました。続きが日本では翻訳されず残念)

それから「彷徨える艦隊」の艦名リスト、とても参考になりました。
読みながら「??????」となることが多かったのですが、これで迷わずにすみそうです。

では、リバーシに戻ります。
[606]>リバーシ投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2009年06月13日 (土) 13時16分

 なにね、これ貼り付けて上手くいったらすぐはずそうと思っていたんですよ。プログラムでたった一行だし。
 ところが、自分ではまってしまいました。
 勝ちパターンを見つけてもまた負けたりすると、もうだめです。(爆)

 という訳で、しばらく貼っておきます。
 飽きても、よそのページに移すだけだと思いますのでご心配なく(なにがだ)。

 「彷徨える艦隊」
 2巻の最後の1/4あたりになると、艦船リストがないと訳わからんことになると気づき、ちょいちょいと作ってみました。すると、1巻もフォローしないとどうしようもないという、当たり前の事に気付き、やり直し。(ドジ!)
 ぱたぱた作ったので、不具合もあると思いますが、あると便利ですよね。これで3巻が遅れるとか出ないとかになったら、暴れてやろうかと考えています。(わはは)

[601]ラインの守り 投稿者:Takeahero

投稿日:2009年05月31日 (日) 12時16分

 またしてもツッコミのみ・・・

 ひっくり返すべきは 体制 ではなく 退勢もしくは大勢  であるべきで、

 迎え撃つべきは 構成 ではなく 攻勢 であろうと存じまする。


#えいが
 娯楽作品としては、まぁ面白いと思いますね。
 戦車がアレなのは仕方ないですが、実物使ってるだけでもマシかと。
 東宝8.15シリーズのオモチャに比べれば、迫力の点で雲泥の差ですし。

 ・・・ゴジラシリーズだと、オモチャでも許せるんですが、戦記特撮だと許せないんですよね、何故か。
[602] ふむ、ご指摘多謝。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年05月31日 (日) 17時05分
 で、読み返してみて、
  体制 → 不利な情勢
  構成 → 奇襲攻撃
 と変えてみました。

 後者付近の文章に関しては、後で考えてみると、突発的な奇襲のなかで守備戦闘の最高責任者は誰なんだ、といったら各個の前線の連隊長・師団長クラスか、さもなければアイゼンハワーにまで上げるしかないのかなぁ。ここは今んところ戦場にはならないよね、と思ってばらけていたところに、いきなりいるはずのないドイツ軍がなだれ込んできたんですからね。
 しかし現代のアメリカなら、もしかして何十年かかっても執拗に責任追及をするんじゃなかろうか。と、「巡洋艦インディアナポリス撃沈」を思い出して考えました。
 まぁ、この方が、陰にこもって罵倒するよりはましかも知れませんが。(笑)

☆特撮
 昔、理屈っぽい小僧だった頃、特にこの本を読んでから見ると、あの映画は我慢ならなかったものです。でも最近BSで放映されたのを見て、曲がりなりにもまともな戦車がまともに走っていたり、それなりの人間ドラマをしていることで、鐵太郎的には評価を上げています。年を取るってのは、妥協することなんでしょうかねぇ?(爆笑)
 まあ、戦争映画ってのはそもそも、戦争や歴史のファンが本当に満足できるものなど、とうてい作れないんでしょうけどね。 ┐(´ー`)┌
[603]投稿者:Takeahero
投稿日:2009年05月31日 (日) 18時08分
 戦争映画、リアルにすれば暗く陰惨になりすぎて集客を見込めず、
 といって、娯楽に徹すれば、ご都合主義のカタマリ・・・。

 「殺し合い」を映像化しようというのですから、どこかに無理が出ちゃうんですよね。

 年を取って、「大人の事情」ってヤツを理解出来るようになったので、
 妥協ではなく、寛容になったんだと思いますよ。
[604]>大人の事情投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年06月01日 (月) 10時27分
 つまり、映画ってのは集客数を高めるため、受けるために作るって言う事情を理解することが大人への階段、ってことなのでしょうねぇ。
 厳密な事実や合理性のある解釈より、受けなきゃダメ。資本主義の原則です。

 ヒネた子供は、考えちゃいけないんですよ。しくしく

[600]リバーシ 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2009年05月29日 (金) 18時34分

ゲームのパーツを見つけたのでトップに載せてみた。
結局自分で遊ぶためかも。w

[598]はっけん 投稿者:Takeahero

投稿日:2009年05月10日 (日) 23時07分

 ツッコミだけで申し訳ないのですが・・・

 伏見城・・・教徒の抑えって?一向宗でしょうか?京都ですよね。

 丹羽篠山城? 丹波だと・・・。
[599] ありゃりゃ投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年05月11日 (月) 00時29分

 ご指摘多謝。m(_ _)m
 ついでに気になる文章もちょっといじりました。長くなる一方だな。ww

 では、おやすみなさい。

[595]こんにちは 投稿者:E(ε;・茶・)

投稿日:2009年05月06日 (水) 20時18分

凄まじく今更の感じが漂うのですが、私のブログのリンクに載せていいですか?

久々にHP込みで改装しようと思いまして…。
[596] お久しぶり、茶坊主センセ!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年05月07日 (木) 11時45分
 どうぞどうぞ、なんとでも。
 単なる自己満足の趣味サイトですから。時々過激なことを書いて苦情のメールをいただいたりしておりますが、表面的には平穏無事ですな。(笑)

 こちらからのリンク先は、茶坊主氏のブログでいいですか?
[597]投稿者:E(ε;・茶・)
投稿日:2009年05月08日 (金) 09時26分
はい。おねがいします。

[593]あれれ? 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2009年05月01日 (金) 23時29分

 サイトの表示がおかしい。
 このページだけかな? へんな間隔が付いてら。

 ここからは行けるかな?w
 →ttp://homepage2.nifty.com/Tetsutaro/Writer/S/S078.html#S078-007

 最近はこんな事はなかったんだがなぁ。
[594] なるほど、なるほど。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年05月02日 (土) 07時44分
 直ったね。

 〈CENTER〉タグが一つよけいだったらしい。
 たったこれだけで、ああ言う表示やアンカーの狂いになるのか。
 ふうむ。 _〆(。。)メモメモ…

[592]頭が痛い... 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2009年04月25日 (土) 15時39分

 先日、立ち読みした本でむかっとしたので貶してしまった。いけませんな、こういう事は。
 その報いなのか、今日は朝から頭が痛いです...

 あ、貶した本って、結局買わなかったのでサイトには載せません。
 春だというのに、どうもいいことがないなぁ。

 本サイトの方には、歴史ネタの面白い本を載せたけど、趣味が片寄っているのは困ったもんだわ。w

[588]歴史って 投稿者:Takeahero

投稿日:2009年04月05日 (日) 21時22分

 歴史って、特に学校で習うヤツは、対立と戦争を時系列順に羅列しただけなんですよね。
 実際に記録が残ってるのも、そういうのばっかりなんで、仕方ないのかも知れませんが。

 国家・民族・宗教、と、対立の原因は多々ありますが、結局一番の根っこは隣人憎悪じゃないかなぁ、とか思います。

 史実上、隣国と争ってない国は皆無でしょうし、その隣国は、民族・宗教が違う場合が大半。

 盛期にある国家は、大概膨張政策に奔って近隣を攻め、どっちが勝とうが残るのは、しこりと対立。

 結局、人間てのは感情の動物なんで、”隣国とは仲良くすべき”と理解はしていても、過去の経緯なんかを思い出すと、”隣国憎し”の感情が先に立ってしまうんですよね・・・。

 性と言うべきなのか、業とすべきなのか・・・どちらにしても、そう簡単に割り切れるもんじゃないからなぁ・・・。

 あーなんか、取り止めない文になってしまいました。深謝。
[589] 歴史って、難しいですねぇ。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年04月06日 (月) 18時03分
 単に史実だけを並べていっては面白くない。それに、単に並べていったのでは原因と結果の考察がなくなる。
 そこでなんとかしようとして、人物史や政治史・軍事史を入れると、今度は価値判断の問題が出てくる。つまり、何かに肩入れしちゃって、どちらの方が「正しいか」という判断をしてしまうようになる。正しいものがあれば、その反対は悪い方ということになる。後醍醐天皇が正義なら、足利尊氏は悪人になる。ブルータスが正しければ、カエサルは悪人になる。
 
 これに戦争が絡んでくると、モロに善悪という言葉を使って大義名分を立てる必要ができる。世界の歴史上で、自分たちが悪い征服者だといって戦争しない。みんな、それが必要だからやむを得ず戦争をした、とか、神の導きによって、とか、従わない相手を征伐するいって戦争します。
 そんな大義名分がある限り、戦争をする口実はなくならないし、戦争はなくならない。

 ところがね、近代になると、戦争技術が向上して、効率よく敵の財産を破壊して殺せるようになったものだから、戦争をすると両者にとってどえらいことになるぞという「自覚」が生まれたんですよね。

 人の争うサガはなくならないけれど、こういう戦争を抑止する方法があるのであれば、それでもいいのかも...
 となりの半島のお馬鹿さんも、即全面戦争をする気はないでしょうからね。

 とりとめのない返事ですな、これも。w
[590]投稿者:Takeahero
投稿日:2009年04月06日 (月) 21時03分
 「全面戦争は、たとえ勝っても割に合わない」

 こういう認識が(欧米に)広まったのは、WWT以降でしょうか。
 10年前の日露戦争で、既に見えててもおかしくはなかったんですけどね。
 まぁ、”先進の文明人”たる彼等にとっては、東洋の辺境で”未開の蛮族”が何十万死のうと、興味無かったんでしょうね。

 にしても、認識した割に、わずか20年でまたおっ始めるんですから、人間てつくづく・・・。


 あーそうそう、健康保険て、適応じゃなくて適用だと思いますよ。
[591]>適応じゃなくて適用投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年04月06日 (月) 23時16分
 あは、そうですね。見直したつもりでも漏れますな。編集者にならなくて良かった。(わはは)

 ま、平和が一番良いけど、平和を守るつもりなら、やはり戦争を研究して、戦わなくてすむ方法を考えるしかないと思いますね。
 誰かに守ってもらって一生を終えられるのなら、人に汗をかかせたあげくに戦争をする人間など獣だと言ってすむのなら、それはそれで楽でいいんですけど。(おいおい)
 そろそろわが国も、楽してはいられなくなるらしい。嫌な話だなぁ。

 50年後に歴史を書く人が、どんな形容でこの時代を描くのか、ちょっと楽しみです。(ふっふっふ)

[586]本能寺かぁ・・・ 投稿者:Takeahero

投稿日:2009年03月21日 (土) 21時38分

 日本史に興味ある人間なら、邪馬台国と並んで関心あるネタですよねぇ。陰謀説も飛び交ってますし。

 まぁ何にしろ、事実は時の彼方、闇の中。

 真実は、それこそタイムトラベルでもして、惟任さんに直接訊くしか無いんですけどね。

 津本さんは、(出身地である)紀州の雑賀衆なんかの歴史には異常に詳しいんですが、
それ以外には、余り自説の開陳とかはしないみたいですね。

 「下天は夢か」も読みましたけど、非常に面白かったのは憶えてるんですが、
新視点とか新解釈とかに瞠目したような記憶は無いです。

 尤も、連載時に読んだ記憶なんで、単に忘れてるだけの可能性も大なんですが(歳ゆえ・・・遠い目)。
[587] そうですね、本能寺。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年03月22日 (日) 14時13分
 信長という人間が日本の歴史上消えることはないでしょうから、その最期の舞台も、消えることはないでしょう。その謎もね。
 この時代の三傑の中では、謎が残る詩という点ではトップでしょう。
 それに比べると、秀吉の最期はなんだかなぁ。(; ´Д`)

 信長ものは、ここ数年で、鐵太郎のマイブームになっているようです。まぁぼくのことですから、人情ネタとか刃傷ネタとか(さりげない駄洒落?w)だけじゃだめで、理屈の積み重ねや事実の裏付けによる新解釈を楽しむという偏屈な視点ですが。(笑)

 ネット上でもっともらしいトンデモ説の受け売りをする投稿に出会うと、脊髄反射して叩いてしまうのは、困ったもんだ。(きゃはは)

 本能寺の謎は、解明されたからといって歴史研究が進歩する訳じゃないし、誰かの利益になる訳でもなし、ある意味どうでもいいんですけどね、そんなどうでもいいことに執念を燃やすことができる時代っていいなぁ。
 この謎と、邪馬台国は大きな謎ですねぇ、たしかに。

 そうそう、浅野長矩が残したと言う言葉、「この間の遺恨おぼえたるか」という「遺恨」とは何か、という謎も、解明されてもなんの利益にならないのに解きたくなる謎のですよね。(あはは)
  
 津本さんの本って、評価があまり下がることもないし、読んでおくべきかとは思うんですが、いまだに食指が伸びません。なぜだろう。

[585]画像変更 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2009年03月02日 (月) 19時05分

トップページの上の写真、変えてみました。
同じところを同じ角度で撮ったのですが、色合いが違いますね。
風が強くて小雪が舞っていて、じっとしていると手が凍えましたよ。珍しく湖に白波が立っていました。

[583]そういえば、 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2009年02月11日 (水) 01時02分

トップページの上に、雪の磐梯山を上げてみました。
どうもレイアウトがイマイチだなぁ。
美的感覚はないから、どうもゴテゴテするんだよね。
 ┐(´ー`)┌
[584]素敵ですよ。投稿者:hush
投稿日:2009年02月12日 (木) 20時11分


 実は少し前から拝見しておりまして、なかなか見事な写真であると思っておりました。
 磐梯という艦名が赤城の候補艦名以外に見つからないと言う事情がなければ、御無理をお願いして使わしてくださいとお願いしておりました。
 

[581]あけましておめでとうございます 投稿者:病ん茶坊主

投稿日:2009年01月02日 (金) 17時29分

私が推薦したエアハルト・ベーレンツ、年末に読んでくれたんですね。
感謝!

私は今
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%90%94%8Aw%8Ej%81@%83f%83%85%83h%83l
これと
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AA-%E5%88%9D%E7%AD%89%E6%95%B0%E5%AD%A6%E5%8F%B2-F/dp/432001538X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1230884854&sr=8-1
これを読んでいます。

二週間で数十ページしか進まない・・・
[582] σ(・_・)?投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年01月02日 (金) 18時38分
 え? どなたでしょうか? え?
 って呆けてみせると、本当に呆けたと思われそうだ。(自覚アリw) 適当なとこでやめておこう。ww

 茶坊主教授、こちらでは始めましてかな?
 あけましておめでとうございます。
 そんな難しいものを読んで、頭が沸騰しませんか?(爆)

 とりあえず今は歴史ネタの方に走っております。信長に関するフィクションとノンフィクションを平行して読んで、頭の中で両方にツッコミを入れております。
 読む順番になっている積ん読本の中で、推薦していただいた本のうち、楽そうなものを選んで、次ぐらいに読む予定。w

 まあ、自分の専門の本ならどんなに理論が積み込まれても数式があっても頑張るのですが、楽しみで読む本に数式があると、ちとつらいなぁ。(あはは)
 でも、引き込まれると本気で読んでしまって、頭がワヤワヤになるのです。それもまた快感だったりする。(オイラはマゾっけがあるのか?w)
 乱読野郎ですので、またこういう本でも楽しんで読んでみたいですね。

[576]賀正 投稿者:Takeahero

投稿日:2009年01月01日 (木) 21時44分

 あけましておめでとうございます。

 今年も宜しくおねがいします。


 最近は映画館とか行かなくなりました。
 映像作品は専らDVDです。
 トシの所為か、タルいシーンとかスっ飛ばせないと我満出来なくて(笑)。
 まぁ赤壁は観る気ゼロですけど。CGてのに食傷気味なんで。

 インディ4とかハムナプトラ3とか観ましたが、ダメですね。
 以前のシリーズほど面白くなかったです。

 古い邦画のほうがよっぽど良かったです。砂の器とか初見だったんですが、アレは名作ですねぇ。
[577] あけましておめでとうございます。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年01月02日 (金) 00時19分
 今年もよろしくお願いします。
 2009年はいい年になって欲しいですね、いろいろと。w

 最近友人と飲みに行くと、酒に弱くなったせいとか、ヤバイ話題を避けようとするせいとかで、いったん映画に行って、その話題で盛り上がる事があるんです。そのために下調べは欠かせない。(笑) その結果、日付が変わるまで熱っぽく話し込んだりして、かえって次の日に答えたりする。(自爆w)
 年明けにちょっと誘われているので、「怪人二十面相・伝」などを見てみようかなどと考えております。世代的にはタイムリーかも。w
 DVDも良いんですが、たまには映画館もいいもんですよ。

 ところで鐵太郎は、映画ってどっちみち作りもんだと思っているせいか、CGにあまり抵抗がありません。不思議。
[578] あけましておめでとうございます。投稿者:hush
投稿日:2009年01月02日 (金) 08時58分


 旧年中は大変お世話になりました。本年もよろしくお願い申します。
 また、丁重な年頭の御挨拶を賜り、厚く御礼申し上げます。
[579] おお、hush猊下!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2009年01月02日 (金) 11時32分
 あけましておめでとうございます。

 いろいろと励ましをいただき、ありがとうございました。
 今年はいい年にしたいですね。
[580]投稿者:Takeahero
投稿日:2009年01月02日 (金) 16時55分
 あやや、hush閣下のトコロに御挨拶に伺うのを失念しておりました。
 知らんうちに、鳥街直リンになってたんですね・・・。
 猛烈に御無沙汰してしまいまして、申し訳ありません。

 大変失礼乍ら、こちらにて新年の御挨拶にかえて。

 改めて、今年も宜しくお願い致します。



#CG

 あっしは元々特撮系(アナクロな)なもんで、なんでもかんでもCGで済まされちゃう昨今はちょいと・・・。

 かつては、「どうやって撮ったんだろう?」と悩むようなシーンに出会う感動がありましたんで。

[575]流行りの映画はブログにするもんじゃないな 投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人

投稿日:2008年11月04日 (火) 23時49分

 ヒット数がいきなり一桁はね上がったのでなんだと思ったら、「レッド・クリフ」のせいなのねぇ。
 確かに面白かったんだけど、あまりヒットしてもあせるよねぇ。ww

 例の田母神さんって福島出身なんだって? たしかに、県南に多い名字だけど。ヤレヤレ、参ったね。
 頭悪そうなネット右翼が褒め称えているけど、内容もさることながら、公務員としてのルール違反をしては、認める訳にはいかんわなぁ。w
 内容の論文に関しては、言いたいことは山ほどありますな。こんな事で賞が取れる論文って、なんなのさ。w

[572]免許の更新 投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人

投稿日:2008年10月23日 (木) 20時41分

 免許更新の案内が来ました。
 誕生日の前後一ヶ月の間に行けばいいんですよね。
 なんとすごいことに、優良運転者としてゴールド免許ですってさ。へえ。
 前回は、たった一回の信号無視のせいで逃したんですけどね。やったね。(,⌒-⌒) v

 今日の金言:見つからなければ罪にならず(おい)


 本編の方で、30年戦争のネタが出てきてちょっとびっくり。ドイツ人、恐るべしです。パッペンハイムなんて人がいたんですねぇ。
 現在文章推敲中です。週末にアップの予定。
[573]投稿者:穴| ´8`)
投稿日:2008年10月28日 (火) 00時22分
ボキは去年原付の免許更新しましたが、その2〜3年前に一時停止無視でゴールドからブルーに格下げになりました・・・非常に悔しいです

蛇足ですが、免許更新して数ヵ月後に原付が壊れてしまいました
現在は愛車のプリキュア号(自転車)に乗っていろんなところに行っています
[574] あ、店長。どうも、しばらく。投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2008年10月28日 (火) 21時14分
 車に慣れたイナカ者なので、どこに行くにもつい車を使ってしまうのです。外に出るとき、買い物があったら持つのが大変だろうと勝手に思って、車のキーをもって出てしまう... ちょっと先のコンビニに切手と牛乳を買いに行ったときには、流石に自分にあきれたもんです。
 バイクか自転車を買いたいなぁ。

 更新手数料2100円と講習手数料700円を持ってこいとのことです。
 平成21年4月以降に更新する人は、運転免許証がICカードになるため、更新手数料は2550円になるらしい。
 その時は4桁の暗証番号を二つ用意しなくてはいけないとのこと。面倒なのか、楽になるのか。

[568]はつゆきの艦長は 投稿者:hush

投稿日:2008年10月20日 (月) 19時10分

 
 Goka Yoshihiroは伍賀祥裕2佐です。
>アルゼンチン海軍の父
 http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=Guillermo%20Brown&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi
 かな。
 
[569] おお!投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2008年10月20日 (月) 20時04分
 ありがとうございます、hush猊下。
 自衛隊関係のサイトをちょっと見たのですが、資料が見つからなかったので、あっさりとあきらめました。
 粘りがないな、最近。w

 Guillermo Brown... アイルランド生まれで「アルゼンチン海軍の父」ですか、なるほど。
 英文Wiki→ttp://en.wikipedia.org/wiki/Guillermo_Brown
 しかし、ウィリアム、ギヨームに相当するらしいこの名前、スペイン語ではなんと発音するんでしょうかね?
 さらに無学の幅が広がったけふこの頃です。Σ( ̄□ ̄;
[570]Guillermo投稿者:hush
投稿日:2008年10月22日 (水) 17時22分

>Guillermoはなんと発音する
 グリエルモだろうと思ってヨーロッパ人名対応表を調べてみたら、それはイタリア語の発音で、スペイン語ではギリェルモというわけの分からない発音になっていました。私も無知であります。
 なお、ジュアン・イグレシアス大佐のジュアンは、同じ表にファンと読み、ジョンのスペイン語読みだと書いてありました。
>Wiki
 閣下のお示しになられたWikiのページには英語版へのリンクがついておりましたので、ちょっと読んでみましたら、Creator and first admiral of the country's maritime forces, he is commonly known as the "father of the Argentine Navy"と、書いてありましたので、多分、アルゼンチン海軍の父というのは彼のことではないかとないかと思われます。
>viaje de instrucción
 直訳すると「教育の旅」ですから、練習航海という意味かも知れません。自信はありませんが。
[571] ファン? 投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2008年10月23日 (木) 20時33分
 ファンですよね。そういえば。
 何も考えていないなぁ。いかんいかん。

 そうそう、グリエルモという名も、最初は考えたんですが、なんかしっくりしなかったんですよね。発音は難しいなぁ。

[567]あれ? 投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人

投稿日:2008年10月17日 (金) 17時28分

なぜか表示の順番が来るってら。
不思議。w

[547]ををっ! 投稿者:Takeahero

投稿日:2008年07月27日 (日) 21時41分

 ”守り人”シリーズ読まれましたか!
 自分も”精霊〜”読んで翌日に”闇〜””夢〜”と買ってしまいました。
 とても児童文学とは思えないですよね、あの内容。

 しかしあの主人公の造形、女性作家ならでは、ですね。
 男性作家ならまず間違いなく美女か美少女のハズ。
 加えて身体が傷だらけ、なんて有り得ない。
 
 どこかで読んだんですが、マンガの世界でも、美女やら美少女キャラ(特に顔)をスプラッタしちゃうのは、ほぼ女性作家だそうです。

 男性作家は、殺しはしても、あまり醜くは描かないんだとか。抽象的だったり、血溜まりの中に倒れてるだけだったり・・・。

 やはり男性には、創作物と雖も、「女性の身体を傷つける」事に対して、潜在的な抵抗感、もしくは罪悪感が存在するらしいです。変質者とかは別にしてですが。

 そう言えば、あの「北○の拳」でさえ、女性は殺してないんですよ・・・。
[549] 読みましたよ、守り人シリーズ。投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2008年07月28日 (月) 00時38分
 ちょっと間を置いてから次を読みます。ぶっ通しで読むと頭が混乱するから。(笑)

>女性の身体を傷つける」事に対して、潜在的な抵抗感、もしくは罪悪感が
 ああ、それはあると思いますよ。
 そもそも、よりリアルな設定を好むぼくにとっては、女戦士が男より必ず露出度が高い服装で、膝から下やヘソ出しルックがデフォルトになり、女性の描く女戦士までそうなっているというのは納得できなかったりする。(わはは)
 アメリカの、女性プロ野球が出来た時代があったのですが、半ズボンや露出度の高いユニフォームを着せられたことが、選手たちにとっては怪我が多くなるので不愉快だったとか。しかし男尊女卑の時代ですので、否応なしにさせられたそうです。
 ま、結局は男の都合の良い視点なのでしょうか。
 
 守り人シリーズでちょっと気に入っていたところは、主人公が男と同じように怪我をして、同じように苦しむことかな。
 こんな世界を描く人は、マイナーなのでしょうね。(笑)


 それはそうと、またまた一杯本を買ってしまったので困っています。(アホ)
 来週は、フロスト警部の新作が出るし。まいった。(自業自得)
[550]投稿者:Takeahero
投稿日:2008年07月28日 (月) 22時44分
>男の都合〜
 まぁあれです、男と言うよりも主要購買層ですか。
 少女マンガとか読むと、全く逆の状態ですし。
 美少年が、有り得ん数出てきますからねぇ(笑)。

 実際自分も、ビキニと見まごうばかりの甲冑には呆れてるクチですが、映画「300」みたいな、黒パンツ一丁だけの野郎どもに比べたら、アッサリ許しちゃいます。
 男のサガですかね、やっぱり。

>女性プロ野球
 確か、映画が有りましたよね。観た記憶があります。
 「プリティ・リーグ」だったっけか。
 WWU時のハナシだったような気がしますが、既に記憶が曖昧です(苦笑)。

 あ、そうそう、RSBCの表紙(何巻だったか失念)の戦闘機ですが、「フォッケウルフTa183」ですね。
 作中では、架空艦載機バージョンの「〜483」だったかな・・・。
[551]守り人シリーズ投稿者:にっけ
投稿日:2008年08月03日 (日) 20時10分
>守り人シリーズ

ただいま、二作めを読んでます。最初のお話より面白い、と思っております。
山の王への挑戦行為、男たちの名誉欲(自尊心と直結してるのかなあ)あたりが大人好みなのかもしれません。あと、バルサが骨太な感じが、ね。

あ、兄妹たちの微笑ましい会話や牧童たちの意外な正体というのも好きです。

>女戦士が男より必ず露出度が高い服装で

寒いだろうなあ、と見るたびに思いますね(笑)。
男性戦士も全身がっちり甲冑というより、適度に露出してる方がかっこいいと思うんですけど。

あ、すみません、紳士としてはRESに困りますか。

[560]日本の陰謀掲示板?? 投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人

投稿日:2008年09月28日 (日) 16時12分

 「日本の陰謀掲示板」というサイトで、拙サイトの文章がそのまま掲載されております。

 「日本の陰謀(2)・参照一覧006」と表題されたページです。
 ttp://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/Y/jre006.html
 旧日本海軍に所属された黛治夫元海軍大佐の著作に関する拙サイトのページを引用されておりますが、いかなる意図で引用されたのか、何もご連絡いただけないのでわかりません。
 私の文章に関しては、断固として誰の引用でもありません。証明はできませんが私だけで書いたものであり、孫引きには当たりません。
 また、陰謀論に関する文章ではないと、確信しております。
 問い合わせしたいのですが、このサイトの掲示板は、気軽に問い合わせができるようなものではないようですし、メールの連絡もどこから行えばいいのかわかりません。

 ネットで一度さらけ出した文章が転用されることは、それに依って金額的な報酬を得てない以上、やむを得ぬところと思ってあまり意識しない方針ではありますが、まるごとの転用というのはいかがなものか。
 何か一言あってしかるべきかと思います。ご連絡いただければ幸いです。
 当方のメールアドレスは、メインページの一番下に記載されております。
[562]よくあるんですよ投稿者:hush
投稿日:2008年10月01日 (水) 19時09分
  ttp://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page119-1
 どうやら、このページの関連で、
閣下の文章を引用したようですね。
 ま、迷惑な話ですが、左上のリンクをクリックすればもとのページ(それも該当部分への直リンクですが)に飛べるので、それで可と考えているようですね。
 「無許可での複写 および 転用は、ご遠慮願います」と、もう少し大きな字で書いておかないといけないのか、それとも黛で検索をかけてダイレクトに該当ページに来たのか分かりませんが、後者の場合は全ページに注意書きを書く必要があり、美観を損ねる上に、面倒この上ないですね。
 
[564] ああ、ビハール号事件ですね...投稿者:鐵太郎(てつたろ)@管理人
投稿日:2008年10月01日 (水) 19時52分
 黛氏の戦争中の行為については、また別の機会にと思って無理に該当ページでは突っ込んでいません。この事件で黛氏は左近允中将に責任を押しつけた格好で免罪されていますね。
 結局後付けで言うだけですが、黛氏に関しては、人間的に賞賛できない点がある人ではあります。
 しかしこれは陰謀という問題じゃないと思うんですけどねぇ。

 軍人としての黛氏は、WW2において優れた戦果を上げており、それを否定することはできません。人は、その与えられた状況の中でいろいろするものです。特殊な状況に置ける行為一つで、その人の人格すべてを決めつけるのはいかがなものかと。

 ああ、こういうネタで過去の人間を現代の道徳観・倫理観で裁くのは嫌だなぁ。

 無許可での複写及び転載はいやだよ に関しては、報酬を得た文章ではないのですから、それこそ個人の良識にまかせる問題であり、そういう人のサイトであれば、それはそれなりの価値なんだよな、と思うことにします。

 いずれにせよ、ちょっと静観します。(; ´Д`)




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板