無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

愛書家の雑談室

本サイトへの雑談・御指摘・その他を適当に書いてね

 

本サイト「愛書家の縁側」へ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン (リスト) (リスト)
削除キー 項目の保存


[829]あいやー 投稿者:Takeahero

投稿日:2012年01月22日 (日) 21時47分

>特務機関

 なんかのっけから・・・

 再度推敲を強くお勧めします。

>なりまさ

 ケツのほうに誤字アリ。
[830] どもです。投稿者:てつたろ@放浪中
投稿日:2012年01月26日 (木) 19時38分
 現在放浪中です。
 渡しへのコンタクトは、矢切りにて受付していません。(おい)
 急いで書くとロクな事がないなぁ。
 現在読んだ本を5冊ほどため込んでいますが、いつネタを書けるのかわかりません。
 ごめんね。

 出張先のホテルのVista機とOfficeIME、使いにくくて気が狂いそうなので無理をしないことにしました。
 ごめんね。

 以上、言い訳モードにて失礼します。(ぺこ)
[831]投稿者:Takeahero
投稿日:2012年02月01日 (水) 20時23分
 いやー、別に謝られる必要は無いかと。
 お仕事ご苦労様です。


 P.S.

 返信不要

[827]イスラムの「英雄」サラディン 投稿者:Ginga

投稿日:2012年01月21日 (土) 01時06分

十字軍物語を読み終わった後、この本を図書館で借りてきて読み始めたところでした。

図書館の蔵書を”サラディン”で探したら、この本と、
”織田信長 対 サラディン”て本の2冊が見つかったので、両方借り出した。

なかなか読み進めてないです。
[828] Ginga様 これはこれはお久しぶり投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2012年01月21日 (土) 22時47分
 「出稼ぎくん」から先ほど帰宅した所です。
 なかなか更新が進みませんので、まだ「サラディン」が最新ですね。
 この本、なかなか面白いのですが、内容が濃すぎました。

>とりあえず落ち着いてからもう一度読み返してみようかな。
 などと書いていますが、読み直しをあまりしない人なので、まったくの口からでまかせです。(こらこら)

 現在、工藤美代子さんの「山本五十六の生涯」を購読中ですが、これについてサイトに書くのはいつのことやら。(笑)

[825]謹賀新年 投稿者:Takeahero

投稿日:2012年01月01日 (日) 22時47分

 あけおめ、ことよろ、です。

 失礼な書き方かなー?とも思うんですが、ぶっちゃけアチコチ回ってると、メンドクサイってのが先に・・・。

 まー、イマドキって事で許してつかぁさい。
[826] あけおめことよろ!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2012年01月02日 (月) 11時06分

 ...ってのは、古式ゆかしき小笠原流、ぢゃなかった、にふてぃ流の挨拶ではありませんか! 前世紀の遺物ですぜ。なんせ拙者がご幼少のみぎり。いやその。

 まぁ、今年はいい年になりますように!

[822]くっくっくっ 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年11月29日 (火) 04時35分

 シッタカなら負けませんよー

>防衛戦隊

 18インチが云々と仰ってますが、この場合魚雷艇がモチーフなんですよね?
 何気にWWU当時の魚雷は21インチか18インチってのが相場なんですにゃ。
 航空魚雷はほぼ18ですにゃ。
 魚雷艇に積まれたのも18が主流。デカい奴なら21もあったみたいですがにゃ。
[823] まいどォ!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年11月29日 (火) 20時43分
 うん、魚雷もたしかに18インチがあるんですが、この「艇」に搭載された18インチ・パルスレーザー砲は、大型戦艦に搭載されるものなのだそうです。むろん、その場合連発も可能。また戦艦は、氷の分厚い装甲を持っているため、防御力も高いらしい。
 巡洋艦などは、それより口径(?)の小さいレーザー砲を装備しているという設定。
 だから、この場合の18インチのモチーフは、大和に搭載された46サンチ砲なんだろうなと思った訳。
 大和級だけでなく、ほかにも18インチ砲を搭載したフネがあったようなかすかな記憶があるんですが、面倒なので突っ込んでいません。(おい) ハッシュハッシュ・クルーザーじゃないよな、たしか。

 装甲などなきに等しいこの「艇」は、喩えるならなんでしょうね?
 ナポレオン戦争時代に、大口径砲を小船に積んだ「砲艦」がありましたが、あの系譜なのかな。
[824]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年11月29日 (火) 23時23分
 大艦も食える再装填不可の主兵装を持つ小型艇となれば、魚雷艇しか無いですねー。
 大和を引き合いに出されたのは解ります。
 あー、18in主砲なら、HMSフューリアスですね。
 2門積む予定が1門になって、それすら速攻で撤去されて、結局空母に化けたハッシュの末娘。

 帆船時代の砲艦は、主砲は臼砲で対地砲撃がメインだったみたいですから、これの系統じゃ無さそうです。

 小艦艇に巨砲ってのは、火砲である限り反動を吸収し切れないって枷がありますから、SFならではのギミックと考えておくのが吉かと。

[820]今回はツッコミのみ 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年11月07日 (月) 17時57分

>十字軍

 だいぶ下のほう・・・

 機関× 帰還○

>SBS

 これも下のほう。

 効きまた危機? お?




#戯言

 ラノベに限らず、どのジャンルにもアタリハズレはあるわけで・・・。
 特にラノベは、ジャンルとしての定義が確立してませんから、玉石混淆の度合いが著しいんですよね。
 まー十中八九石どころか砂利ですが(笑)。
 現在はなんか粗製乱造状態なんですよね。初期のほうが質は高かった気がします。
 今はTV番組みたいな感じで、「とりあえず出してみて、売れれば続刊、売れなきゃ絶版」って姿勢が見受けられますんで、質的にはかなり落ちてるような。
[821] どもども。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年11月07日 (月) 20時00分

 ラノベラノベといっても、表紙絵とか挿絵とか口絵とかを見れば、遙か昔ソーゲンが「火星シリーズ」で行った若者向けのアピールと同じなんですよね。中身がどうかというと、それまでのお堅い文庫本のイメージから中高校生がワクワクドキドキできる本に鳴ったという点で画期的だし。
 そう考えてみると、歴史は繰り返しているのかも。

 それに乗れないってことは、単にこっちが年取っているだけなんでしょうかね...
 いかん、なんだか悲しくなってきた。(-_-);

[816]ご無沙汰しとりま 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年11月02日 (水) 17時07分

 hushげいか(漢字出ねえよ、このPC・・・)じゃ無くてすんません。

 いやもう、MyPcが突然死しまして・・・。

 まぁ長患いの挙句逝くPCってのも無いでしょうけど(笑)。

 http://mwbunko.com/product/2011/03_02_isbn.html

 これ、結構面白いです。

 最近2巻目が出たもんで、何となくお勧めな・・・。
 目から鱗・・・とまではいきませんが、「へぇ〜」なトリビアが結構出て来ます。まぁテーマが古本なんで。

 まぁ内容は軽めのミステリなんで、セオリー通り書き手がワトソン役なんですが・・・。

 ワトソン役って、往々にしてすんげー鈍臭いじゃないですか?
 結構立派な肩書きとか持ってるくせに、なんでここまで鈍いねん?な奴ばっかで(笑)。

 まぁ探偵の引き立て役は必要でしょうけど、あまりに不甲斐無い奴が多くて、個人的になんとなくイラついてたりしたんですが、この作品の主人公は結構切れ者なんで、溜飲を下げてたり。

 hushげいかは、別のサイトでカキコしておられましたよ。
[817] ご無沙汰です、Takeahero殿下!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年11月02日 (水) 21時55分
 殿下、っていうと真っ先に連想するのはパタリロだったりするので、いささか不穏当かも知れませんが。(爆)
 こちらはネット状況が悪く、やっと復旧しました。ヤレヤレです。

 根本の原因は、どこかで事故があった時にサージがここの光回線の大元ルーターを誤動作させたことのようです。そのため、各家庭のルーターもおかしくなってしまったらしい。
 前にも似たようなことはあったんですけどね。
 今回、ルーターの電源をちょっと切ってまた起動させるだけではおさまらず、大元のルーターを再起動させる必要があったらしい。なんやかんやあって、先ほどようやく復旧です。

 お薦めの本、面白そうですね。探してみましょうか。
 コミック仕立ての表紙絵って言うと、ラノベじゃないかと疑ってしまう心の狭さがあって(爆)、見のがしていたのかも。

 明日も仕事ですが、今夜はようやく復旧したネット情報を利用して、レン・デイトンの「電撃戦」をネタにしています。ほうほう、デイトンさんって、けっこうロンメルを貶していたんだなぁ。(笑)
[818]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年11月03日 (木) 16時19分
 いやまぁ、コレはラノベって言って良いでしょうねぇ。電撃文庫系ですし。

 本屋でも、ラノベコーナーに置いてあると思いまふ(笑)。
 まーオカルトだの魔法だのは出てこないですし、キャラも全員人間、舞台は日本なんで、正統派?ラノベじゃぁ無いですね。

 そいや挿絵も無いな。口絵はあるけど。

 デイトンの「電撃戦」、むっかぁぁぁしに読んだんですけど、それ以外にも類書を無数に読んでたりするもんで、既に脳内ではどれがどの本の記述だったか類別不能になっております(苦笑)。
[819] ラノベ... ふむ。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年11月05日 (土) 07時59分
 ラノベって聞いただけで距離をおいてしまうとすると、偏見ですな。情けない。
 とりあえず、探してみようかな。

 仕事が火を吹いて、ホームページビルダーがおかしくなって、その他いろいろありまして、ちょっとスランプ気味です。
 (-_-);

[815]サイト更新ができないよ〜 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2011年11月01日 (火) 07時23分

何ともスランプ状態。
困ったね。

そういえば、最近hush猊下にご無沙汰だな。
お元気でしょうか。

[813] 投稿者:X^2

投稿日:2011年09月17日 (土) 19時35分

偶然こちらに辿り着き、初期のローダンシリーズ粗筋を読んで、以前から気になっていた疑問を思い出しました。
「081 祖先の宇宙船」だけを切り取ってジュブナイル化されたものを、子供の頃に読んだ記憶がおぼろげにあるのですが、実際にそのようなジュブナイル版は存在したのでしょうか?

ついでの疑問ですが、多くのジュブナイル版の場合、途中の展開や結末が本来の作品から変更されている場合が多いのですが、この辺りは著作権上問題とはならないのでしょうか?
[814] X^2様 どもども投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年09月17日 (土) 21時46分
 「081 祖先の宇宙船」 のお話は、「094 燃える太陽」に引き継がれました。どちらもダールトンの書いたものですね。
 ダールトンの考える未来世界って、今回最初の頃のエピソードを読み直してみると一種独特で、なんとまとめたらいいのかわかりません。この連作も、いったい元ネタはなんだろうと考えると、小一時間悩んでしまう。(笑)

 さて、お尋ねの前半について。
 わかりません! (きっぱりと)  ・・・おいおい  ^∇^;A
 ありましたっけ、そういうの? うーむ、過分にして記憶にないなぁ。

 お尋ねの後半についてですが。
 これも、責任を持った回答はできないのですが、抄訳や改訳は昔からありました。かつての小中学校の図書館に必ずあったホームズ全集、ルパン全集などは、みな子供向けの抄訳というか、原作を元に書き直したものをさも翻訳のように思わせていたものでしたっけ。一緒に並べられた江戸川乱歩の少年探偵シリーズとバランスが取れていて、子供的には読みやすかったような記憶があります。
 これも、一応正式に著作権の交渉はされていたとどこかで読んだことがあるのですが、いまこの瞬間は思い出せません。

 その他、子供向けの言葉で翻訳されたもの以外でも、原作から大きく書き直されたものも、明治初期の黒岩涙香の「噫無情」、「巌窟王」みたいな翻案ものはともかく、少なくとも戦後のものであれば著作権についてはクリアされているとはず。
 まァ、いやしくもここは日本ですからねぇ。(笑)
 このテーマで、たしか誰かが書いていたよなぁ。だれの本だったかな。

 私の記憶は、自称「遅動信管」なので、刺激を与えられて運がよければしばらくたって思い出すかもしれません。(なんて無責任なw)

[808]あ〜 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年08月15日 (月) 13時54分

 何かもう、今回はダメダメですよ先生・・・。

 一々上げてられない位ありますぜ、ツッコミドコロ。
[809] 取り急ぎ、4つばかり小物を発見。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年08月15日 (月) 20時09分
 あとはなんだろうなぁ?w
[811]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年08月15日 (月) 20時57分
 えーと、今ん所残余は・・・

 信長   視聴率を撮りたい×

 双子星  責めかかる×

 モヒカン ナティ・バムボー・・・? スペルは違う気が・・・


 気づいたのはこんなトコっす。他にもあるかもですけど。
[812] あり?投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年08月16日 (火) 15時21分
 ちょこちょこ直してここにその件を書いてPCを閉じたら、どうも掲示板の方がカキコされていなかったらしいですな。
 確認しないですんません。
 あわせて6箇所ほど訂正すますた。(; ´Д`)

[807]今日は書けなかったィ 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2011年08月09日 (火) 22時44分

 そりゃあさ、ブログだのツイッターだのにしょうもない話を書いていればさ。しかたないよね。
 寝よ。

[806]うわぁ、書けていない。 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2011年08月06日 (土) 19時49分

 今週はまだ全然上げていない。
 ちょこちょこ書いたところはあるけど、できていない。
 こまったな。

 しかし、暑い。
 夏が戻ってきたよ。(; ´Д`)
 室温は今34℃。エアコンを入れずにどこまで粘れるか。(笑)

[805]やっと書いた 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2011年07月31日 (日) 22時37分

 やっつけだな、これは。
 おかげで(?)いつもより短い。
 こんなのもいいかも。(笑)

[804]記事が書けん 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2011年07月31日 (日) 19時08分

 途中まで書いた分、なんとか今週分としたいんだけど書き上がらん。
 どうしよう。(; ´Д`)

[803]21MM-392 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2011年07月27日 (水) 12時25分

 日付を一つコソーリ訂正。w
 やっぱ、4月ですよね?(笑)

 それと、ふるいふるいカビの生えたようなSFを読破中なう。
 検索をかけると一瞬で出ちゃうから、クイズにもなりゃしないんですが。(あはは)

[801]ひとらーって・・・ 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年07月25日 (月) 15時17分

 ふふふ・・・今回は一杯ツッコめるぞ・・・いや、今回”も”かも?

 ジューコフはゲオルギィでわ?ベオルギーって・・・

 奪取の才 × 際 ○

 ウンザーギフトツヴェルグ って、同じ言葉なんすか?2回出てますけど・・・

 歴史の中に書かれた・・・埋もれた、の方がしっくり来るかと。


 独ソ戦・・・良く独逸に足りなかったのは石油だって言われてますけど、一番足りなかったのは兵力、つか兵役人口だと思うんですよ。
 この方面じゃ仏蘭西が有名ですけど、独逸だって負けず劣らず死んでるんですよね、WWTで。
 大英帝国にしたって、その兵力の大半は植民地兵だし。

 たった20年で、また大戦争おっ始めるってのは、欧州にとって何が何でも避けたかったんだろうなぁ、と。
[802] わぁい! たくさんあるなぁ。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年07月25日 (月) 19時33分

 まず、これを修正!

副題の「史上最大の空挺作戦」 カットぉ!
(これはメールで御指摘ありw)
ベオルギー・ジューコフ → ゲオルギー・ジューコフ
しかし、 → しかし、5月の
その2日後 → その48時間後 (原文に合わせて)
マントイフェルのいうことを聞きます」 → マントイフェルのいうことを聞きます」 (下巻P253)
ハインリーチも命はなかったのかも。 → ヒトラーが3日後に死ななければ、ハインリーチは地位だけでなく命もなかったのかも。

 その他、いくつか文章を追加。

 あ、ウンザー・ギフトツヴェルクって言葉は、原文の中でその前のふたつの言葉に同じくルビとして書かれています。原語はおまけにつけただけ。

 あと、「日食作戦」って言葉なんですが、現在はなんて言うんだろう? 連合軍とソ連軍の占領地域を定めた協定のことらしいのですが、今回は調べられませんでした。
 なんかこの言葉、頭に引っかかっているんですけどね。

 そうそう、最初に銀英伝を読んだ遠い昔、イワン・コーネフに吹いちゃったのはこの時代の軍人のイメージが強かったせいでしょうな。(笑)

[794]恐竜100万年 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年07月18日 (月) 23時45分

 先生っ!アサバオってなんですか?
 アサガオぢゃ無いんですかぁ?

 まーBとGのキーは近いですけどー・・・
[795] 浅羽...投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年07月19日 (火) 18時58分
 いや、巧いネタが見つからなかった。(笑)
 ここは訂正したんですが、ついでにさっきもう一つミスを見つけたのに、ホームページビルダーが立ち上がるまでに忘れてしまいました。
 情けなや、わが記憶力。ww
[796]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年07月20日 (水) 00時57分
 あー、も一個の間違いって、”エカリテナ”じゃ無いっすか?
 ふつー”エカテリナ”ですよね、ロシア女性なら・・・。
[797] エカテリナですな。ご指摘多謝。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年07月20日 (水) 20時48分
 とはいえ、見つけたミスはこれじゃないし、いまだに思い出せません。なんだかなぁ、わが記憶力って。
 (-_-);
[798]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年07月22日 (金) 00時13分
 ありゃ、違いましたか・・・。

 流石にまた読む気力も根性もありませんので、閣下御自身で精査なさってくだちい。

 ・・・まー思い出すのが一番手っ取り早いんでしょうが(苦笑)。
[799]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年07月22日 (金) 00時16分
 あ・・・もしかして”オハイヨ”かな?オハイオですよね。
[800] やーーーーーっと思い出しましたよ。(笑)投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年07月23日 (土) 21時01分
 名前のミス。こっそりなおしました。わはは。
 (気がつかれませんように)

 またWW2ネタの本を読んでいます。乱読が過ぎると、頭の中で本の内容がごっちゃになるなぁ。

 で、読み終えてハテナ。(ここ、ひとり言ですw)
 ヒトラーが最後にヴェンク将軍の名を叫ぶ描写があったのは、この本じゃなかったのか。
 なんの本だったんだろう? σ(・_・)?

[790]引き続き 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年07月03日 (日) 22時58分

 ツッコミで始めようと思います。

#ウォースパイト

 建造さられた?

 曲面× 局面○

 邦題× 砲台・・・なのかな?軍艦に砲台ってのはアレな気もしますが。

 14インチの方・・・砲ですよね?

#二水戦

 「朝霜」を裂き・・・裂いたらヤヴァいでしょう。割かなくてわ。


 ・・・ツッコミだけで終わってしまいました・・・(苦笑
[791] まぁいど!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年07月03日 (日) 23時35分
 寝る前にここをチェックしてよかったなぁ。(笑)

 魚すぱいと については、期待して読み始めたのにあちこちいろいろあってイラついたせいか、文章もまとまりなく間違いも多いですなぁ。困ったもんだ。

 二水戦最後の勝利といわれたあの戦い、実にチンケなものだったんですねぇ。日本側の視点で書いてもあの程度だったら、アメちゃん視点で見たら「コンバット」の一エピソードにもならんかも。なんだかなぁ。


 とはいえ、Takeahero閣下におかれては、ろーだんごときには突っ込んでくれませんな。(わはは)
[792]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年07月04日 (月) 21時39分
#壟断ごとき

 いえね、見下したりしてるわけぢゃぁ無いんですけどね・・・。

 シャーロキアンとかトレッキアンみたいに、熱烈なファンとか居る作品て、関わるつーか下手にツッコんだりするとヤヴァそうなんで敢えてスルーしちょる次第。

 まぁそもそも未読故、世界観とかがからきし分からんのでレビューも読んでないつーのが最大の理由なんですけどね。
 
[793]>老談投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年07月06日 (水) 07時04分
 いえいえいえ。守備範囲にないものをご苦労掛けるつもりはないんです。
 小官だって、○○○とか×××についてコメントせいといわれたら、首をすくめて逃げ出しますし。(わはは)

 老談の世界観に関しては、いろいろ抵抗があったりもしますしね。なぜ続けているのかというと、もう惰性ですよ、惰性。ただそれだけ。(笑)

[788]信長ねぇ 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年06月29日 (水) 21時33分

 今回はツッコミあり。

 次男三男の・・・正確× 性格○

 芸事・・・答える× 応える○

 他にもあったような気もしますが、忘れますた(オイ

 そいや、茶の湯でヤッチマッタのは、佐久間信盛じゃ?
 倅も一緒だったですが、そいつの名前は失念・・・信栄ってそっち?


 空軍大戦略かぁ・・・ありゃ映画に限ります。うん。
 実機ですよ、実機!
 Bf109とHe111の鼻っ面がイスパノなのが、ちとアレですけどね。
 まぁスピットやハリケーンも大戦後期に登場したモデルばっかしですが・・・でも実機!!!


 あー、BoBの頃のBf109はE-3が主力です。E-1はポーランドの頃。
 あとフォッケはFw”190”でっす。”109”じゃありません。
[789] 毎度ォ!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年06月29日 (水) 22時36分
>信長
 各種ご指摘多謝。
 この本では茶の湯に溺れたとして、息子の方の佐久間信栄を上げています。親父よりロクデナシだったと谷口さんは解釈したのかな?

>「空軍大戦略」
 映画ですが、見たはずなんですがあまり記憶に残っておらず、割愛しました。うーん、残念。
 実機がぶんぶん飛んでいる映画は、やっぱりいいですなぁ。
 今度どこかで捜してみましょう。

 メッサーの型番ですが、この本ではE1となっていたのでママとしました。そうか、時代的にはおかしいですね。
 MeとBfの表記のブレについてノーガキを垂れてみようかと思ったけど、長くなるし自己満足なのでやめました。(爆) この本ではMe表記ですね。
 フォッケの型番ミスは、恥です。ぢつはWW2ドイッチュのヒコーキで一番好きなのがフォッケFw190だったりするから。
 しかも、「どーら・のいん」と聞いただけで心臓ドキドキするミーハーだったりします。
 まぁ、こちらの趣味は軍艦に比べると深くはないのですが、ちょこちょこ楽しいネタがありますね。アドルフ・ガーラントさんなんて、けっこう面白い人物だったし。
 チャンネルダッシュの本が見つかったら、そのとき活躍したはずなので、また楽しめるかな。えーとあの本は... 「高速戦艦脱出せよ」だっかな?

[786]故郷は地球(違 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年06月25日 (土) 18時23分

 地球移動作戦は未読ですけど、MM9は読みました。ありゃ面白かったです。
 
 まー閣下と同じく、
 「鋼鉄で出来た200mの戦艦が3万頓なのに、50mかそこらの怪獣が同じ重さだと?何で出来てるねん?」
 とか思ってたイヤなガキだったあっしですが。

 ナニゲに、「妖星ゴラス」は面白いですよー。
 まー色々ツッコミドコロは満載ですけど、ソコがまた・・・(ニヤソ
 営業サイドのゴリ押しで、脈絡も無くいきなり登場したあげくにアッサリ殺られちゃう怪獣くんとか。
 ちなみに、この映画に登場したVTOL機が、科学特捜隊のジェットビートルに流用されてるのは有名なオハナシ。
[787] ♪シルバー シルバー シルバー あーっ投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年06月25日 (土) 22時00分
 と、ごく少数にしかわからないボケを。w
 参考→ttp://www.youtube.com/watch?v=ZMmOP4GDv7c

 うーむ、「妖星ゴラス」を見るべきか。悩んでます。
 ところで「地球移動作戦」ですが、パンツァーリートのメロディで作中の歌詞を歌ってみると、どうも字余りで上手く歌えないんですが、それもまたヨシかも。
  夜を翔け しじま裂いて
  悠久の闇 叡智で照らす
  猛き誇りの歌 響かせよう 宇宙に
  進めよスターシップ 太陽風(かぜ)の中へ(一番)


 いやまぁ、本サイトの方を早く上げないと、モニターがヤバそうなんでここに書いている暇はないはずなんです、実は。(笑) こいつ、ぐつぐつ変な音はするし、時々数秒間消えたりするんですよ。もう寿命かな。安くてよかった19インチ液晶なんですけどね。
 実はこれを書いている時も、数秒表示が停まったりしてます。(-_-);
 表示が回復した後で元のままの画面が出るって事は、PCの問題じゃないようなんで、純粋にモニターだよなぁ。
 液晶板とかバックライトじゃなく、電源部分がいっちゃいかけているようです。ヤレヤレ。
 金がない時だというのに、どーしましょ。(; ´Д`)

[781] 投稿者:Takeahero

投稿日:2011年05月29日 (日) 20時25分

 ご無沙汰でやんす。

 遠すぎた橋とかオリエント急行とか、懐かし過ぎます。
 映画ですけどね(笑)。

 急行のほうは原作も読みましたけど、やっぱし映画の印象のほうが圧倒的。
 キャストが豪華絢爛でしたよねぇ。
 ポアロ役の人(名前忘れた:爆)が一番無名っぽかったかも。
 でもあっしの脳内では、あの人が一番ポアロのイメージに近いんですよ。
 TVシリーズの人もまぁまぁですが。

 遠すぎた橋はねぇ・・・
 当時からミリオタだったもんで、観ながらツッコミまくってた気が(笑)。
 M4シャーマン戦車が山ほど出てきましたけど、ホンモノは僅か数輌だったとか。まぁ骨董品だし仕方無いんですけどね。

 なにげにWWUモノ映画で一番お気に入りなのは空軍大戦略だったり。
 やっぱホンモノですよホンモノ。CGじゃなくて。

 
[782] お晩でッス!投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年05月29日 (日) 23時32分
 ンとにご無沙汰でしたね。

 「遠すぎた橋」っていう方がやっぱ「遙かなる橋」よりいいですよねぇ。なんかしっくり来ます。
 これも「オリエント」も、ショーン・コネリーがいい役をやっていると、なんかそれだけでうれしくなるミーハーの本職であります。
 あ、オリエント繋がりで、「ロシアより愛を込めて」もお気に入りだったりします。(笑)

 ま、映画の「遠すぎた」は、少なくとも「バルジ」よりはましだったし、英第一空挺師団の苦闘とかソサボスキー少将の悲劇とか、なかなか良い場面もありましたので、本官的には評価はそんなに悪くないです。一度本物のアルンヘムの橋をナマで見たこともあって、映画の舞台との違いなんぞはおいといて気に入っています。

 そーいえば、オリエントと橋のあいだにあった某独軍元帥についてコメントがありませんね?(笑)
 あの本は、ちと綺麗事過ぎる傾向があるようでいろいろ問題はありますが、叩き台としてはいいのかも。
 ロンメルさんが親衛隊とどうかかわっていたかについて、今も議論はいろいろあるようですが、あの本ではまったくかかわっていないという書き方で、いささか無理があると思うのですけど当時はそういう見方をされていたんでしょうな。
[783]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年05月31日 (火) 21時17分
 あ〜、某元帥閣下に限りませんけど、名将か凡将か、見る角度によって大きく異なる人って多いんですよねー。

 二百三高地の人にしろミッドウェイの人にしろ、評価定まらず、な人いっぱい居ますからねー。

 駆け出しミリオタの頃は、ロンメルさんは名将だと思って・・・いや思い込まされていましたけど、今となっては・・・。

 万人が名将と認めるような人って居るんですかね?
 生涯不敗だった謙信とかネルソンくらいかな?
 あー中華の方には一杯居そうですな・・・不敗の人。

 近代戦で真の名将って居るんかいな?
 
 「コイツは愚将だ!」
 って断言出来るのは掃いて捨てる程居るんですけどねぇ(爆)。
 
 あー有名な牟田口は愚将じゃ無いですね。
 アレは極悪人もしくは大量殺人犯と呼ぶべきですにゃ。
 
[784] 名将ですかぁ。投稿者:鐵太郎@管理人
投稿日:2011年06月01日 (水) 20時40分
 ま、むずかしいですよね。
 ってのは、悪い方は加点方で、つまり悪い事例を積み重ねれば悪将、愚将の評価(?)は上がります。でも名将、良将ってのは、いい方の点を積み重ねればよくなる訳じゃない。悪いところを引っ張り出せばすぐ評価をさげてしまう。
 聖人君子だって悪いことをしたろうし、清廉潔白だけの人なんていないから。

 ネルソンだって謙信だって、人間的には貶すネタはいろいろありますからねぇ。
 うーん、名将か。難しいなぁ。

 WW2では難しいでしょうね。
 小澤治三郎中将とか宮崎繁三郎少将を持ち上げた本があったなぁ。誰の本だっけ。
[785]投稿者:Takeahero
投稿日:2011年06月04日 (土) 23時20分
 軍事的才能以外の部分まで含めちゃったら、名将なんて皆無になりますにゃ。
 大体スケベなのとかチャランポランなのとかばっかしですし(笑)。
 統治者としても有能な方がカッコイイですけど、それはもはや名将じゃ無くて王者もしくは覇者でしょうし。

 WWUだとまず居ないでしょうねぇ。
 小沢さんとか名将扱いしてもなぁ・・・実戦で敗けてるんだし。人間としては立派だったとしても、敗けたらダメっしょ。
 立派な軍人=名指揮官じゃ無いトコがねぇ・・・逆もまた然り。

 けど流石に東郷さんはアラ見つけるのが大変ですね。
 耄碌した晩年はアレですけど、老いは誰にでも来るモンですし、それで大敗北したワケでも無いし、と。

 あとは・・・ヤン・ウェンリーくらいですか(爆)。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板