無料で掲示板を作ろう  グンゼ-夏のタイムセール最終開催

愛書家の雑談室

本サイトへの雑談・御指摘・その他を適当に書いてね

 

本サイト「愛書家の縁側」へ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン (リスト) (リスト)
削除キー 項目の保存


[1339]在庫切れかぁ? 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年08月15日 (火) 21時23分

 読む時間がないのか読む速度が落ちたのか、記事にする前の読み終えた本のストックが切れてますな。
 なんだろね。

 そういえばいま読んでいる本は、ひどく面白いんだけど、真面目すぎるなぁ。(笑)

[1338]今回もアップ出来なかった言い分け 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年08月06日 (日) 22時53分

でも、言い訳の言葉はありません。
思いつかなかったので。(おい)

ちょっと込み入った記事になったので、なかなか進まなくってね。

[1335]続きです。「攻撃目標G」 投稿者:JerryFish

投稿日:2017年07月21日 (金) 21時50分

235ページ「細かいことはどうでもいい。ともかくもそれはあらわれた。なんだかよくわからないがいるものはいるのである。」

・・・(爆)www。いや、まさか佐藤先生の作品でこんな文章にお目にかかると思わなかったです。

236ページ「むろん危険が存在すると知り、あえてそこに向かった者たちについてはどうにもならない。」

ぶっw・・・。佐藤先生がご覧になった(と思われる)映画「シン・ゴジラ」をここまでコミカルでライトな狂騒劇に仕立て上げられるとは!!

「宇宙軍陸戦隊」の後の一服の清涼剤、また「地球連邦の興亡」の記念すべき「統合艦隊解散の辞」を述べられる柳田大佐(後の統合艦隊司令長官)のミッシングリングに繋げられるとは。

・・・。それにしても、やはり佐藤先生の夭折は本当に惜しまれるべきものです。佐藤先生だったら自分の死後征くべき世界を天国とも地獄とも、そんな陳腐な観念では語られないでしょうね。

その意味でも鐵太郎様の「白鳥の歌」、ワーグナーの騎士ローエングリン(になぞらえてるのでしょうか?)のように白鳥に乗って「去る」のが似つかわしいのかもと、今、ぼんやりと考えております。

それでは鐵太郎様とお母様のご壮健と、佐藤先生のご冥福を改めて祈願します。
[1336]JerryFish殿 どうもです。投稿者:鐵太郎@自宅
投稿日:2017年07月22日 (土) 17時44分
 佐藤大輔さんの急逝は、本当に残念でしたね。
 もっとたくさん読んでみたかった作家でした。

 「白鳥の歌」に関しましては、ご存じの様にネットでもいろいろ上がっていますが、

>白鳥は生涯鳴かないが死ぬ間際に美しい歌を歌うというヨーロッパの伝説より来た言葉、人生最後に披露する舞台や演奏や戦い、あるいは人生の最後に成した事を指す。

 という説明に従って、氏の最後の作品となってしまったと言うことで、そう呼んでいます。
 本サイトの中で、多島斗志之氏の最後の作品についてもそのような描写があり、よい言葉だと思って使っております。
http://tetsutaro.in.coocan.jp/Writer/T/T053.html#T053-009
[1337]お返事ありがとうございます。投稿者:JerryFish
投稿日:2017年07月22日 (土) 22時05分
鐵太郎様、お久しぶりです。

紹介していただいた御書評、そう言えば拝読してました。大変申し訳ありません。私の記憶力不足、「白鳥の歌」の事前のネット検索下調べ不足による不手際ですね。

『愛書家の縁側』を陰ながら応援させていただきます。

それでは失礼いたします。

JerryFish

[1334]鐵太郎様、お久しぶりです。 投稿者:JerryFish

投稿日:2017年07月21日 (金) 21時34分

暑い日が続いておりますが、
鐵太郎様とお母様のご体調はいかがでしょうか?

相変わらず私の方は鐵太郎様の御書評を
興味津々と面白く愉しく読ませていただいております。

お金も暇も根気も無いので鐵太郎様のフォローされてる
書籍に興味があっても中々読めないのですが、

つい最近に書評に挙げられた佐藤大輔先生の
『宇宙軍陸戦隊』だけは矢も楯もたまらず購読しました。

・・・面白いです!1日間で読み切ってしまいました!!

なので鐵太郎様には遥かにおよばずながらも私なりの
読後感を久々に雑談室に書き込ませていただこうとした次第です。

佐藤先生の文章を抜き書きしながら。

55ページ「地球連邦軍までがあらわれた。・・地球人類が銀河をじわじわと汚す時代の尖兵として振る舞ってきた。かれらは容赦なく牙をむく。たとえ同族であっても。そもそもかれらは地球の三分の一を反応兵器蒸発させることでその存在を確立した組織だからだ。」

地球連邦軍の捉えられ方が、佐藤先生の独特の世界観を感じさせます。戦後の旧日本軍やあるいは現在におけるもある方面の思想的傾向のある方々から見られる自衛隊、米国内からみた合衆国軍?あるいは中東から見られてる合衆国軍?・・・。どれとも違うような。

勿論、この地球連邦史を創り上げた以上、このハイリゲンシュタットWでの見方は当然となるし、これがこの物語の軸の一部分を構成するはずですし。

76ページ「(FHPを念頭において)地球人類は銀河のどこにいようが地球人類、連邦の基本方針はそれだ。」

81ページ「かれら(FHP)は信じてるとわかった。」「”我々は人類だ。”」83ページ「人類万歳。(バンザイ)」

212ページ(国場大尉)「どちらも選ばなかったからこそこうなった。理由はもちろん、連邦宇宙軍は人類領域すべての護民者たるべきとされるから」

そして国場大尉は彼自身にとれる精いっぱいの公正さを取らせた、そもそものウルスラ博士の動機が

214ページ「自信がない。ジェネミキサーについてはあらかじめ知っていたこともあったから。でもそれがバランスのとれた見方かどうかについては本当に自信がなかった。そう、つまりわたしはあなたを引っかけて自分の重荷を押しつけたわけ。・・・ときに残酷であっても、公正である事を信じて」

・・・現代の日本の価値観では例え1人であってもその人命が一番重い、ということになるのでしょう。でも、佐藤先生の地球連邦という人類そのもののサバイバルをかけた、クローンやテラフォーミングなど手段を選ばない手法と、その根本たる概念(公正であり、厳格な。FHPにとっても、ALHにとっても、国場大尉たちにも、ウルスラ博士にも。)が国場大尉とその指揮下の部隊に「一般待機命令」の挙
に出たのかと。

最後のラブロマンスは普通の作家さんなら取ってつけたようなものですが、ウルスラ博士が国場大尉の世間一般で言われるような魅力とやらを感じたのではなく、峻烈なまでに公正さを貫いてウルスラ博士に(問題を解決してあげたとかじゃなく)、人類というものについての見方とか回答を示したからでは?と愚考します。

・・・。読み終えた後は少しばかり虚脱して天井をしばし眺めてました。

重厚で押しつぶされるようでいて、読み進めることを止められない。
うーむ。

[1333]あー。 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年07月17日 (月) 22時35分

7/16と7/17、娑婆の仕事が入りました。
ツイッターなどやってはおりますが、ちょっとへばってるのでサイトのアップはお休み。

わんわん。

[1331]メモメモメモメモ 投稿者:鐵太郎@某所

投稿日:2017年07月10日 (月) 10時04分

http://tetsutaro.in.coocan.jp/Writer/D/D002SH.html#D002-041
でいくつか問題あり。
 「ほっっさ」
 そのすぐ下の写真の写真とその説明文、直すべき

http://tetsutaro.in.coocan.jp/Writer/R/Rhodan540.html#R400-546
にあるバート・ランカスターの写真、大きすぎないか

http://tetsutaro.in.coocan.jp/Writer/I/I037.html#I037-001
・・・エイリャとフィンの私の謎・・・
    「死の謎」だろうバーロー
[1332]タイトルなし投稿者:鐵太郎@自宅
投稿日:2017年07月10日 (月) 19時39分
おっけ! ∠(,⌒-⌒)

[1329]メモメモメモ 投稿者:鐵太郎@某所

投稿日:2017年07月04日 (火) 09時09分

L020 ジャン=クロード・ラミ の項
https://www.google.co.jp/search?q=Lamy%2C+Jean-Claude&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b-ab&gfe_rd=cr&ei=kNtaWcqwFtPo8AeQ9LOADQ
を参照すること。
[1330]タイトルなし投稿者:鐵太郎@自宅
投稿日:2017年07月04日 (火) 18時59分
 オーケー!

[1328]メモメモ 投稿者:鐵太郎@某所

投稿日:2017年05月26日 (金) 14時47分

作家別一覧表 Tの欄
T003 辻 邦生
リンクがないよ?

[1327]ありゃりゃ 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年04月30日 (日) 22時52分

大ちゃんの本を飛び越えて記事にしようと思ったら、たちまち時間切れに。
すいません、連休中にちゃんと上げます。今日はあきらめ。

[1325]佐藤大輔先生のご冥福をお祈りいたします。 投稿者:JerryFish

投稿日:2017年04月12日 (水) 03時37分

佐藤大輔先生の訃報に先月接してただ驚くばかりです。

『レッドサン・ブラッククロス』でかの先生の作品を知り、描写に胸を躍らせ読ませて頂いたのが、つい昨日の様です。

その後も他の作品でも魅了し続けてくれました。

遅筆癖を多方面から難じられたのも、先生の剛腕で大胆な設定の下に徹底した緻密な描写が惜しまれたからだと思います。

佐藤大輔先生のご冥福を祈ります。

JerryFish
[1326] 大輔さんが亡くなられた...!投稿者:鐵太郎@自宅
投稿日:2017年04月12日 (水) 19時28分

 JerryFish様、どうも。
 それは、知りませんでした。先ほどWikiを見て驚きました。
 まだ若いのに... 満52歳か。

 この方の右よりのスタンスはともかく、理屈っぽく執拗な描写と、絶望の中でも突き抜けるようなオプティミズムが好きでした... と過去形で語らなくてはいけないのが残念です。
 ご冥福を。

[1324]実というと、 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年04月02日 (日) 22時09分

フライングでもう上げちゃった分があるんだけどね。
「パラダイス・ロスト」
http://tetsutaro.in.coocan.jp/Writer/Y/Y041.html#Y041-004
とその下も。

[1323]ちょっと良い記事を書きかけなので 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年04月02日 (日) 22時04分

今夜の更新はやめときます。

明日はろくでもないことが待っているけど、まァいいか。
ふう。

[1322]ふむ、なんとか。 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年03月12日 (日) 19時53分

アップして、ゴミ出しに行ってきました。
明日はいい天気かな。
もうタイヤ交換しても良かったのかも。まぁいいか。来週だ。

[1321]ええと。 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年03月05日 (日) 22時28分

 今回アップはできず、です。
 うん、中の人も色々あるのさ。
 2本は書いたんですけど、3本目を書いている途中で色々あって。

 最近不眠症気味です。困ったな。

[1320]ふむふむ。 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年02月12日 (日) 22時12分

 やっとわかってきた、というか、このソフトとの共存ができるようになった、かな。
 ホームページビルダーってソフトには、上手い使い方はあるに違いないのだけど、どうも鐵太郎が使うにあたって時々地雷を踏みます。システムを再起動したことは何十回。データを前部入れ直したこともかぞえきれない。設定を入れ直し、新たにすべてのデータ転送し直したことももう何十回か。
 今回のも、結局はその延長的なもの、らしい。ヤレヤレ。

 なるほどね、こうなったらこうすればいい、という事はわかった。
 学習能力に欠けるから、次に同じ事が起きた時、忘れているかもしれないけどさ。
 
 ふむ。

[1318]うーん。 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年02月05日 (日) 22時14分

 やっぱりうまく動かない。⇒ホームページビルダー20

 正面突破では直らないので別な方法(サイトを読み込まずファイル単独で読み出す方法)でなら動くようなんだけど、そこからサイト自体を呼び出すとプログラムが停止してしまう。
 ちょっと様子を見てみようか... とりあえず記事は書ける螺子けど。

 うーん。
[1319]あれま投稿者:鐵太郎@自宅
投稿日:2017年02月06日 (月) 06時55分
とりあえず記事は書ける螺子
   ↓
とりあえず記事は書けるらしい

[1317]なんだなんだなんだ! 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年02月05日 (日) 17時13分

ホームページビルダーがおかしい。
起動しても勝手に終了してしまう。ナンテコッタ。

昨日からおかしいのですが、しばらくじたばたしてみます。

[1316]中間報告? 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年01月29日 (日) 21時22分

やっと二冊目を書き上げたところ。
上げとくかな、どうしようかな。

[1314]修正が必要 投稿者:鐵太郎@管理人

投稿日:2017年01月24日 (火) 17時17分

http://tetsutaro.in.coocan.jp/Writer/W/W029.html
ちょっとおかしいよ?
[1315]タイトルなし投稿者:鐵太郎@自宅
投稿日:2017年01月24日 (火) 20時20分
直した。

[1312]新年のお慶びを申し上げます。 投稿者:鐵太郎@自宅

投稿日:2017年01月01日 (日) 01時23分

諸事情がありまして、おめでたいと言えないので、その言葉は使えません。
不幸があったのではないのですが、まァいろいろありまして。
と言うわけで、年賀状も実は出していないのです。

ま、こんなこともあるさ。
[1313]タイトルなし投稿者:JerryFish
投稿日:2017年01月01日 (日) 13時47分
鐵太郎様

今年もよろしくお願いいたしますm(__)m。
昨年は身内の不幸(祖父)があったので
年賀挨拶は出来ないのですが。
これからも鐵太郎様の御活躍を陰ながら祈っております。

JerryFish




Number Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板