無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

タマムシ大附属学校

ポケモンのオリトレ小説、学園パラレル企画掲示板。
要するに、オリトレ達のドタバタ学園コメディ(待て)。
物語がどう突き進むかは全く不明ですが、何はともあれ楽しみましょう。

キャラクターの設定関係は↓で投稿してください。
設定投稿用掲示板

名前
メールアドレス
タイトル
本文
URL
削除キー 項目の保存


こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

[667] さよなら、さよなら
D.K - 2009年01月24日 (土) 02時17分



 別に特別な事を望んでいたわけじゃない




 ただ、『普通』に過ごしたかった




 本当に、それだけだったんだ


















 ヒカル達の視界には、何一つ描かれていないキャンパスのように真っ白で、広大な空間が広がっていた。
 ここが一体どんな場所であり、何故自分達がここに集められたのか。それを知る者は誰もいない……と、こう繋ぐのが普通だが、今回は異例である。
 この場に居る全員が全てを知り、理解し、その上でここに集合したのだ。無言で佇む皆の表情は暗く、重い。
 無理からぬ話であると頭で理解していても、心がそれを受け付けず、感情が昂ぶってしまう。それが今ここにいる者達ほぼ全員、共通の心境だ。

 重苦しい沈黙の空気の中、最初に動きを見せたのはダイスケだった。
 右手の中の刀――既に開放状態である草和を逆手に持ち替え、自らの足元と思しき場所へ思い切り突き立てた。
 真剣な眼差しで見守るその他大勢を後ろに、ダイスケはすぅ…と深呼吸し、目を瞑った。

「――――華 散り去りて 風に舞え 草茎鋭く 宙を衝け――!」

 かつて無いほど静かで、穏やかなはっきりとした詠唱の言葉。
 口上を終えると同時に、ダイスケは突き刺さった刀の柄を握り、力一杯引き抜いた。

「天、解」

 瞬間白の世界に淡き桃白色が満ち溢れた。
 誰もが思わず目を奪われざるを得ないほど可憐で、華麗な無数の花弁が旋風を巻いたかと思うと、それらはただ一人のいる場所に収束していく。
 そのただ一人の手に握られるは、一振りの木刀。

「――『花散草和』」

 厳かに、そして小さくダイスケは呟いた。その表情に動きは見られず、これから動く気配も無い。
 それは見方によっては、何よりも冷たく、悲しい顔つき。
 ダイスケのこのような表情を見た事があるのは、この場に居る者では現時点でヒカルのみである。
 そのヒカルはというと、神妙な面持ちで親友を見つめていたが、やがて重い口を開いた。

「……ダイスケ君。準備は、いいかい?」

 親友の確認の言に、ダイスケは軽く校是した。
 過去に一度だけ見た、とてつもない悲痛な思いを秘め、それでもなおけして表に出す事は叶わない、仏僧面。
 ヒカルは思わず何か言いかけたが、ぐっと堪え、飲み込んだ。代わりに告げるのは、さらなる確認の言葉。
 ……そして、最終通達。

「…本当に。本当に、いいんだね? 君は、本当に、この選択をしてくれるんだね?」

 しばしの無言の後、ダイスケはまた校是する。
 そしてヒカルから目を逸らし、背を向け仁王立ちになった。

「………。わかった。もう僕は何も言わないよ。ありがとう。………そして、ごめん」

 今度は、ダイスケの反応は無かった。
 しかし問題は無い。
 最早二人の想いは、十分過ぎるほど通じ合っていたのだから。







 
「――――君にお礼を言われる状況じゃない。ましてや謝られるなんて論外だ。……だけど、うん、別にいいか」

 ダイスケの最後の呟きは、誰の耳にも聞こえなかった。
 
 唯一人の少女を除いて。























 目を閉じ、意識を集中する。
 うっすらと瞼を持ち上げると、目の前に鎖が伸びていた。
 銀色に鈍く輝くその鎖は、一見とても貧相で頼りなく、しかし何物より強固で、頼もしい。
 今から自分はこれを斬る。
 この鎖は、平行世界を繋ぐ『絆』の一つ。
 これが斬られた時、繋がっていた二つの世界は完全に独立し、全ての干渉が閉ざされる。
 繋がりによって生じていた一切の事象は全て『なかったこと』になり、文字通り跡形も無く消滅する。

 ……そう、今自分は、二つの世界―――EOEMの世界と学園世界との繋がりを、斬る。

 













 イレギュラーが発生したのは、誰の意思でもない。ただ起こるべくしておきただけの事。
 しかしそれは看過できるほど小さなものではなく、また対処できる代物でもなかった。
 一つの世界の理が乱れ、狂い始めた。その影響は、主に世界観の崩壊という形で現れ始めた。
 誰かが、どうにか出来たのかもしれない。だが、誰もそうしなかった。否、出来なかった。
 変化が常に起こり、常に訪れる以上、それは全て必然であり、必然を否定しなかったことにするなど不可能だ。
 出来るのは、起こった変化に対応するさらなる変化の選択。

 一癖も二癖もあるEOEM世界の連中全員が、まったく同じ問題に取り組み、同じ結論に到ったのは一つの奇跡といえるだろう。
 しかしそれを奇跡と称するなら、その先にあるのは無限暗路へと続く悲観と悲嘆、絶望のみ。
 そんなものを好き好んで受け入れるような奴がいるだろうか、いや、いない。
 全員が苦悩し、神経をすり減らし、その上でたどり着いた一つの結論は、苦渋の決断。

『EOEM世界と他世界の繋がりを断ち切り、自分達は消える』

 未練がある者もいる。この選択が間違いであると気付いている者もいる。
 実力で他の者を捻じ伏せ、選択をリセットできる者もいる。
 しかし誰一人として異を唱える者は無く、反骨心を行動に示す者もいなかった。

 諦観の念に飲まれたか、と言われれば、返す言葉は無い。紛れもない事実の一つだからだ。
 しかし、けしてそれだけではない。
 彼らは、『彼らが選択できる』という選択をした。
 けしてただ与えられた答えに飛びついたわけではないし、やけを起こしたわけでもない。

 これは誇りなのだ。
 EOEMという世界に生まれ、存在し、今まで過ごしてきた『キャラ』としての誇りが、『自分達の選択』という結論を導き出したのだ。
 これもまた、一つの真実。これを否定したければすればいいが、そうした所でなんら意味を成さないのは語るに落ちないだろう。














 ―――前置きが、長くなりすぎてしまった。…では、終わらせてもらうとしようか。














 『斬れ、ダイスケ』



























「―――草脚奥義、『萌芽尖茎(ほうがせんけい)』」
























































 世界は回天する

 何が起ころうと回天する

 私はその中の一つに過ぎない

 斬り捨てるのは過程にすぎない

 私は進む

 私である為に



































EOEM世界、消滅。

[668] 追伸
D.K - 2009年01月24日 (土) 02時21分

EOEM世界は消滅しました。
なのでEOEM世界が存在する旨の内容は全て空虚となります。
それのみを最後にお伝えし、ここでの書き込みを一応の最後とさせていただきます。
後、もう一つ。







この内容に返信する場合、覚悟してください。
ろくでもない泥沼に、ずぶずぶと足を踏み入れる覚悟を。

[670] 虚空からの転生
ガルダ - 2009年01月25日 (日) 15時58分

…ある一つの世界において、他の場所と繋がりを絶つ。
となれば、実質的にそこへは行けなくなる。

実際、此方の進行においても一つ起きている事である。だが物理的に消滅しようが、ある物が残っていると無駄に終わる。
ではその『ある物』とは何か。…答えは至極簡単、『記録』と『記憶』だ。

『記憶』も『記録』もあまり変わらないが、此方では記録というのは、物理的に残す物と考える。
例えば紙に書き残すだとか、そういったことだ。
一方記憶と言うのは、人間の脳に記録されるもの。だがこれは時間が経てば、やがて消えてしまうだろう。

つまるところ物理的な記録を消滅をしたとしても、誰かが記憶している限りは、消滅はしていない。
現に、レン達はちゃんと覚えているぞ、異世界の存在たる者達の事を。
そして、表向き断ち切られたであろう繋がりはごく一部のみが今も機能し、非常に微々たる干渉を今も続けている。




………などとくだらない前書きはどうでもいいか。





俺がこうした場所へ参加して、まだ1、2年だ、どう考えても、新参者の一人だろう。
しかし短いとは言え、その間に楽しませて頂いた事は事実。
そして現状において、俺の進展具合は微々たる物である。
だが止まるわけにはいかない。最後の会話における誓いにおいて。

幸い、ネタは確保した、それによってBADEND回避も可能になった。後は公式に最後の一匹が発表されるのを待つだけだ。

いつになるかは分からない、もしかしたら本当に戻って来ないのかもしれない。
だが俺は、迷惑にならない程度に、戻って来てくれる事を願っている。

[671] 無知も、全知も愚かだ。ならば、何が賢いというのか?
零崎夜識+六識 - 2009年01月26日 (月) 17時02分

貴方が、そうであるなら、私は・・・

タイム「あの時に戻れたら、そう何度も思った」

私は、ただ一つ起こすべきして起こさなかった『禁忌』を犯そう。

シキ「本来はそもそもするべきではなかった、だが起こってしまった。」

それをする事は、即ち自分を殺す事。

ワーグル「ただ、傍に居て欲しかった。だけど、離れてしまい、弱かったから閉じこもってしまった。」

それをしない事は、即ち全てを裏切る『罪悪人』である事。



ナユ「・・・」

・・・名前すら不明な貴方へ。私は言おう。


泥沼に浸かる覚悟とあるが、私はしない。

そんな覚悟を私は持っていない。

そんな「感情」を、私は破壊して、持っていない。

だが、事実を知っている。

言う事も、言わない事も出来る私。

私は、聞かれたら答えよう。

だが、その際名前も不明なあなたの言葉を繰り返す。

私は真実を知る。

だが、真実の先の『答え』を持っていない。

あなたの答えにはなりえない。

一体私は何なのか、どうすればいいのか、知らない。

何をすべきか?

どうしたら戻せるか?

『どちら』を選ぶべきか?





岩のような硬さを持っていない。

水のような流暢さもない

雷のような威力もない

草のような落ち着きもない。

毒のような禍禍しさもない。

念のような正義もない。

炎のような暑さもない。

地のような確かさもない。

飛のような自由もない。

虫のような集団力もない。

普通さがない。

霊のような思いがない。

鋼のような堅さもない。

格闘のような強さもない。

氷のような冷静さもない。

竜のような神秘さもない。

悪人にもなれない。

全て中途半端で、偽物である。

ハルカ『名前すら不明な君。思い出ってのは、かなり強いんだよ?消そうとしても、諦めても、必ず残る。例えば作者が今死ぬとしよう。世界は何も変わらない。だけど、作者を知る人は悲しむ。怒る。世界は変わる。変わってないようで、変わってる。あなたがどこへ行こうと作者はただ居る。』

ふっ・・・まあ、俺は記憶力の無さには自信があるが、な。

ハルカ『はい、そこ。水を差さない。』

・・・だが、例外もあるようだ。忘れられない出来事というのは一瞬だとしてもいつまでも覚えている。

あなたにいくつか言葉を。



『あの忘れ得ぬ日々、そのために今生きている』


『「嬉しい」
「悲しい」
「辛い」
「痛い」
「心地良い」
「楽しい」
「愛しい」
「足跡数えるのも足跡消すのも自由・・・」』


『世界は美しく、醜い。この世界は常に不条理で矛盾している。だが、私たちはこの世界にいる。ならば、仕方ないのか?私はね、人生とはその答えを知る事だと思う』





では、D・K殿。結局『彼』との約束は果たせなかったが













運が悪ければ、また会おう。



Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板